マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 妻、退院 | トップページ | マイナスワン音源 »

2016年3月27日 (日)

ウインドシンセサイザー AKAI EWI USB

あまり知られていない楽器(電子楽器)ですが、ウインドシンセサイザーというものがあります。

ウインドシンセサイザーは知らなくても、T-SQUAREというフュージョンバンドはご存知の方は多いでしょう。私も大ファンです。そのメンバーで伊東たけし氏(Sax)がふいているのがウインドシンセサイザーという電子楽器。

私が持っているYAMAHA MOXF6やRoland JUDO-DS61はPCM音源のキーボードシンセサイザーですが、ウインドシンセサイザーはキーボードの代わりに管楽器のごとく口からの息でコントロールするものです。

日本の楽器店で普通に買えるのは、 今だとAKAIのEWI(イーダブリュアイではなくてイーウィと読みます)5000、4000sw、USBという3モデル、YAMAHAのWX5というモデルです。このうち、5000と4000swは音源内蔵で、USBとWX5は音源非内蔵の言わば管楽器タイプのMIDIコントローラーです。

T-SQUAREの伊東たけし氏がふいているのがウインドシンセサイザーであると知ったのは、恥ずかしながら最近の話です。キーボードシンセでは管楽器のように息で微妙に強弱をつけるといったことは不可能なので、これは是非やってみたい。

ということで買ったのがAKAI EWI USB。これで練習して5000も買いたいところです。

20160324003

管楽器タイプの電子楽器ですが似て非なるものです。

20160324002

開梱の儀。

20160324001

入っているのは、説明書とソフトェアシンセサイザーのARIAのCDROM、USBケーブル、ストラップ、マウスピースカバーです。ストラップはイマイチですねぇ、Bird Strapとか欲しいけど、3万円の本体に1万円のストラップもいかがなものか....と思いとどまりました。

20160326003

このUSBって、別に強調しなくても....

20160326001

コネクタの類を差し込むのはUSB TypeBだけ。バスパワー駆動です。200mAなので普通にPCにさせばOK。

20160326002

裏側はこんな感じで、5000とかに比べたら圧倒的にシンプルです。コロコロはオクターブローラ。5000や4000swは8オクターブ発声しますが、USBは5オクターブ。キーボードなら61鍵と同じ。まあ、普通はOKでしょう。

MIDIコントローラーなので状況によりレイテンシー(ディレイですね)が気になる場合もあるようですが、私の環境(Mac mini mid 2011 core i7 2.7GHz)では全く問題ありません。

やってみてわかったのは、普通の管楽器との最大の違いは息がほとんど抜けないこと。わずかに尾部から抜けますが、ほとんどは抜けません。リコーダーのようなわけにはいきません。

管楽器だと息を吐ききって苦しくなるとかいう感じがあるのでしょうが、EWIは息が吐ききれずに溜まってしまう感じになります。これを回避するために口角から息を逃がさねばなりません。スマイルですかね....。

佐藤隆睦氏のEWI MASTER BOOKも一緒に買ったので練習します。めざせOMENS OF LOVE。

« 妻、退院 | トップページ | マイナスワン音源 »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウインドシンセサイザー AKAI EWI USB:

« 妻、退院 | トップページ | マイナスワン音源 »