マロン

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー「フィットネス」の6件の記事

2016年1月20日 (水)

マシントレーニングとフリーウェイト

自宅の近所にフィットネスクラブが出来たのが2009年の春で、オープンと同時に夫婦で正会員になり、以来、妻は平日も時間があればエアロビクスとかやっていますが、私は仕事があるので用事がない限りは週末の土日に通っています。

トレッドミルでは最初は3%勾配で10km/h位で走っていましたが、心拍数や負荷の程度から見て15%勾配で6.5km/hくらいで歩くのでもほとんど負荷が変わらず、同じ時間で計算上の消費カロリーもほぼ同じなので、今は走るのではなく15%勾配で6.5km/hくらいで歩いています。

その後、筋トレをやるわけですね。最初はマシントレーニングしていましたが、この2年ほどはフリーウェイトをやっていました。もちろん合間にプロティンを採っています。

私は生来父親譲りのやせ形体型で食べても太りにくい体質で、さらに大食いではないですし、間食もほとんどしない(休日の午後のお茶のときに若干の菓子は食べますが)ですし、お酒もほとんど飲まないので、さらに太りにくいというか、はっきり言ってガリ男君です。

こういうガリ男君が筋肉がついたなと思えるようになったのは、一年とか二年間週末にマシントレーニングをやっていた時です。フリーウェイトにしてからは、進捗がイマイチ。なので、また、フリーウェイトをやめてマシントレーニングしています。

マシンを使わないトレーニングはジムでなくてもできますが、マシントレーニングはジムでないとできませんから、マシンを使わないと損ってセコイ気持ちもありますが、やはりフリーウェイトと違って鍛えたい筋肉にきちんと効き、変なところに力が逃げないのですよね。またフリーウェイトでフォームが悪いと、筋肉や関節を痛めたりすることがままありますが、マシンは正しく適切な負荷で使っている限りは、まずそういうことにはならない。

ジムに通い始める前の上半身の写真とか撮っておくのだった、そうすれば、Before・Afterで比較ができますからね。

これからジムで鍛えようとしている方、嫌かもしれませんが、Beforeの映像記録を残すことをお勧めします。比較することでさらに励みになる「かも」しれません。

2009年6月28日 (日)

ジムへ通って丸二ヶ月

近所にフィットネスクラブがオープンして丸二ヶ月が経過しました。

私はと言えば今のところ週に二回、主には土日の午前中の二時間半近くをジムでこんなメニューで過ごしています。

→ ストレッチ
→ トレッドミル20分 (8.0度傾斜6.5km/hを15分、3.5度8.5km/hを5分)
→ マシンジム60分
→ トレッドミル20分 (8.5度傾斜6.1km/hを20分)
→ クールダウン
→ シャワー&スパ (サウナは大嫌いなので使いません)

ジムを終えてすぐ近くにスーパーで買い物をして帰ると、チーズとかヨーグルトとかタンパク質ものとフルーツの類をむやみに食べたくなりますね。

平日はさすがにジムに行く時間はないので、プッシュアップバーでの腕立て伏せとブルワーカーを少々です。

腕立て伏せも胸の筋肉に効かせたいので、プッシュアップバーで幅は広め(肘が90度曲がったときに、上腕部が水平になるほどの幅)で顎をやや上げ気味にして正面を見て、床ぎりぎりまで落とします。そうすると可動範囲が大きくなり負荷も結構高くなります。これに慣れると普通の腕立て伏せで体を床ぎりぎりまで落とすなんてのは造作ないことになります。また、明らかにこの影響でチェストプレスの負荷が従来と同じなら軽く感じ、より大きな負荷にチャレンジできるようになりました。

二ヶ月ほど続けると、元が結構な痩せだっただけに、大胸筋や上腕二頭筋に顕著な変化が見られるようになり、腹のあたりも腹筋の両側はくっきりとへこむというか無駄なぶよぶよがなくなり、腹筋の割れが微妙に見えてくるようになりました。

