マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 買ってはいけないベッドマットレスは、ピロートップの分厚いもの | トップページ | ふんわりソフトでふかふかな安くて気持ち良いおすすめ枕 »

2016年10月11日 (火)

ピロートップの分厚いマットレスより、マットレストッパーをおすすめ

買ってはいけないベッド(お金が有り余っている人は別です)は、ピロートップ付きの、それもピロートップが分厚いマットレスだ、というのが昨日の話。

では、どうすれば良いのか。

ピロートップやマットレス表面の詰め物がやたら分厚くない、けれども、スプリングがしっかりして好みの硬さあるいは柔らかさのマットレスを、実際に横になって体で感じて気に入ったものを選ぶことです。

でも、最初に店員に見せてもらった分厚いピロートップのふんわり感、あれは確かに忘れようとしても忘れられない快適さがありますね。それは認めます。その感触良いマットレスって結構なお値段です。

そこでおすすめが、表題にあるマットレストッパーです。

スプリングの上に敷く暑さ5cm前後のクッション層です。

個人的なおすすめは、マニフレックスのスーパーレイEX。

別にこれでなくてもいいですが、似たようなもので低反発素材のものはやめたほうがいいです。TVでよくCMしているやつとか。

低反発マットレスやマットレストッパーは高温多湿の日本には向きません。通気性がほとんどないので、冬はともかく夏はとても暑いのです。そのうえ体にぴったりと合う形にしずむので、余計に暑い。

買うなら、オープンセル構造で通気性が良い(ウレタン系としては)ものを選ぶのがコツ。そして、あまりにもけちらないこと。やはり安いものは直ぐにへたれます。

私と妻はシモンズ・ダブルクッションベッド(ゴールデンバリューとニューフィット)の上にシーツをかけて、このスーパーレイEXをのせ、上から夏なら汗取りようの敷きパッド、冬なら暖か素材の敷きパッドを敷いています。

これにより、マットレストッパーと同等以上のふんわり感が得られます。フンワリと綿や羽毛を詰めたピロートップほどのソフトさはありませんが、横になれば体の当たりが非常にソフトになることがわかります。

また、マットレストッパーを敷くことで、スプリングマットレスの局所的なヘタりを少しでも減らすことができますので、結果的にベッドマットレスの寿命が伸びます。マットレストッパーがヘタってくればこれだけ買い換えれば寝心地復活です。

ピロートップマットレスの心地よさが忘れらないけど、買うのにためらっている方にはおすすめです。特に安いマットレスでピロートップ付きのスプリングマットレスなんざぁ、絶対買ってはいけません。間違いなくピロートップは直ぐにヘタります。

バネを感じるくらい硬いマットレスが好きなんて人もそうそう多くはないと思いますので、おすすめです。

« 買ってはいけないベッドマットレスは、ピロートップの分厚いもの | トップページ | ふんわりソフトでふかふかな安くて気持ち良いおすすめ枕 »

寝具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 買ってはいけないベッドマットレスは、ピロートップの分厚いもの | トップページ | ふんわりソフトでふかふかな安くて気持ち良いおすすめ枕 »