マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« テンピュールのクッションと枕 | トップページ | ホテル仕様枕 マシュマロピロー »

2016年2月 3日 (水)

キーボードスタンド

YAMAHAのシンセサイザー(ミュージックワークステーション)のMOXF6を購入して10日ほど経ちました。

これと同時に購入したのがキーボードスタンドでキクタニミュージックのKS-101という結構ポピューラーなものです。折りたたみとしては軽量でいい感じですが、剛性としてはEURO STYLEの四つ足のほうが丈夫そうですし、二段にしたいときにはキクタニ AD-25をKS-101につけるのはちょっと不安です。上段が軽いMIDIキーボードだと大した問題ではないでしょうが、キーボードシンセ本体だと軽量のものでないと怖いです。

さて、我が家のKS-101の置き場所はここです。

20160131001

写真をみてわかるとおり、掃き出し窓のそばです。我が家のリビングの掃き出し窓は2間分はゆうにある大きなもので、その両側半間が引き戸式のサッシになっています。出入りに使うのは写真とは反対側のサッシなのですが、掃除のときなどは開けますので、スタンド&シンセが邪魔になり妻には極めて不便な状況になっています。

そこで色々考えました。ストッパー付きキャスターをと考えて探しました。KS-101の足の部分のアジャスターはウィットネジのW3/8を使っていまして、このサイズのネジを使うキャスターは、直径40mmのものが最低限で、ただでさえ高い鍵盤面がさらに高くなります。

いろいろ考えた結果がこれ。

20160131002

ゴム足のアジャスターに何やら怪しげな被せ物。「レック 脚ピタ キャップ S 20〜28mm」というもの。東急ハンズで購入しました。このサイズがKS-101のアジャスターにはピッタリです。

スーパーによく売っている家具すべーるみたいなやつですが、もっとスマートです。これを装着するとフローリングの床を、スタンドを持ち上げなくても軽く引く・押すだけで動きますので、シンセをずらせるのも楽チンで、掃除も楽チンです。

« テンピュールのクッションと枕 | トップページ | ホテル仕様枕 マシュマロピロー »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キーボードスタンド:

« テンピュールのクッションと枕 | トップページ | ホテル仕様枕 マシュマロピロー »