マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 最低限の収入保障制度 | トップページ | 常盤平団地 »

2016年5月14日 (土)

SoftBankのiPhoneのSIMロック解除

私のSoftBank iPhone 6s plusは、SIMロック解除対象なのでSIMロック解除してみました。

SoftBankのiPhoneをSIMロック解除するためには、iPhoneで使える有効なSoftBank以外のキャリアのSIMが必要です。

iPhoneのSIMロックはAndroidとは仕組みが全く違っていて、電話機本体での設定やキャリアではなく、Appleのアクティベーションサーバー経由でのロックがかかるそうです。

購入時に店頭で有効なSIMをセットされて起動すると、アクティベーショイサーバーに接続され、IMEIやSIM情報とともにアクティベーションサーバーに通知され、それらの情報をもとにロックされるのだそうであります。

ですから、SIMロック解除が正式にできるようになる前は(今でも)、ファクトリーアンロックを引きうける怪しい業者が横行していて、多額の費用(万円単位)でファクトリーアンロックと称して、アクティベーションサーバーにデータを送り込み、SIMロック解除させるのだそうでありますな。

推測はこれくらいにして、実際にやってみましょう。条件さえ満たしていればMy SoftBank経由で簡単にできます。

201605050012

My SoftBankにアクセスしたら、「契約確認」アイコンをクリックします。画面中ほどの「X月度ご請求」の右側にあるものです。

201605050022

契約確認画面をずりずりと上方向にスクロールすると「お手続き一覧」があり、その中に「SIMロック解除対象機種の手続き」がありますので、それをクリックします。ただし、24時間受付ではないので、時間外だとこうなります。

201605050032

ということですので、曜日は関係ないですが9時〜21時に行う必要があります。時間内に行うと次の画面になります。

201605050052

ということで、そのIMEIを入力(コピペが確実です)しましょう。

201605050062

確認画面がでますので、内容を確認して「解除手続きをする」をタップします。

201605050072

するとこうなります。この後はMy SoftBankですることは何もありません。

iPhoneをシャットダウンして、SIMを他のものに差し替えます。私はauのXperia Z5で使っているnano SIMを入れました。

そして起動すると、アクティベーションのためのApple IDとパスワード入力を求められますので、素直に入れるとアクティベーションが完了し、左上のキャリア表示はauになり、無事通信もできるようになりました。au SIMの場合はMVNOのように特にプロファイルをインストールする必要はありませんでした。3大キャリアについてはデフォで設定されているのだと思います。

その状態でシャットダウンし元のSoftBank SIMに戻すと、当たり前ですが普通に伝えました。

さてauのZ5もSIMロック解除しますかね。

« 最低限の収入保障制度 | トップページ | 常盤平団地 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SoftBankのiPhoneのSIMロック解除:

« 最低限の収入保障制度 | トップページ | 常盤平団地 »