マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« たまにはスタバでカプチーノ | トップページ | お盆休み »

2016年8月14日 (日)

SONY SmartBand 2の欠点

SONY SmartBand 2というアクティビティトラッカーを使って二ヶ月が経過。その感想などを書きますね。

心拍計は面白いけど必須ではない

デフォルトでは10分間隔で測定してくれます。これ、最初のうちはすげぇ面白い。結果をみて、へぇ、ほう、って感じです。しかし、しばらくすると、大体自分の心拍数の状況がわかるので、どうでも良くなります。

また、心拍をちゃんと測ろうとすると、バンドをしっかり締めないといけない。しかし、この時期汗もかくので、バンドをしっかり締めていると、一部が汗疹みたいになって痒くなってきます。ゆるゆるでつけておけば問題ないですが、そうすると心拍測定が出来ません。

なので、STAMINAモードにして心拍の10分間隔でのバックグラウンド測定を停止し、バンドをゆるくつけています。

ゆるくつけても歩数や睡眠測定には全く支障ありません。

ベルトの止め金具の出来が最悪

これは最初に気づいたのですが、ベルトを適切なサイズで止めるのに、GARMIN vivosmart Jはベルトに開いた穴に、樹脂製の突起をはめ込み、外れないように樹脂製の輪で固定します。しかし、このSmartBand 2は、内側に細かい感覚でくぼみが切ってあり、そこに小さな金具をはめ込んで留めます。

この間隔が小さすぎて、毎回、どのくぼみが適切なサイズだったのかがわかりにくいです。さらに外す時もすごーーーーく外しにくい。

このあたりはアクティビティトラッカーに経験の薄い家電屋の製品だと思い知らせます。GARMINとかFitbitのなどのほうがさすがによく考えられています。SmartBand 2は留められればいいじゃん、って感じ。

結局、使い方は...

ゆるく付けて普段は心拍とかはからない。運動するときだけしっかり締めて連続測定モードにすれば良い。

これに落ち着きそうですが、しかし、もう少しできの良いバンドとカラーバリエーション、デザインの良いものが欲しいところ。

せめてカラバリだけでも....白と黒だけじゃ....

« たまにはスタバでカプチーノ | トップページ | お盆休み »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY SmartBand 2の欠点:

« たまにはスタバでカプチーノ | トップページ | お盆休み »