マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« マホガニーのスタインウェイ | トップページ | 脱力 »

2016年5月 3日 (火)

鍵盤を弾くときの指の形

本物のピアノを弾かずに何を論ずるのか!?って話があるのは承知の上ですが、自分が小さいころは、「鍵盤は指の腹ではなく、指を立てて指先で押す」「卵が手のひらに入るように指を立てる、指を立てた形のままで指の付け根の関節を動かして指を上下させるようにする」と習いました。

おそらく、こういう指導を受けた方は非常に多いと思います。一方でそれが故(かどうかはわかりませんが)に手を痛めた方も数多いのではないかと思います。しかし、現在では、そのような形は手を痛めやすく、脱力しにくいことから、むしろ昔はタブーとされたような指の腹で脱力して指全体を動かして弾くことを勧めているようで、両者の対立は火花を散らしているかのように見えます。

指の動かし方という意味で、鍵盤ではなく、よりわかりやすくタイプライティングに当てはめてみましょう。

私がタッチタイピングを覚えたのは、メカニカルタイプライターです。当時大学生でしたが、メカニカルタイプライターを自分で購入し、一般教養科目の英語の教科書をタイプ教本に従った指使いでバシバシタイプして行ったのです。もちろん行間隔をあけてタイプし間に注意書きやら訳やらを記入できるようにしたわけで、友人は呆れていました。しかし、それがあるので、その後ソフトウェア開発を仕事にしても、仲間からは「君のタイプは恐ろしく早いな」と言われるようになりました。

閑話休題。メカニカルタイプライターはご承知の通りタッチが非常に重いです。Macのキーボードのように浅いストロークですっとタイプできるような代物ではなく、指先で叩かないといけません。ピアノでいえば、まさに昔の指導と同じで、指の付け根の関節を支点として、ハンマーのように叩かないと文字が打てないのです。とくに力の入りにくい左手薬指で打つSやW、さらに左手小指で打つAやQは印字が薄くなりがちでした。メカニカルタイプの場合は打鍵の強さが印字の濃さである程度は表現できるので、打鍵矯正には非常に役に立ちました。

一方PCのキーボードはメカニカルタイプライターのような強さは必要としないですし、Macのキーボードのようにストロークが浅くソフトなものは、指ハンマーにする必要はなく、手首から先を脱力して指の腹でタイプすると疲労しなくて済みます。

私見ですが、ひょっとしたらピアノにも通じるのかもしれません。YouTubeとか見て非常にうまくピアノを弾いている人には、卵形と平坦型のふた通りがあります。古くはホロビッツなどは点字を読むがごとくに手が真っ平らですが、現在でも先に書いた通り先生よってはそんなのは邪道で卵が基本だ、それ以外はありえないくらいにこだわる例がすくなからずあるそうです。

基本は大事、それはタイピングでも同じ。指使いをきちんと覚えないと正確で速いタイピングではできません。それはおそらくピアノも同じ。しかし、あまりにも手の形に固執するのはいかがなものでしょうか?手が小さい方は指を立てるのは指が届く範囲が狭くなりますので、完全8度(C4とC5とか)が届きにくくなりますよね。

一方私のように手が大きく指が長いと、指を立てても完全8度は楽に届きます。逆に指を伸ばすと少々弾きにくいので、ある程度指を立てたほうがやりやすい。

素人の私見ですが、手や指のサイズにより取りうる形って違うんじゃないですかね。同じ鍵盤でもエレクトーンやキーボードとピアノでは見かけは似ても全く異なる楽器です。私はピアノではなく前者のほうなのであまりこだわりはありませんので、やりやすい方法でやれば良いというのが持論です。いくら平が良いと言われてもそれが自分にとってやりにくく、卵のほうが正確で表現が豊かにできるのであればそれで良いし、逆ならそれもまた良しです。とくにどちらのほうが指を痛めやすいということはないようです。

個人的には私は両者の中間が一番楽です。ちょうどそうしたブログがありました。

[Piano Fan] ピアノを弾くときの手の形の作りかた
http://pianofan.jp/how-to-piano-hand

ど素人のつぶやきではありますが、いくつかのブログやQAサイトで、きちんとした卵型以外はありえない・認めないといった議論、そうじゃなくて平が主流で卵オンリーはありえない的な極論を見たもので気になりました。

« マホガニーのスタインウェイ | トップページ | 脱力 »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍵盤を弾くときの指の形:

« マホガニーのスタインウェイ | トップページ | 脱力 »