マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Apple Watch Series 2の電池もち | トップページ | Apple Watch Series 2のSuica利用履歴詳細を見るには? »

2016年11月24日 (木)

iPhone/iPadではロック画面でのSiriは必ず無効にすること

iPhone/iPadでのSiriはうまく使えば大変便利です。

しかし、Siriは声紋認証機能などは持っていませんので、認識できればちゃんと応えてくれます。実はここにセキュリティの穴があります。

現状(iOS10.1.1)までは、Siriを有効にすると、デフォルトでロック画面でのSiriが有効になってしまいますので、必ずオフにする必要があります

そうでないと、いくらTouch IDで他人は使えないようにしたつもりであっても、ホームボタン長押しは効くので、そこでSiriが有効になってしまいます。ロック画面でのSiriを無効にしておけば、ロック状態のiPhoneのホームボタンを他人が長押ししても何も起こりません。

しかし、これがデフォルトの有効のままだと....「私は誰?」と話しかけると、電話帳の所有者情報を表示してくれます。当然、いろいろな情報が見えてしまうわけですが、そのiPhoneの番号も漏れてしまいます。ここからダダ漏れへの崩壊が始まります(セキュリティの問題なのでこれ以上は書きません)

iPhone 6s/6s plus以降で搭載されたTouch IDは爆速なので、ロック画面からSiriにアクセスできる必要はまったくありません。

Siriを使わない場合はいいですが、それでも使いたくなったときのために、

「Siriの設定でロック画面でのアクセスは必ずオフにすること」

を覚えておいてください。

« Apple Watch Series 2の電池もち | トップページ | Apple Watch Series 2のSuica利用履歴詳細を見るには? »

iPhone」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone/iPadではロック画面でのSiriは必ず無効にすること:

« Apple Watch Series 2の電池もち | トップページ | Apple Watch Series 2のSuica利用履歴詳細を見るには? »