マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Mac mini (MId 2011)を16GBメモリー化 | トップページ | いたずら心が湧きまして »

2016年2月25日 (木)

雨の日曜日に届いたものは....

自分は形から入るというか、ガジェットヲタクであるので、シンセサイザーもついつい...です。

先週の日曜日、大荒れになった14日の朝、雨の中を業者が届けてくれました。

20160214005

見ればわかる、Roland JUNO-DS61。

20160214004

こんな風に梱包されています。

20160214003

同じ61鍵ですが、メーカーの違いかグレードの違いか、YAMAHA MOXF6のほうがはるかに強固な梱包です。段ボールの厚みもかなり違います。

201602140022

MIDIキーボードのA-49に場所を明け渡してもらいました。

201602140014

こんな感じですね。部屋の隅の部分はごちゃごちゃといろいろあって見苦しいので、Photoshopでボカしています(笑)。

JUNO-DSはステージやライブ向けとわれているとおり、ボイスの選択やスプリットへの切り替えやスプリットした状態のLowerとUpperのボイスやベロシティの設定が実に簡単、ワンタッチです。ベロシティに至ってはLowerとUpperのスライダーが付いています。

スプリットではなく違うボイスを重ね合わせるデュアルにすると音に厚みがでますのでなかなかいい感じですが、これもそれぞれのボイスやベロシティもスプリット同様にワンタッチで調整や設定ができます。

もちろんMOXFでもできますが、こんな風にワンタッチとはいきません、それなりに面倒といえば面倒。

音も、MOXFのFull Conert Grand(ピアノ)は非常にまろやかで奥深いいい音を出しますが、JUNO-DSのGrand Pianoはバンドに埋もれないはっきりした明るいメリハリのある音を出します。デフォルトでここまではっきりした音のピアノボイスはMOXFにはないような気がします。

ちなみに、二台のシンセになったので必要になるのがステレオミキサーです。急遽BEHRINGERのXENYX 802を買いましたというか、ヤフオクで落札。上の写真のディスプレイ左側に写っています。

スライダーではありませんが必要十分です。

ただこれはミキサーが原因ではないのですがラインにハム(ブーンという50Hzおおびその逓倍の周波数のノイズ)が微に入ります。シンセサイザーからのラインを外すと最大ボリュームにしても何もノイズは聞こえないので、このラインにノイズが乗っているようです。対策はラインフィルターですが、そこまでするほどのこともないのでとりあえずはこのままいきます。

« Mac mini (MId 2011)を16GBメモリー化 | トップページ | いたずら心が湧きまして »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日曜日に届いたものは....:

« Mac mini (MId 2011)を16GBメモリー化 | トップページ | いたずら心が湧きまして »