マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 道路の朝日 | トップページ | iPhone SE »

2016年4月 7日 (木)

都心は桜が満開になっていた先週の土曜日、所用があって日本橋のほうまで行きました。いろいろ歩き回っていたのですが、日本橋から東京駅に抜けるさくら通りでは、桜が満開であるビルの敷地では出店もありました。

20160402004

20160402003

そして東京駅の丸の内側へ出ます。この写真のような東京駅の全景をこの角度から見るのは久しぶりです。

20160402002

周囲をみるとなんだか皇居のほうにぞろぞろと人が歩いてきますので、人の流れにのってそのまま皇居外苑へ。

調べてみたら「乾通りの一般公開」だったのですねぇ。さすがに延々並んで、ボディチェックと荷物チェックを受けての花見には興味ないので、そのまま二重橋へ。

実は生で二重橋をみるのは始めてなのです。東京に住んで三十数年ですが...。

20160402001

この写真に写っているのが二重橋だと思っている人が多いそうですが、そりゃ間違い。皇居前広場から宮殿に続く橋は、写真の橋(「正門石橋」)の奥に、普通の角度からは見にくいのですが「正門鉄橋」があります。この「正門鉄橋」が二重構造になっているので二重橋と呼ばれるそうであります。

写真で白い城のようなものが見えますが、江戸城伏見櫓です。関東大震災で崩壊したので再構築されたそうです。普通はこの写真の距離より近くことはできません。さすがに皇居ですから...。

こうして江戸城の名残をみると、やはり東京は江戸だったのね、と当たり前のことを改めて想起しました。

結構好きなんです、お城。

因みに、江戸城は戦国時代の後の太平の江戸時代に構築されたので、他の城のように防衛にはあまり重点が置かれていなかったそうです。

« 道路の朝日 | トップページ | iPhone SE »

身近の自然や風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 道路の朝日 | トップページ | iPhone SE »