マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« マロン8歳の日 | トップページ | YAMAHA MOXF6にMIDIキーボードA-49をつける »

2016年2月 7日 (日)

2段重ね

YAHAMAのミュージックワークステーション(シンセサイザー)MOXF6がやってきて二週間経過です。

もう、シンセサイザーとしてバリバリに使いこなせて、弾く方もスイスイ!ってなわけはない。そりゃぁそうです、いくら昔は電子回路とマイクロコンピューターの世界で生きていたとはいえ、こうした立派なシンセサイザーは生まれて初めてですし、ピアノ(鍵盤楽器)も御幼少時代(笑)以来、何十年とさわらずにいたので初めてよりプチましな程度。

どちらも日々研鑽であります。

幸いにも仕事では世に言う役職定年となり、部下のマネジメントも含めて組織マネジメントから解放されましたので、仕事では専門的なところに専念できるようになりました。会社の課長クラスって、傍目から見る以上に雑事が多いのですよ、これが。もっと偉くなって、役員一歩手前の上位クラスの部長とか執行役員とかになると、それはそれで別種の多忙さ・重責がありますが、すくなくともあれやこれやの雑事はほとんどなくなります。だって、そういうのは、部下の課長連中が引き受けますというか、押し付けちゃうので。

ともあれ、管理職待遇ではありますが、部下持ち・組織持ち管理職ではなくなったので、帰宅時間もそれ相当に早くなり、帰宅後キーボード(鍵盤のほう)に触れる時間もとれるようになりました。毎日すこしでもピアノのお稽古と、シンセサイザーの機能把握であります。

我が家にあるのは、冒頭のMOXF6とそれよりちょい前に購入したMacのGarageBandにつないで遊んでいたMIDIキーボードのRoland A-49があります。

20160124001

余談ですが、使っているチェアはオカムラのバロンのヘッドレスト付きのタイプで、座面に乗っかっているのはイトーヨーカドーでかったふんわり座布団。これ、悪くはないですが、よくもないので、今は座面クッションに投資してテンピュールのシートクッションを使っています。もうオフィスで数年以上使っていますが全然へたりもせず、生地も破れたりしないという優れもの。

それはさておき、二つの鍵盤がこの状態ではどうにもならない。やはり、ここはエレクトーンスタイルを目指せってことで、KS-101用の二段アダプタAD-25とMIDIケーブルを買い求め2段重ねにし、MOXF6とA-49はMIDIケーブル接続。

20160202002

20160202001

どちらもアマゾンで購入です。

その結果こんな感じですね。

201602030012

このAD-25は価格の割にしっかりしています。が、やはり価格なりだと思うのは工作精度。左右のアームの角度が微妙にちがっているようで、AD-49を載せると脚の長さが微妙に揃っていない椅子のように各ついてしまうことが発覚。

対策としては、百円ショップで売っている食器棚の滑り止めシートをカットしており重ね浮いている部分に挟み込みました。これでバッチリになりましたね。あと、ペダル鍵盤があれば気分だけはエレクトーンです。

« マロン8歳の日 | トップページ | YAMAHA MOXF6にMIDIキーボードA-49をつける »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2段重ね:

« マロン8歳の日 | トップページ | YAMAHA MOXF6にMIDIキーボードA-49をつける »