マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« au Z4 tabletを解約しました | トップページ | ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL のケース »

2016年10月 5日 (水)

ASUS ZenPad 3 8.0を入手しました

やはり持ち歩けるタブレットは8インチ以下です。10インチを常時持つくらいなら、普段は8インチ以下を持っておき、必要なときにMacBook Airを持ち出すほうが遥かに合理的です。

Z4と別れた今、Androidタブレットがありません。

うーむ、と思って目についたのが、ASUS ZenPad 3 8.0です。

これがなかなか凄い。まずは入手!

20160930001

ヨドバシでポイントを足してポチリ。

20160930002

本体の箱は蓋と底が一体化しているタイプ。

20160930003

USB-CケーブルとACアダプタが付属。

20160930004

Acアダプタは5V2Aのタイプ。まあ、普通です。

さてZenPad 3 8.0。

SoCこそSnapdragon 650というミドルレンジですが、それだけに安定していますし、ゲームガリガリやらない限りは十分でしょう。パワーと消費電力のバランスがとれた丁度手頃なところだと思います。

それにメインメモリが4GBで、フラッシュストレージも32GBあります。やはりメインメモリが4GBあるとOSも肥大化しているのでうれしいですね。

画面もこのクラス最高の2,048x1,536ピクセル。

Z4 tabletのSoCであるSnapdragon 810内蔵グラフィックスと、ZenPad 3 8.0のSoC Snapdragon 620+GPU Adreno510だと、単純な比較が出て来なく鳴りますね。体感的には変わらないか、下手するとZenPad 3 8.0のほうが、ホーム画面のアイコン操作やスクロールがスムーズに感じました。

このタブレット、手頃な価格で「SIMフリー」でキャリアアグリゲーション対応。それも対応LTEバンドは、かなり広いです。FDD-LTEでB1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28に対応。docomo系、au系のLTEを共にカバーしています。

音声通話も対応しており、事実上でかいスマホといえなくもないですが、これはつかうSIMによって、どのキャリアのMVNOなのかによって使えないこともあるようなので、よーく調べてからにしないと痛い目にあいます。

本体320gで、Z4 tabletの389gより当たり前ですが軽いです。ただ、今のところ、軽量なブック型ケースがないんですよね。背面カバーは薄いクリアのプラ系樹脂でいいんですがねぇ。

ともあれ、ZenPad 3 8.0、なかなかおもしろいです。

« au Z4 tabletを解約しました | トップページ | ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL のケース »

Androidタブレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASUS ZenPad 3 8.0を入手しました:

« au Z4 tabletを解約しました | トップページ | ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL のケース »