マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日の出が撮れる季節になりました | トップページ | ニトリ 低反発マットレストッパー プレミアフィット 7cmは、実は中反発? »

2016年10月25日 (火)

マットレストッパーと枕の関係

マットレストッパーを載せて自分好みのベッドになった筈なのに、何だか朝起きると肩が凝るとか首が痛いとか背中が張るとかいう現象が起こった時、まず疑うべきはベッドやマットレストッパーではなく、枕です。

マットレスに硬めを使った時、枕は相対的に低くなりますので以前よりは高めが必要になります。

逆に、私のように柔らかめのマットレスにふかふか・ふにゃふにゃトッパーを載せたときには体の沈みも大きくなるので、枕は低くすべきです。その際、避けなければいけないのは、硬い枕です。好みはあると思いますが、ふにゃふにゃでソフトなマットレストッパーが好きな人が、硬い枕を好むとは思えないのですけれど、以前の記事で紹介したようなIKEAの枕から選べば合うのがあるはずです。

もう1つ、枕を高めにする場合は、頭だけを載せてはだめです。

大きめの枕、つまり奥行きが最低でも50cmは最低でもあるやわらかい枕を使って、肩から載せるのです。そうしないと、首が前に曲がってしまい、首・肩に負担がかかります。肩あたりから灘からに持ち上げるようにするのがコツです。

枕は大切で好みがあります。しかし、マットレスと深い関係があることを忘れてはいけません。マットレス・マットレストッパーを替えたら、枕も見直しましょう。

« 日の出が撮れる季節になりました | トップページ | ニトリ 低反発マットレストッパー プレミアフィット 7cmは、実は中反発? »

寝具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マットレストッパーと枕の関係:

« 日の出が撮れる季節になりました | トップページ | ニトリ 低反発マットレストッパー プレミアフィット 7cmは、実は中反発? »