マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« やはり日記ツールとしてEVERNOTEは最強 | トップページ |  vivosmart Jとvivosmart HR J »

2016年9月 8日 (木)

デザインさえよければ最高なのがvivoactive J

昨年11月の記事で紹介した「GARMIN vivoactive J」、これ、デザインさえ良ければ最高なんですよね。

20151101001

まあ、ださぁ〜い!

これ子供の玩具ですか?とか聞かれても、はい!と言ってしまいそう。

確かに、チョー安っぽいです。しかーし、100均の腕時計よりはマシであります。(爆笑)

能ある鷹は爪を隠すのであります。

すなわち、機能はクラス最高です。

  • バッテリー駆動3週間、GPS使用時は9時間 (^^;;
  • 50m防水でスイミングでも装着可(他の多くは防水だけど水泳NGがほとんど)
  • GPS対応(みちびき対応)
  • スマホの着信、メール通知に対応
  • 天気表示
  • 当日スケジュール表示
  • ConnectIQストアでアプリやフェイス入手可
  • Android、iOS両方OK
  • 厚さはたったの8mm (Apple Watch, Pebble Time 2が10.5mm、SONY SmartWatch 3が10mm)。たかが2mmですが、装着するとその差は想像を絶する薄さに感じます。「薄っ!」

本当に、みかけと素材の安っぽさだけなんですよね。素材は硬質プラスチックです。チタンフレームにクリスタルガラスなんかじゃありません。

でも、欠点もあります。

  • デュアルタイム機能がない。
  • ディスプレイは屋外ではかなりくっきりだが、薄暗くなると見えない。なのでバックライトがついているけど薄暗い中でのバックライト使用では結構見にくいです。
  • 画面は時計の秒表示などリアルタイムに変化する表示がない。バッテリー節約?

このあたりはバッテリー寿命とのトレードオフだと思われます。

素材は大差無いようですが、ForeAthlete 630 Jが機能的には上回りますし格好もよいのですが、価格もほぼ二倍です。さすがにそこまで出費することもありますまい。Pebbleがvivoactiveに近い価格ですね。

HR機能は良し悪しでして、これがあるためにバッテリー寿命が短くなる、重くなる、センサーが飛び出ていて密着度が高くなり痒くなるってことも、vivoactive Jではありません。

今一度、見なおしても良いモデルだと思いますね。

« やはり日記ツールとしてEVERNOTEは最強 | トップページ |  vivosmart Jとvivosmart HR J »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デザインさえよければ最高なのがvivoactive J:

« やはり日記ツールとしてEVERNOTEは最強 | トップページ |  vivosmart Jとvivosmart HR J »