半年後、どうなっていますことやら。

2009年6月14日 (日)

ブルワーカー

筋トレグッズシリーズ最終回(笑)は、ブルワーカー(Bullworker)です。時々間違える人がいますが、ブルーワーカーじゃなくてブルワーカーですね。日本語にすれば重労働をする人ってところ。

20090614.jpg
(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

これ、今から二十年以上前にすでに存在していたと思いますが、マイナーチェンジを繰り返しいまだに健在です。スプリングの入った棒みたいなものですが、家庭用筋トレグッズとしては究極の省スペースで、なおかつ多目的なのであります。

まあ、どちらかといえば上半身、それも胸から腕にかけてを鍛えるのに向いています。上半身の筋トレとしてはやはりマシンジムでたとえばチェストプレスとかがベストで、上級者ならベンチプレスとかなんでしょうけど、ジムに行けないときだってありますし、週の間の平日は一日おきくらいにこいつでがんばるのであります。

2009年6月13日 (土)

ハンドグリップ

続いて登場するのは、いわゆるハンドグリップ、すなわち握力強化用のニギニギですね。

写真のものは、リージェント デラックス GDグリップというもので、強さが変えられるという代物です。

20090613.jpg
(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

何で握力?ってのはありますが、ハンドグリップだとテレビを見ながらとかできますよね。キーボードを打ちながらは無理ですが...。

2009年6月11日 (木)

プッシュアップバー

この春に自宅から徒歩数分程度のところにオープンしたジムの会員になって以来、筋トレに凝っている?わけでありますが、いくつか自宅筋トレグッズを買ってみました。

まずは、この写真。

20090612.jpg
(OLYMPUS E-3, シグマ 30mm F1.4 EX DC /HSM)

知る人ぞ知る、「プッシュアップバー」です。Pushupというのは英語で腕立て伏せのこと。腕立て伏せをサポートしてくれる器具がこの「プッシュアップバー」です。要するにこれを床において、つかまって腕立て伏せをするわけです。

何~んだ、腕立て伏せかい!と侮るなかれ。プッシュアップバーを使うと可動域が大きくなって、結構きつくなります。手を置く幅によって主として腕に効いたり、大きめに開くと胸の筋肉に効いたりです。

筋トレで腕立て伏せをやるなら何十回もやってもあまり意味が無くて、十回でひーひーいうくらいの負荷をかけてそれを3セットくらいやる。ただし、毎日ではなくて、一日おきくらいですかね。筋肉は負荷をかけたあと休ませて回復している間に太くなるそうであります。

さーて、今日もやりますか。

2009年5月16日 (土)

ジム通い、その後

ゴールデンウィーク前から自宅近所のフィットネスクラブ(ジム)に行き始めましたが、その後の話。

実のところ、自分でも驚くほどにジムで体を動かすことを気に入っています。さすがに平日は無理なので週末になりますが、行けるならば土曜と日曜の午前中をジムで過ごし、どちらか一方は妻と一緒だったりします。

妻のほうは今のところエアロビクスをスタジオでやっていますが、私の定番は有酸素運動(トレッドミル)+無酸素運動(筋トレ)+有酸素運動です。最初のトレッドミルは3.5〜4度の傾斜をつけてピッチで歩くときは6.5km/hほど、走るときは8.5〜9km/h程度を織り交ぜて20分ほど。走行距離にして2.5kmほどですかね。それから、マシンジムを10種類以上途中休憩も入れて40〜60分ほど。そして再度有酸素運動(最初と同じ)をして、最後にシャワーで汗を流して終わりです。

本当ならば週半ばと週末というほうがいいのですが、そうも行かないので平日は運動無しとなり、木曜日とか金曜日になると体が重くなってきてうずうずしてきます。そして待望の週末になって汗を流し筋力を鍛える。

いや〜、楽しいです。