マロン

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 金沢カレーせんべい | トップページ | 手帳の季節 »

2016年12月17日 (土)

iPad mini 4とZenPad 3 8.0

現在、使用しているタブレットはiPad Air 2(SIMフリーモデル、現在はWifiでベッドサイドタブレットとして使用中)、iPad mini 4(SIMフリーモデル)、ZenPad 3 8.0であります。

この中で大きさ的にはiPad mini 4とZenPad 3 8.0が近いのですが、持って出るときはどちらかになります。どちらにもmineo DのSIMを入れていますが、ZenPad 3. 8.0はVoiceCentric端末なので、SMS付きをいれています。

この二つをスペックと体感の両方で比べてみます。

■重さ

iPad mini 4は304g、ZenPad 3 8.0は320gと大差ないですが、意外にZenPad 8.0が重く感じます。

■大きさ

iPad mini 4は203.2mm×134.8mm×6.1mm、ZenPad 3 8.0は、205.4mm×136.3mm×7.9mm。数字上はほとんど誤差みたいなものに見えます。実際フットプリントはほとんど差を感じませんが、手にとって感じるのは厚みの差。1.8mmの違いはかなり大きいです。それに微妙な重さの差とあいまって、ZenPad 3 8.0のほうが大きく重く感じます。

■パフォーマンス

OSもアーキテクチャも異なるので単純比較は無意味です。私はゲームとかやりませんが、メールやWeb閲覧、SNSなどを使っている範囲においては、どちらも体感的な差はありません。もちろんiPad mini 4のほうがよりサクサク感はありますが、ZenPad 3 8.0にひっかかりがあるとかは無いです(自分が使う範囲で)。

■価格

私が買ったときで、iPad mini 4 Wi-Fi+Cellular 64GBが71.760円。ZenPad 3 8.0ZenPad 3 8.0はヨドバシで買って39.730円と二倍近い差がありますが、性能的には二倍も差は感じません。そういう意味でOSの違いを問わなければ、ZenPad 3 8.0はかなりお得なタブレットです。

全体的には、OSを別にすればZenPad 3 8.0がかなり良い感じだと思います。ただ、OSの差で、待機時間のバッテリー消費はiOS搭載のiPad mini 4の圧勝です。二週間なにもせずに放置してZenPad 3 8.0はバッテリーアウトでしたが、iPad mini 4はまだ半分くらいは残っていましたように記憶しています。

バッテリー駆動時間で取るなら、iPad mini 4。ただし価格は高い。バッテリーは並のAndroidタブレットの持ちで良いなら、選ぶのは間違いなくZenPad 3 8.0です。

でも、どちらを選んでも後悔しないと思います。

« 金沢カレーせんべい | トップページ | 手帳の季節 »

Androidタブレット」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591413/64612508

この記事へのトラックバック一覧です: iPad mini 4とZenPad 3 8.0:

« 金沢カレーせんべい | トップページ | 手帳の季節 »