マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Amazonパントリー | トップページ | 猫の爪 »

2016年10月 1日 (土)

薄型軽量のXperia Z5手帳型ケース

折角スリムなデザインのXperia Z5ですが、どうにも無骨なケースが多くてこまります。

画面ダブルタップでスリープ解除に設定しているのですが、画面のカバーがないのが心理的に不安です。もちろん光学センサーと連動していて、ポケットの中などで目覚めることはありません、いや、無いはずですが...。

というわけで手帳型ケース。

しかし、市販の多くのものはマグネット利用です。この手のマグネットはカードの磁気ストライプへの影響が少なからずありますし、カードよりもっと時期的に脆弱なポイントカードの類はイチコロです。なので、マグネット利用却下。

そしてフラップを止める留め具(たいていはマグネット利用)が付いているものも、ポケットから出すときにひっかかったり、バッグから出すときにひっかかったりしますので、これも却下。

さらに本体をケースのとめる樹脂製の枠がありますが、これを手帳型の合皮ケースに貼り付けているものがほとんど。これは底部の厚みが二倍になりますのでかさばるので却下。

ここまで却下すると適用ケースはほとんどありません。

ようやく見つけたのがNILLKINのもの。

20160925001

本体のゴールドにあわせてゴールドです。

20160925002

カードポケットとかいった邪魔なものは一切ありません。スリムケースなのでそんなものは不要。

20160925003

横からみると構造がわかると思いますが、Z5をはめ込む樹脂製ケースにフラップが張り付いている感じ。

20160925005

背の側からみるとよくわかりますが、上の写真右側がフラップ部分、左側が本体をはめ込む部分。

20160925004

本体をセットしてみました。本体より当然少し厚くなりますが、他の殆どのケースよりスリムです。これほどスリムなのはソニー純正のものしかありませんが、あちらは本体周囲をほとんど囲っていないのですが、全体的に硬めで勝手に開いてしまうことがあります。さらに純正はマグネット内蔵で開くとスリープから目覚めるのですが、中途半端なマグネットでポケットの中で半開きになったりして、目覚めたりおねんねしたりで、クソの役にも立たないケースです。

このケース、気になる方はAmazonで探してみて下さいな。

« Amazonパントリー | トップページ | 猫の爪 »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄型軽量のXperia Z5手帳型ケース:

« Amazonパントリー | トップページ | 猫の爪 »