マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« MuseScore | トップページ | 好きだけど嫌いな番組 »

2016年4月17日 (日)

61鍵で足りない経験

なかなかまとまって練習(鍵盤)ができていませんが、先日、渚のアデリーヌ(Ballade Pour Adeline)の譜面を眺めていて、ポツリポツリと試していた時のこと、中ほどの10度のアルペジオが連続していてどんどん高くなっていくところで、61鍵では足りないことが発覚。

譜面ではぱっと見きづきませんでしたが、一番高い部分は8vaがついている、つまりオッターバーがあって、記譜より1オクターブ高く弾くということ。ってことは61鍵で一番右がC7つまり4オクターブ上のドですが、それより高い音が出現します。

幸い低い方は確か1オクターブ下までしか出現しないので、オクターブシフトすれば切り抜けられますが、ここで思ったこと。

うーん、88鍵が欲しい。

さすがに88鍵のシンセはいりませんが、MIDIキーボードで88鍵のものは欲しいかもです。ただ、場所がないので、使用頻度の低いJUNO-DS61ととっかえになってしまいます。

それに88鍵のMIDIキーボードはRoland A-88なんか結構いい値します。YAMAHAのPシリーズの電子ピアノでもいいくらいですが...。MIDIキーボードならkeystation 88ですかね。これ、安いです。評判は悪く無い。もちろん、何十万円の電子ピアノのキータッチではなく、普通に安いシンセのタッチでしょうけど....。

まあ、悩みましょう、それが楽しい。
って、それより練習しろってーの。

« MuseScore | トップページ | 好きだけど嫌いな番組 »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 61鍵で足りない経験:

« MuseScore | トップページ | 好きだけど嫌いな番組 »