マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 露骨にエスカレートしていくドリームハウス | トップページ | 中国の反応とロシアの反応 »

2016年7月23日 (土)

Z5はHi-Res音源対応なのです

iPhoneには絶対できなくて、XperiaにできるものがHi-Res音源の再生です。

Hi-Resって、最初はソニーがWALKMANのハイエンド機で対応していただけでしたし、ヘッドホンも対応しているものはソニー製のごくごく一部でした。

それが気づけば、何社かが対応し始めており、我がXperia Z5もHi-Res再生に対応しているのでした。

別にHi-Resを狙ってZ5を買ったわけではなく、後から知ったというのが正直なところです。ヘッドホンが対応しているならば、有線接続ならHi-Res音源をHi-Resで再生できます。

Bluetoothも、LDACに対応しているので、SONY MDR-100ABN (h.ear)とか使えば、従来のAACやapt-Xとは一味違うHi-Resが楽しめるようです。apt-X対応のヘッドホンは、MDR-1ABT MK2、MDR-ZX770BN、MDR-EX31BNを持っていますが、LDAC対応のものは持っていませんので、いずれMDR-100ABNを欲しいところ。

とりあえずapt-Xでいいので、moraにサインアップしてとあるアルバムを購入しました。

CDなら700MB程度のものが、3.3GBというとんでもないでかさなのですね。さすが可逆圧縮のFLACです。大容量フラッシュメモリが安く買えるようになったので実用的になったのですね。単体でダウンロードするときには、moraアプリはダウンロード先を指定できないようなので、ダウンロード後に外部microSDに移動するなどの注意が必要です。

ちなみにATRACと違って、FLACには著作権保護がかかっていないので、特段のソフトウェアを使わなくても外部SDにファイルマネージャーなどでコピーすれば、ミュージックアプリが自動的に見つけてくれますので問題なしです。

« 露骨にエスカレートしていくドリームハウス | トップページ | 中国の反応とロシアの反応 »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Z5はHi-Res音源対応なのです:

« 露骨にエスカレートしていくドリームハウス | トップページ | 中国の反応とロシアの反応 »