マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 徳川家康の遺訓 | トップページ | 旧古河庭園のバラ »

2016年5月27日 (金)

スマートウォッチに求めるもの

Apple Watchが日本で発売されて一年と一ヶ月ほど経ちました。その間に、海外のスマートフォンメーカーから種々のスマートウォッチが出てきて、時計メーカーも黙ってはおらずスイスの時計メーカーまでスマートウォッチ市場に乗り出す始末です。

私は普段は、平日はCASIOのLINEAGEというソーラー&電波時計を使っています。ソーラー&電波なので全くの世話なしでいつも正確な時を刻んでいます。それと併用する感じで右手には GARMIN vivosmart Jを使っており、睡眠を含むアクティビティの記録と、iPhone連動での着信やメール通知機能を使っています。

過去には、 スマートウォッチタイプのvivoactive J、心拍計内臓のvivosmart HR Jも使ったことがあります。

これらの経験で自分の場合で、スマートウォッチに求める機能がはっきりしてきました。

  • 見た目は普通に時計らしいフェイスをしていること。いかにもスマートウォッチみたいなのは絶対NOです。ビジネスの場などであまりにカジュアルなのは困ります。
  • スマートフォン連動での着信やメール通知
  • 防水(できれば10気圧防水がいいけど...)
  • 簡単なアクティビティ記録機能(歩数、睡眠)
  • 心拍計はなくても良い(センサーが手首に食いこんで痛いことがある)
  • できればバッテリーは一週間くらい持ってほしい。せめて2〜3日は...。

特に、最初のフェイスは重要です。GARMIN vivoactive Jを着用してみて思ったのは、時計としてあまりにも不自然です。少なくともトラディショナルな丸い形が自然なんですね。vivoactive JとかAppleWatchとか不自然です。表示面積を増やせますが、いかんせん、時計としては見慣れない(笑)。

今、世にある中で、全てをみなすものは少ないのですが、第一候補はこれ。

GARMIN fenix 3

特にtitaniumとかすごーくいいのですが、さすがに10数万円は高杉晋作。

次善の策で、talkband b2とかなかなかユニークで意欲的かつ評判の良いものを出しているHuaweiが送り出したHuawei Watch

バッテリー駆動時間が短めで丸二日持たないのが難点ですが、AppleWatchの二倍くらいは持ちそうなのでまあいいかと。

なかなかいい感じのフェイスです。バンドも標準の18mmがつかえるのがいいですね。これ、目標に貯金しようかな。

« 徳川家康の遺訓 | トップページ | 旧古河庭園のバラ »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートウォッチに求めるもの:

« 徳川家康の遺訓 | トップページ | 旧古河庭園のバラ »