マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 映画「ザ・インターネット」 | トップページ | 通話録音を装備しよう (Xperia Z5用) »

2016年7月 4日 (月)

どこが面白いのか理解不能な笑点(by 関西人)

私は生まれも育ちも関西です。

したがって、落語は絶対上方落語、夕方のお笑いといえば吉本。

笑点は日本テレビですから、関西では現在は読売テレビで放送されているそうでありますが、視聴率は低いと聞きます。

そりゃ、そうでしょう。

笑いに関する限りは、関西と関東ではまったく違います。落語も漫才もまったく違う。笑のツボが異なります。

ですから、関東の人には面白い笑点も、関西人の私にはどこが面白いのだかさっぱりわかりません。まるで外国語のお笑い番組みたいです。

不満なのは、関西では関東のお笑いが放送されているのに、関東では関西のお笑いはすごく少ないってこと。

我が家でも関東人の妻や娘は笑点ファンですが、自分はあまりみたいとは思わない。どちらかといえば、吉本が見たいんですが、放送されていないから仕方ない。

妻や娘に言わせると、吉本の下品さには反吐が出そうだということです。私に言わせれば、お笑いなのに上品ぶってどうする?ストレス溜まるだけやんけ!とか思いますが...。

お笑いって、食べ物の東西差以上に魂に染み付いていますね。

« 映画「ザ・インターネット」 | トップページ | 通話録音を装備しよう (Xperia Z5用) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこが面白いのか理解不能な笑点(by 関西人):

« 映画「ザ・インターネット」 | トップページ | 通話録音を装備しよう (Xperia Z5用) »