マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« テンピュール ソナタピロー | トップページ | さよならリッツ、さよならオレオ »

2016年6月 4日 (土)

チェア用クッションの話

オフィスのチェアと、自宅のチェア(オカムラのBaronのハイバック)で使っているのが、テンピュールシートクッションです。一万円前後とシートクッションとしてはかなり高いですが、それなりのことがあるクッションです。

オフィスのほうは、もう7〜8年前に購入して以来、それこそ平日は毎日朝から晩まで座って使っているわけですが、テンピュール素材がへたる気配はほとんどなく、側生地も多少使用感はありますが、破れたりスキレはありません。

座った瞬間は固めですが、体温でじんわりやわかく沈み込み、そのくせ最後まで沈まず底つきしないのがテンピュール。

テンピュールといえども冬場は硬くなるので、通年使いたい枕向きとは言えませんが、こうしたシートクッションには最適じゃないでしょうか? 特にオフィスは年中ある程度一定の室温に保たれていますので、テンピュールの欠点が出ることもありません。

とにかくデスクワークが多くて、オフィスで朝から晩まで座っていて、座り疲れしないのがいいところです。たまたま私が席を外していて、私の席を借用して隣の席の人と仕事の話をしていた同僚達にも好評のようです。

自分自身は、オフィスで長年使って良さを知っているので、自宅のバロンチェアにも導入したのが今年の1月ですが、非常に快適です。

ただ、安くないので買うには決心が必要です。つい、安物の低反発とか買っちゃうのですが、夏場はへにゃへにゃになって底つきしたり、すぐにへしゃげたりします。

結局、最初から、これをかうのが一番安上がりだったという....。安物買いの銭失いであります。シートクッションとしては高いと思いますが、仕事や趣味等で長時間座ることの多い方、店頭で試せるところもあるので(東急ハンズなど)、ぜひお試しを。


« テンピュール ソナタピロー | トップページ | さよならリッツ、さよならオレオ »

住居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェア用クッションの話:

« テンピュール ソナタピロー | トップページ | さよならリッツ、さよならオレオ »