マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« モバイルSuicaからiPhone 7 Suicaへ機種変更 | トップページ | やってみました、ニトリ低反発マットレストッパー プレミアフィット2枚重ね »

2016年11月 3日 (木)

Xepria Z5のケースを手帳型からバンパーへ変更

Xperiaのケース、最初はTPUの側面と底面をカバーするタイプを使っていて、その後手帳型に切り替えていました。

しかし、Xperia Z5はZ4ほどではないにせよ多少の発熱があります。

だからといって、Xperia Z5の外装はつるつるなので、何もないと非常に手から滑り落ちやすいです。特に乾燥する季節はなおのこと。

幸いにもXperia Z5には本体にストラップホールがあるので、ストラップは従来どおりそこについて一日裸で使ってみました。

が、それはNGでした。

ダブルタップでONにしているせいもあるのでしょうけれど、いつの間にかオンになって、それも自動的にオフにならずにあらぬアプリケーションが起動していてバッテリーが減っていたりするわけです。これ、同設定でTPUケースのときには特に問題はなかったので、どうなっているのやら。

発熱もそれなりになることがあるのでバッテリー保護びためにも背面からの放熱は良くしたほうがベターに決まっています。しかし裸運用は前述の通りありえない。それにゴールドの背面を傷つけたくないので、背面が直にデスクに触れるのも嫌じゃないですか。

そこでタイトルの通り、バンパーに変更です。

選んだのはこれ。

このバンパーはペナペナではなくてしっかりして厚みがあります。また液晶側と背面側に出っ張っているので、平たいデスクに置いたときにも直に液晶面や背面が触れることは避けられます。何より背面を塞がないので相対的には放熱も良くなります。

右側の電源スイッチ&指紋認証の部分は凹面の底面にスイッチが来ますので多少操作しにくくなりますが、裸でもっているときに誤ってスイッチが押されるようなことはかなり防ぐことができると思います。

なにより、バンバーですから大抵のケースよりは軽量なので、その意味でもメリットがあります。

今までバンパーは眼中になかったのですが、以外といいんじゃん!って感じです。

« モバイルSuicaからiPhone 7 Suicaへ機種変更 | トップページ | やってみました、ニトリ低反発マットレストッパー プレミアフィット2枚重ね »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Xepria Z5のケースを手帳型からバンパーへ変更:

« モバイルSuicaからiPhone 7 Suicaへ機種変更 | トップページ | やってみました、ニトリ低反発マットレストッパー プレミアフィット2枚重ね »