マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おサイフケータイもどきではダメな理由 | トップページ | 寝心地の良い抱き枕は、ふにゃふにゃのものを大小二つ! »

2016年7月 1日 (金)

ベッドマットレスの寿命は、ダブルクッションのほうが格段に長い

ベッドをご利用の方、ベッドマットレスってどれくらいで買い換えてますか?

ベッドメーカーは、表裏・前後のローテーションをこまめにやった上で、平均的には7〜10年とかWEBに書いているようです。

我が家のベッドは2007年に購入したもので、当時、日比谷のシモンズショールーム に出向い夫婦で長時間かけて試して選んだものです。

日比谷のショールームは販売はしていないので、店員がしつこくつきまといあれこれ勧めてくるようなことは決してありません。なんせ、そこでは売っていないので、後日店舗で買ってもらうために、製品には心と体で納得してもらえるように相談に応じてくれますので、非常に良いのです。ベッドを選ぶなら、そしてシモンズを視野に入れているなら、絶対日比谷のショールームがオススメです。

それはともかく、我が家のシモンズ。私は当時のダブルクッション・ニューフィット(結構柔らかめ)、妻はダブルクッション・ゴールデンバリュー(普通の硬さ)です。その上にマットレストッパーとして、マニフレックスのスーパーレイEXを敷いています。そしてボトムクッションの側面生地保護のためにベッドスカートを使っています。これ、結構地味に重要です。

■ボトムスプリングの生地を守るベッドスカートは大事です

ベッドのスプリングボトムは良いものを買えばそれこそ一生ものです。痛むとしたら生地です。なので、それを守るために、ダブルクッションでは絶対ベッドスカートを使いましょう。

また、ベッドスカートを使うだけで、ベッド下の埃が格段に少なくなります。そのくせ風は通りますので、ダブルクッションならボトムスプリングにベッドスカートをかけるのは必須だと思ってください。

ベッドマットレスの寿命からいえば、ボトムがハードなタイプより、ダブルクッションにしたほうが荷重分散されるので、格段に寿命が長くなります。

したがって、冒頭の7〜10年というのは、木製あるいは金属製のハードなボトムの場合と考えて良いでしょう。市販ベッドも大半はボトムがハードなタイプです。

しかし、衝撃を和らげる、適度なクッション性という点では、ダブルクッションのほうが格段に優れていますから、個人的にはダブルクッションをオススメします。

■ダブルクッションはベッド下収納がないという声に反論

ベッド下収納って、独身の頃使っておりましたが、とんでもない代物です。想像以上に湿気がきつい。頻繁に引き出しとかあけて風通しをしても、ベッド下に入れた衣類やリネンなどは、触るとなんとなく湿気を帯びた感じで、からり・さらりとした、あのタンスの引き出しから出した気持ちよさとは無縁です。風通しを怠れば必ずカビが生えて、喘息・アレルギーなどの原因になりかねません。ベッド下にはいかなるものも収納してはいけません

ベッド下は普通に空気がぬけるようにしておかないと、ベッドマットレス自身も湿気が抜けずカビの原因になります。下手すると、マットレスを持ち上げたらボトムやマットレスにカビがついていたなんて悲劇も起こりえます。

ベッド下に収納しないと他のスペースが確保できないくらいの狭さなら、絶対にベッドなどは使わず、普通に布団にしたほうが賢明です。

閑話休題。ダブルクッションのマットレスの寿命は、シングルクッションよりずっと長いです。経験的には倍くらいにはなると思いますが、使い方と体重次第。

我が家のベッドでいえば、つかっているスプリングが柔らかめで鋼線も細めの私のニューフィットは、きしみや部分的なへたりは今の所ほとんど見受けられません。私がBMI19なのでベッドへの負荷は軽いのでしょう。

一方、妻のゴールデンバリューも同じようにマニフレックスのスーパーレイEXを載せていますが、こちらは腰からお尻のあたりが凹んできています。別に格段にグラマーな妻ではなく、身長を考えればスレンダーな方に入ると思います。BMIも18くらいですし、体重絶対値でも私より軽いですが理由は不明で、お尻部分が凹んできています。さりとて、きしみ音がでるとかそういうことはありません。単なる凹みが私のより目だつだけ。

この差が、マットレスの差(ニューフィットとゴールンバリュー)からきているのかどうか不明ですが、一般に柔らかいマットレスのほうがへたりが早いというけれど、必ずしもそうとは限らないという実例がここにあります(笑)。

とにかくこんな感じなので、ダブルクッションのマットレス10年目に突入している我が家のベッド。

シモンズのダブルクッション(ニューフィット)+マニフレックス・スーパーレイEXを使っている私のはまったく問題なし。少なくとも10年はいける感じ。

妻のゴールデンバリューも少し凹みが目立つだけで、それ以上凹みがひどくなったりクッション性が失われてくるわけでもないですし、きしみとかでるわけでもない。まあ、様子見なんですが、まだ当面いけます。

初期投資としてはダブルクッションは高いですが、寝心地の良さではシングルクッションと比較にならないほど良いですし、結果的にマットレスの寿命も長くなります。また、平板を置いたようなボトムに比べると、格段に通気性が良いので、カビなども生えにくい。

スプリングマットレスのベッドを買うなら、絶対ダブルクッションのものにすべきです。

« おサイフケータイもどきではダメな理由 | トップページ | 寝心地の良い抱き枕は、ふにゃふにゃのものを大小二つ! »

寝具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« おサイフケータイもどきではダメな理由 | トップページ | 寝心地の良い抱き枕は、ふにゃふにゃのものを大小二つ! »