マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 雨の日曜日に届いたものは.... | トップページ | 時計さん勢ぞろい »

2016年2月26日 (金)

いたずら心が湧きまして

16GBメモリになったMac mini (mid 2011)

愛用のMac miniが16GBになったので、ふといたずら心が湧いてEl CapitanでBootcampを使ってみようと思い立ちましてやってみました。

失敗その1

用意したのはWindows 8のインストールDVDと8GBのUSBメモリ。まずは、El CapitanのディスクユーティリティでインストールDVDのISOイメージをUSBメモリに落とします。この時に出来上がったイメージファイルの拡張子を.cdrから.isoにしなくてはいけないのに、それを忘れたのです。

しかしBoot Campアシスタントは、イメージファイルの指定で.cdrの拡張子でも受け入れてくれます。が、しかーし、このイメージで保存先のUSBドライブにインストールイメージを保存するのですが、.cdrでもBoot Campアシスタントは通ってしまいますので拡張子が間違っているのに全く気付かず。

間違いに気づいたのはBoot CampユーティリティがBOOTCAMPパーティションを作成し、その後リブートがかかった時です。

No bootable deviceの冷たい文字がスクリーンに....。

ありゃ?普通にリブートしても同じ。一瞬焦りましたが、optionキーでスタートアップマネージャーからOS X 10.11を指定して無事OS X起動。

その後、Boot CampアシスタントでUSBドライブにイメージを作り直しましたが、感じのBOOTCAMPパーティションが半端に出来上がってしまっていて、ここからインストールが進まず。

結局、半端なBOOTCAMPパーティションはハードディスクマネージャーで消してOS Xパーティションとマージもできず、さりとてBoot Campアシスタントでインストール続行もできず。

一瞬途方にくれましたが、ふと思いついて、ハードディスクマネージャーでBOOTCAMPパーティションをFATでフォーマットしてやると、Boot Campアシスタントから無事消してパーティション統合できました。

無事パーティションが一つになったところでやり直し。

失敗その2

その後、無事Windows 8 Proがインストールできまして、起動しました。updateとかの前にライセンス認証しろというので、再度プロダクトキーを通そうとしますが、とおりません。

0xC004F061のエラー

調べてみたら、インストールしたのはアップグレードライセンスのメディアらしい。

そういえば、Widnows 8が出てしばらくしてアップグレードメディアが格安だったのを買ったっけか....

普通にWindows 10が使える(エクスペリエンスインデックスを下に掲げます)ミッドタワーPCがあるので、まあ、Bootcampはジョークってことで。

このWindows 10でのエクスペリエンスインデックスは、2010年末に購入したGIGABYTE P55-USBのマザーにCore i7 860を乗せたミッドタワーPCのものでバリバリ現役のものです。これだけで比べれば下手なスリムデスクトップよりハイスコアではないですかねぇ。

201602070012

わざわざ一万数千円出して新規メディアを買う必要もないですし、そんなの買うならCore i5くらいのノート(Pavilion 15-ab200 価格.com限定 Core i5搭載モデル)とか買ったほうがずっといいです。無理してMacでWindowsなんざぁ動かして汚すこともありますまい。

とりあえずEl CapitanでBootcampでのインストールプロセスが勉強できたのは収穫でした。

« 雨の日曜日に届いたものは.... | トップページ | 時計さん勢ぞろい »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いたずら心が湧きまして:

« 雨の日曜日に届いたものは.... | トップページ | 時計さん勢ぞろい »