マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ミキハウスの赤いフォルクスワーゲン | トップページ | MIDIキーボード »

2016年1月14日 (木)

Xperia Z5のバッテリー消費

Xperia Z5に限った話ではなくAndroid端末全般に言えることですが、新たに購入して最初のうちはいじりたおしますので、バッテリー消費が激しいです。当たり前ですね、いじり倒していたらそりゃバッテリーもすぐになくなります。

バッテリー消費という点では、経験的にはiOSデバイスのほうがうまく制御できていて、iPhone 6s plusのバッテリー消費はかなり穏やかす。もちろん派手にゲームとはすれば別ですが、私はゲームはほとんどしないので、感覚的にそんな感じすら受けます。

さて、Android端末のXperia Z5の話。

スマートフォンのXperiaは初めてなので前任機のZ4やZ3と比べるわけにはいきませんが、全体的にはそんなにバッテリーがもたないわけではなく、さりとてこれは凄いってくらい持つわけでもなく、可もなく不可もなくというところです。

Android全般に言えますが、買ってしばらくは冒頭に書いたようにいじり倒しますので、まずは最低でも一週間は様子をみましょう。自分なりに使い方が落ち着いてきます。バッテリー消費を穏やかにする調教はここから始めます。

世間一般でよく言われる対策はGoogle先生に教えてもらってください。余計なアプリは無効化やアンインストール(Xperiaのミニアプリはアンインストールすると復活できないものもあるので、アンインストール前にはGoogle Playで同じものが入手できることを確認するのがベターです)、ウィジットは使わないというのは基本中の基本。ただし、その中でなかなか出会えないようなことを以下に書いていきます。

■Wifiのオン・オフ

Android 5.XではそれまでのバージョンよりはWifi圏外のときのバッテリー消費が抑えられているようです。したがってXperiaでもそれまで搭載されていたWifiエリア連動がなくなっています。しかし、世間にはそれに変わるアプリがあります。

[Wi-Fi Matic - Auto WiFi On Off]
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.cprados.wificellmanager

エリアを判断してWifiをオンオフするアプリはよくありますが、GPSを使うものがほとんどという中でこちらは携帯電話網の基地局のセルIDをつかいます。したがって、このアプリにGPS利用を許可する必要は皆無でGPSのためにバッテリーを余計に消費しません。

自宅や職場などWifiを使いたい場所で記憶させれば、データ通信をオフにしていても携帯電話網で捉えることのできるセルIDを判断して自動的にオンになったり、オフになったりします。常駐しますが、よほどチェック間隔を短く設定しない限りバッテリー消費への影響はほとんど無いようです。

■アプリ毎の大飯食らいのチェック

これまたよく知られていて、どの記事でも書かれている話です。まずはAndroidの電源管理の電池使用量で大飯食らいアプリをチェックします。多くの場合は画面ってのが出てきますので、バックライトの明るさは支障無い程度の暗めがベターです。

これだけではよくわからないので、Battery Mixアプリも併用してみます。

[Battery Mix (バッテリーミックス)]
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.smapho.battery_mix&hl=ja

注意すべきは、このBattery Mixそのものが電池を食いますので、大飯食らい君を突き止めたらアンイスントールすべきソフトです。ずーっと常駐させて使うものではありません。

■Deep Sleep割合のチェック

ここまでは大抵の記事で触れられていますね。Z5の場合は、右下のタスク切替えボタンを押すと全タスク終了ボタンが出てきますので、それでアプリを全部終了させてから、何もしないで一晩放置してみてください。

それでどれくらい減っていますか?電波状態(LTE・Wifi)が良くて6〜8時間程度の放置で着信とか一切なければ数パーセント程度減らないはずです。しかし、それで20%とかそれ以上減るならこれを使ってみてください。

[CPU Spy]
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bvalosek.cpuspy

似たような名前で違うものがありますのでご注意ください。

CPUは使われないときはバッテリー消費を最小限にするために寝ています(Deep Sleep)。このアプリはCPUの稼働状態をチェックします。私のZ5では6時間程度でこんな感じになります。

20160103001

何もしないのに、Deep Sleepの割合が60%とかそれ以下になっているというのは、操作しなくてもバックグラウンドでせっせと働いているアプリがあるということです。残念ながらこの犯人を一発で突き止める手段はありません。

まずは、通知は基本的に全部切る。メールは必要でしょうから、メールアプリと緊急地震速報以外は全部切るのが基本です。

通知を切るというのは、スマホに振り回されない、日常生活の中心をスマホに占拠されないためにも重要です。

交通機関の運行状況は必要ならYahoo!乗換案内アプリとかでチェックすればいいです。雨雲接近などは首都圏ならアメッシュ、あるいはそれ以外ではYahoo!地図アプリで都度チェックすれば済むことです。

とにかく、通知がないと絶対困るものだけに限定します。

通知をやめることでバックグランドで余計な仕事をしなくなるアプリは多くあります。逆に、通知を気軽にオンにしているために、ひたすらバックグラウンドで仕事をします。

また、余計な通知を切ると、スマホに振り回されることも軽減されるはずです。

ここで、悩むのがYahoo!防災速報。これ、いいアプリだとは思います。しかし、何もしない状態でYahoo!防災速報をインストールしていない状態では、前述のとおり自分のZ5ではDeep Sleepが90%以上になるのに、Yahoo!防災速報を入れると10〜10数パーセント増加して、体感的にも明らかにバッテリーの減りが早くなります。現在地連動を切ると多少マシになりますが、明らかにバッテリーを食います。

Yahoo!防災速報ですが、iOS版では入れていても入れていなくてもバッテリー消費状況にほとんど差が出ないようです。少なくともAndroid版のように顕著な差はでないようです。

Yahoo!防災速報は、情報としては役に立ちますが無いと困るものではないので、大抵は前述のようにYahoo!地図アプリの雨雲表示、tenki.jpアプリ、Yahoo!乗換案内アプリで事足ります。

ガンガン使っていてバッテリーが減るのは仕方ないのですが、使ってもいないのにバッテリーが減っていく状態は避けるべきです。そのためにもDeep Sleepの状態チェックは重要です。

使っていないのにバッテリーの減りがひどいという方、ぜひCPU Spyでチェックしてください。

« ミキハウスの赤いフォルクスワーゲン | トップページ | MIDIキーボード »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Xperia Z5のバッテリー消費:

« ミキハウスの赤いフォルクスワーゲン | トップページ | MIDIキーボード »