マロン

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ベッドで寝てます〜マロン〜 | トップページ | バーチャルとリアルの混同(ポケモンGO) »

2016年8月 4日 (木)

GoogleとYahoo

今やGoogleといえば、押しも押されもせぬインターネット世界の巨人、モバイル・デバイスではAppleを凌ぎAndroid OSでこの領域でのトップシェアです。

Googleがこんなふうな巨人になるまでは、Yahoo!もそれなりに名を馳せたインターネット企業でした。

しかし、今はどうか。

検索エンジンでGoogleエンジン以外は、もう存在し得ないところにきており、Yahoo!検索ですらエンジンはGoogleを採用しています。

ではGoogleの提供するサービスが全部イケるかといえばさにあらず。

日本国内提供サービスでいうと、スマホアプリのYahoo!乗換案内は、ヘタな有料サービスを凌ぐ出来栄えで使い勝手が良く、かゆいところに手が届く改良がなされて成長しています。

自然災害、特に地震の多い日本では、Yahoo!防災の速報は非常に情報が速いです。どこの速報よりも多分早くて、欠かせないアプリです。

Yahoo!はこのように日本ではローカライズしたサービスが充実しています。しかし、Googleはこうしたローカライズには全く興味がなく、あくまでグローバル一筋で、生活密着系サービスでは使えるものはほとんどないといっても良いです。商売としてはうまいと思いますが、企業として私個人がGoogleを好きかといえば嫌いです。あまり、ユーザーの声を聞かないのがGoogleだというイメージがあります。

モール型ショッピングサイトにしても、Googleはそれには全く興味がないようですが、Yahoo!ショッピングはなんとか楽天市場を切り崩そうと必死です。

要するに、生活密着系サービスに活路を見出そうとしているのがYahoo!、グローバルで最大公約数サービスを提供するのがGoogle。

ユーザーの立場からすれば、どちらか一方になっては困ります。GoogleにYahoo!の生活密着サービスは提供できないし、Yahoo!には今のGoogleのようなサービスを提供できる力はありません。

そういう意味では、両者は競合関係から違う領域を狙うパートナーになりつつあるのではないかと思います。

« ベッドで寝てます〜マロン〜 | トップページ | バーチャルとリアルの混同(ポケモンGO) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591413/63974292

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleとYahoo:

« ベッドで寝てます〜マロン〜 | トップページ | バーチャルとリアルの混同(ポケモンGO) »