マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« さよならリッツ、さよならオレオ | トップページ | おサイフケータイジャケット熱冷める »

2016年6月 6日 (月)

電子楽譜専用端末 GVIDO

ピアノを始めとする多くの楽器を弾くときに欠かせないが楽譜です。

この楽譜と指の動きが無意識に直結するようになるのは、小さいころから練習していないとなかなかむづかしいものがあります。

それはさておき、とにかく弾くときに欠かせないのが楽譜。その楽譜も使っているうちのボロくなってきたり、製本された譜面集だとかさばります。iPadを譜面代わりにするのは手ですがちょっと小さいのと1面しかない。なんかいいのでないの、カラーなんかいらないからさぁ。

と思っていたら、ようやく出るようです。

テラダ・ミュージック・スコアという会社が6月3日に、E-Inkとワコムのスタイラスを使ったものだそうで、上から書き込みもできるようです。大きさは13.3インチのフレキシブルな電子ペーパーで通常の楽譜とほぼ同じサイズだそうです。

まだ商品化の日程までは発表されていませんが、これは朗報です。重さは試作の段階で650gほどだそうです。あとは、バッテリー駆動時間(E-Inkで普段通信の必要がないので、かなり持つはず)と価格です。

iPadのようにお高い価格にはなろうはずもなく、定価ベースでせいせい4万円前後かと勝手に推測します。

早く出ないかな。

« さよならリッツ、さよならオレオ | トップページ | おサイフケータイジャケット熱冷める »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子楽譜専用端末 GVIDO:

« さよならリッツ、さよならオレオ | トップページ | おサイフケータイジャケット熱冷める »