マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 猫はやっぱり夜行性 | トップページ | 氏家克典さんのDVD »

2016年1月28日 (木)

YAMAHA MOXF6の設置場所

■シンセサイザー YAMAHA MOXF6の設置場所の問題

決して狭くはない我が家(マンション)ですが、雑多なものが溢れてやたら狭くなってしまっている我が家。コンマリ先生にアドバイスいただいたら、相当すっきりするんじゃないかと思いますが、雑物を増やしている一人としてはあまり文句は言えません。

そういうところに、でかくは無いですが、小さくも無いMOXF6(シンセサイザ)がやってきたものだから、さらにややこしいことになりました。

■とりあえずPCコーナー

リビングの窓際の隅に自分のPCデスク(ラック)をおいて自分のコーナーにしていますが、ここはROLANDのA-49という49鍵のMIDIキーボードで手一杯。では新しい道具のYAMAHA MOXF6はどこに置くか。幅やく1mほどと大したものではないですが、いざとなれば意外に場所をとるんですね、これが。

とりあえず、MOXF6はパソコンラックと直角に窓際において、L型のワークコーナーみたいになりました。

その近くにはソファとキャットタワーがあったりして、さらにごちゃごちゃになっています。

20160124001

ごちゃごちゃしているのであまり見せるものじゃ無いですが、まあ、ご愛嬌。ぱっと見は、シンセサイザーとMIDIキーボードとMacがって、いっちょまえのクリエイタースペースであります。(笑)

余談ですが、チェアは、過去安物のプレジデントチェアを二回ほど買って結構すぐにだめになったので、ここは張り込んでオカムラのバロンチェア(ヘッドレスト付きのリクライニングタイプ)です。座面の模様はクッションです。

とにかく、今すぐは無理ですがこりゃなんとかせんといかん。

パソコンデスクは市販にたくさんありますが、DTMデスクってのはないです。普通のキーボードと違ってシンセサイザーはPCの近くに置かないと意味がないので、家庭用キーボードとは訳が違います。さらに、LINE出力やらMIDIやらUSBやらケーブルもいくつか出ますので面倒くさい。

■Home ERECTAで作ってみるアイデア発見

ネットに何か良い例がないかと思って見つけのがこちら。

[BeSIDE APPLE]

http://takabo.net/

こちらの以下の記事です。

[Home ERECTAを活用したDTM机]

http://takabo.net/2010/10/18/home-erecta-dtm-desk/

ブログ筆者のTKB氏はいろいろ工夫をされていて大変参考になります。普通に考えるとキーボードが乗る板をスライディングで収納にしがちですが、それだとがんがん弾いたときに不安定。そこで上のPCキーボードをスライドさせるという、これは目から鱗です。

■問題は設置可能幅

我が家の問題は設置可能幅です。我が家のリビングは壁面が一面しかなくてあとは全部解放部か掃き出し窓だったりします。なので、壁は書棚とテレビ台と私のPC台の奪い合い。

HomeERECTAに限りませんが、この手の組み立て式シェルフのパーツサイズは、幅は60cm、90cm、120cmといった系列の幅しかないこと。一方MOXFが103cm幅なのでそこからいうと120cm幅が適切ですが、設置可能幅が120cmまではとれないんですよね。どう頑張っても20cmはたたき出せません。

■長期戦

シンセとは別に、以前からリビングの壁面をTVも含めた壁面収納にプチ・リフォームというか、模様替えを考えていたのですが、その実行に自分のスペースをどうするかを組み込むのがいいのかもしれません。

というわけで、当面はこの形式で落ち着くのでしょう。

« 猫はやっぱり夜行性 | トップページ | 氏家克典さんのDVD »

音楽(弾く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA MOXF6の設置場所:

« 猫はやっぱり夜行性 | トップページ | 氏家克典さんのDVD »