マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 過剰労働の責任の一旦は客にもある | トップページ | ガラホ au AQUOS K SHF33 »

2016年11月28日 (月)

G-SHOCK風Apple Watch Series 2 Nike+

私はあまり腕につけた時計をどこかにぶつけたりすることはないのですが、可能性としてゼロではないので、評判よさげなこれを買ってみました。

Apple Watch Case Rugged Armor (42mm)

買ったのはAmazonからですが、Series 2が出てから、厚みの関係でSeries 2にも対応する物が出たようです。

20161126001

パッケージはこんな感じですが、Series 2にも対応しているものはその旨記されています。これが無いのはSeries 2には非対応なのでしょう。

20161126002

20161126003

内容物はガード本体と保護シート2枚です。

20161126004

これは裏側の写真です。

装着はボタン側から入れれば比較的簡単です。ぴったりフィットのストレッチジーンズを履く感じです。

20161126005

装着したらこんな感じ。表面の文字刻印が上下逆なのは、左手装着を前提にしているからでしょう。Suicaを自動改札で使うには、誰が何と言おうが右手装着のほうが圧倒的に楽ですから、デジタルクラウンが指先側に来るように右手装着しているので、保護ケースの文字が上下逆になってしまいます。

見た目ブラック同士なのでよくわかりませんが、G-SHOCK風Apple Watch Series 2 Nike+になります。

20161126006

指先側からみるとさほどでもないですが、肘の側から見るとごつい感じになるのは否めません。

しかし、これでApple Watchの端を机の角とかにうっかりぶつけて、あーーーー、となる可能性が減るので良しとします。

ちなみに、私は右利きですが、右手を何かにぶつけることはあまりないですが、動きや反応が鈍くなる左手をぶつけることのほうが多いように思います。右手のほうがいろいろ動かすのですが、普段からつかう分だけ、距離感とか敏捷性には左手とは差が出てくるのかもしれません。

このケース、大して高くはないので、チタンボディでもクリスタルガラスでもないNike+には必須かもしれません。

« 過剰労働の責任の一旦は客にもある | トップページ | ガラホ au AQUOS K SHF33 »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G-SHOCK風Apple Watch Series 2 Nike+:

« 過剰労働の責任の一旦は客にもある | トップページ | ガラホ au AQUOS K SHF33 »