マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 予定通りDISCAS解約 | トップページ | Androidタブレットに将来はない? »

2016年7月10日 (日)

低反発、高反発ともに直射日光は大敵です

先週、土曜日のこと。ジムへいくために自宅を出たら、10時前なのにすでにカンカンキンキンに暑くて、ふぇ〜状態。

ふと、通り沿いのお宅の二階ベランダを見ると、低反発か高反発かわかりませんが、ウレタンマットレスの中身が直射日光下に干されていました。

基本的に、低反発・高反発を問わずウレタン系のマットは直射日光にさらすと劣化が進みもろくなります。くだんのお宅はひょっとしたら子供がおねしょでもしたのかもしれませんが、ウレタンマットを直射日光に干すのはNGです。

どうも、日本人はなんでもかんでも日に干すのが好きなようですが、直射日光にさらしていいのは、木綿わたの布団(最近は減ったと思います)、ポリエステル系の合成繊維のわたの布団、シーツやカバー類です。

枕も同様で、低反発や高反発は日陰の風通しのよいところに立てかけておくとかすればよろしい。ポリエステル系のわたをつかった枕は、近年格段に進歩しており、人工羽毛といえるくらいに素晴らしい感触・性能のものも多くあります。ポリエステル系は基本的には洗濯機などでザバザバ洗えますから、あらってよーく干すのが一番。ただし、マイクロファイバーを使ったものなどは洗えないものもありますから、よく確認してください。

我が家で愛用のマニフレックス(ピローグランデ、スーパーレイEX)も直射日光は大敵です。

昔と違って、手入れがややこしいというか、なんでもかんでも干せばOKという寝具は非常に少なくなってきているので良い状態で長く使うためにも注意が必要です。

« 予定通りDISCAS解約 | トップページ | Androidタブレットに将来はない? »

寝具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低反発、高反発ともに直射日光は大敵です:

« 予定通りDISCAS解約 | トップページ | Androidタブレットに将来はない? »