マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« YAMAHA MOXF6用フラッシュメモリ512MB | トップページ | バイオリンがすごく綺麗なEWI USB (ARIA) »

2016年4月 4日 (月)

EWI USBの外部音源にYAMAHA MOXFを使う

大いに気に入って遊んでいる、もとい、練習しているAKAI EWI USBというウインドシンセサイザーですが、EWI USBは音源を内蔵していないMIDIコントローラーです。

したがって、EWI USBからUSBに出力されるのはUSB-MIDIに従ったプロトコルでのMIDIメッセージだけ。これを鳴らすために標準でARIAというソフトウェアシンセサイザーがついていますし、GarageBandでも鳴らすことができます。(Windowsは知りません、WIndowsなんか別にどうでもいい)。

ARIAにせよGarageBandにせよ、音源の種類があまりにも限られています。はっきりいって音の種類がしょぼすぎます。唯一、ARIAのバイオリン系の音が綺麗(これは世間でも評判が良いようです)なくらいです。

確かに、こうした弦楽器が弾けない人が弦楽器の音を出すには、これはキーボードシンセサイザーでは絶対無理です。いくらアフタータッチが付いている高級品であっても、微妙な息の加減で音の強弱を自在に表現できるウインドシンセサイザーにはかないません。

しかし、音源の質の高さと種類の多さでいうと、当然ですがYAMAHA MOXFというキーボードシンセサイザーに、ARIAやGarageBandが叶うはずもないです。

そこで考えるのが、EWI USBの外部音源としてMOXFを使おうってこと。

結果は非常に簡単なプロセスですが、いや、これ、苦労しました。最初はDAWのCubaseを使ったりしてみましたが、設定で音が出たり出なかったり(出ないほうが多い)です。よーく、考えたら、これでEWI USBからのMIDIメッセージが取り込めないと先々困るじゃん....ってのはありますが、これは私が得意の、先送りソリューション

さて手順です。

■EWI USBの設定を変更します。

ポイントはブレス、すなわち息の強さをMOXFのエクスプレッションとして伝える必要があります。そうでないと強く吹いても弱く吹いても同じ強さの音しか出ません。

20160403002

そのために、EWI ConfigurationのController Configで、

  • Breath CC1 = 11 Expression
  • Breath CC2 = 2 Breath controller

を設定します。

噛む強さのBite CCですが、そのままピッチベンドのアップダウンは受けられないので、

  • Bite CC1 = 127 Pichbend down-up とそのまま
  • Bite CC2 = 1 Modulation Wheel

を設定しますが、こちらは好みでどうぞ。

■MIDI Patchbayの導入

EWI USBからUSB経由で入ってきたMIDIメッセージをMac経由でそのままUSB接続されているMOXFに伝える必要があります。

Macの場合はMIDI Patchbayというソフトがあるようで、それを使いましょう。ここからダウンロードできます。

http://notahat.com/midi_patchbay/

起動している間だけMIDIメッセージがそのままスルーで転送されます。ただしARIAとかGarageBandを起動しているとそちらにとられちゃいますので、これを使う時には、他のソフトウェアシンセサイザーは終了させておく必要があります。

設定は簡単というか単純でOK。

20160403001

左下のAdd Patchをクリックして、右上のMIDI InputをEWI-USB、右下のMIDI OutputをYamaha MOXF6/MOXF8 Port1にすればOKです。Port1以外はダメです。

これで、EWI USBを吹けば、今設定されているMOXFの状況に応じた音が、LINEから出て来ます。

音がどうなるかはMOXF次第でして、アルペジオを設定すればEWIを吹くとMOXFの鍵盤を一本指で叩いたのと同じことになります。SONGモードにしたりすると楽しいかも。

さて、これでバイオリンを吹いて(笑)みましょう。

すばらしいーーーー。演奏技術は別としてこれはいい!ARIAよりいい。

ただし、持ち出せませんが....でも自宅で楽しむには、これ最高です。

やり方は同じで他のハード音源でも同じです。

お楽しみください。

« YAMAHA MOXF6用フラッシュメモリ512MB | トップページ | バイオリンがすごく綺麗なEWI USB (ARIA) »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EWI USBの外部音源にYAMAHA MOXFを使う:

« YAMAHA MOXF6用フラッシュメモリ512MB | トップページ | バイオリンがすごく綺麗なEWI USB (ARIA) »