マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« iPhoneとAndroidの2台持ち | トップページ | auの毎月割、iPhoneとAndroid新機種 »

2016年5月30日 (月)

iPhoneでおサイフケータイ

iPhoneにおサイフケータイ機能がないのはご承知の通りです。苦肉の策が、ブック型ケースにSuicaを差し込んだりして、それで改札を抜けるのは多くの方が実行されているようです。

しかし、本質的にはモバイルSuicaではありません。

  1. いつでもどこでも残高確認できない
  2. いつでもどこでもチャージできない
  3. JR東日本のモバイルSuica特急券が買えない・使えない

1と2については、私も使っていますがSONYから出ているiOS用Felica ポート「RC-S390」で解決可能です。一体化はできませんが、逆にスマートフォンと一体化していないので、機種変更しても関係ないのはメリットです。

これで何ができるかというと...

  • 楽天Edyの履歴確認/履歴表示/チャージ
  • WAONの残高照会/ポイント照会/チャージ
  • Suicaの残高照会/履歴表示/チャージ
  • nanacoの残高照会

...が可能です(他にもあるかもしれませんが)
iPhoneとはBluetoothでリンクして使います。

本物のおサイフケータイと比べて一体型ではないですが、とりあえずRC-S390はiPhoneユーザー&Suicaユーザーであれば持っていて損はないです。ただし、本物のモバイルSuicaと違って、決済に使えるクレジットカードはSuica付きビューカードに限られます。この条件があえば、持たない手はありません。

現在はSuica非対応ですが、JR東日本が対応を検討しているそうなのが、docomoが開発して、docomo以外ではPanasonicが販売している「おサイフケータイジャケット01

docomo以外のキャリアやMVNOでも使えるそうです。現在は、

  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICKPay
  • ANA
  • ヨドバシカメラ

に対応しており、今後追加予定が具体的に決まっているのは

  • LAWSON

だそうです。つまりあいにくSuicaはまだ具体的な予定はありませんが、これも含めて国内正式販売のSIMフリーおサイフケータイ機能搭載モデルを検証確認していくそうですので、焦らず期待しましょう。

おサイフケータイジャケット01がSuica対応すれば、速攻で買います!

期待していますよ>JR東日本さん

追記;

2016年5月27日にモバイルSuicaの対象機種が増えています。わーっ、と思って見たのですが、残念ながらXperia X performanceの追加が主な改定だったようです。

おサイフケータイジャケット01に対応するためには、iOSアプリのほうのバージョンアップが必要ですからね。残念でした。

« iPhoneとAndroidの2台持ち | トップページ | auの毎月割、iPhoneとAndroid新機種 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneでおサイフケータイ:

« iPhoneとAndroidの2台持ち | トップページ | auの毎月割、iPhoneとAndroid新機種 »