マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ノースサファリサッポロ | トップページ | 西武池袋の屋上庭園 »

2016年5月11日 (水)

保湿剤

この歳になってアトピー性皮膚炎になってしまった(幸いにも食物アレルギーはありません)ことは以前書いたと思いますが、炎症が治まっても乾燥してムズムズするのが困ります。もともと乾燥肌なのですが、さらにそれが勢いを増している感じです。

炎症状態にあるところは、かかりつけの皮膚科専門医(皮膚科学会認定専門医です)処方のステロイドの軟膏あるのみですが、炎症が治まって保湿する時が問題ですね。

ポピュラーなのはヒルドイド。そしてそのジェネリックであるビーソフテンでしょうか。どちらも成分はほぼ同じだそうですが、基剤の違いにより塗り薬は効果も変わってくるそうです。ヒルドイドは軟膏で薬価は26.0円/g、ビーソフテンは油性クリームで薬価は10.8円/g。

費用だけでいえば、200g処方でヒルドイドは自己負担額が26.0円x200gx0.3=1,560円。ヒルドイドは10.8円x200gx0.3=648円と倍以上違います。アトピーの保湿には前者のほうが良いそうですが、私は価格にまけてヒルドイドです。

そしてたまたま知ったのですが、カナダ生まれのアトピー向けの保湿剤があるのです。それがこれ。医薬品ではないので普通に通販で買えます。

20160502001

さて、数日使ってみた結果。

当たり前ですが結果には個人差があり、あくまでここに書くのは私の場合であり他の方が使った場合にどうなるかは一切保証の限りではありません。アトピーを含む皮膚疾患や他のアレルギーがある方、心配な方は必ず皮膚科専門医の指導を受けてください。

乾燥してざらついていた皮膚が滑らかになってきました。しかし、乾燥が根治しているわけではないので、むずがゆさに負けて書いたりすると、少し皮がむけたり(落屑)しますが、ざらついていた肌が結構滑らかになってきたのは嬉しいです。

この歳になってアトピー性皮膚炎というのもなんだかなぁですが、うまくコントロールして使うしかないでしょう。

« ノースサファリサッポロ | トップページ | 西武池袋の屋上庭園 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保湿剤:

« ノースサファリサッポロ | トップページ | 西武池袋の屋上庭園 »