マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« iPhone 7にFelica搭載 | トップページ | vctorinoxを新調しました »

2016年9月11日 (日)

相変わらずクズな、Apple Watch Series 2

iPhone 7と同時にApple Watch Series 2が発表されましたが、相変わらずダメな子ですねぇ。

最大のだめさ加減は、バッテリー駆動時間です。

[バッテリーに関する一般情報]
http://www.apple.com/jp/watch/battery.html

上記によれば、最大18時間、心拍センサーをオンにしたワークアウトで8時間、さらに加えてGPSをオンにすると5時間ということです。つまり心拍センサーオフのGPSオフでも18時間ということ。

あのねぇ、24時間もたないのでしょう?仕事で急に帰れなくなったりしたらアウトじゃないですか。SONY SmartWatch 3 SWR50は、microUSBで充電できます。Xperia Z5を持ち歩いているので、当然microUSBで充電できるモバイルバッテリーや充電器もカバンに入っているわけで、電気があれば充電器は不自由しません。しかし、専用クレードルとかクリップとか必要なもので、なおかつ18時間しか、もたないなんて一体全体どういう頭でモノを考えているのかしらん。

また、Appleのサイトを見ると、アクティビティトラッキングを売りにしていますが、はっきりいうと、アクティビティトラッキングでは、GARMIN、POLAR、FITBITといった専門メーカーにはかないっこありません。GARMINはもっとお安い値段で心拍センサー内蔵、GPS内蔵で、これらオフ状態では数日は持ちます。アクティビティトラッキングを求めるなら、Apple Watchなんぞより、GARMINから選んで買ったほうがはるかに目的に即したものを得ることができること請け合いです。

Appleは、Apple Watchは腕時計じゃなくてウェアラブルデバイスだとほざいています。だったら「Watch」なんて名前つけなさんな!と思うわけです。普段は真っ暗で、時計を見るしぐさ(これはワンテンポ空くが、他のスマートウォッチも同じ)かタッチしないといけないんですねぇ。

SONY SmartWatch 3 SWR50はアンビエントモードでも真っ暗にならずに薄暗くではありますが時刻が表示されているので、チラ見でも十分時刻を読み取れます。これでこそ時計です。なおかつ、Apple Watchの二倍はバッテリー駆動時間があります。それでも十分少ないとは思いますけど。

バッテリー駆動がせめて公称2日になったら買ってもいいかと思ったのですが、まだまだですな、クズです。

« iPhone 7にFelica搭載 | トップページ | vctorinoxを新調しました »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずクズな、Apple Watch Series 2:

« iPhone 7にFelica搭載 | トップページ | vctorinoxを新調しました »