マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ダメダメのウィンドウ付きカバー SCR42 | トップページ | 日の出 »

2015年12月20日 (日)

Xperia Z5 1週間経過

11日の夕方にMNPで入手したXperia Z5 (au)、1週間経過しての感想など。そこいらのレビューにある、あるいはろくに使いもしないのにレビューみたいなものを書いているメディアとは違う感想をば。

■爆熱ではない(使い方次第でしょうが)

巷ではZ4よりマシだが爆熱であることにかわりない、といった風評が流れているようですが、実際に使ってみると私の使い方ではAQUOS Xx 304SHと大差ありません。ちなみに、動画(4KもHDも)の撮影はしません、動画を見ることもほとんどありません。ゲーム?スマホでゲームはしません。4K動画バリバリ、ぐりぐりゲームバリバリとか使うと知りません、ってか、自分には関係ない、そういう使い方。

■指紋認証は登録にコツが必要

メーカー情報でもあまり有用な情報がなくて、登録や認証がなかなかうまくいかなくて苦労している人は多いのではないでしょうか。iPhone 6s Plus、iPad mini 4ユーザーでもある私は、ついiPhone/iPadの指紋認証と比べてしまい、こりゃつかえねぇ、とか思ってしまいました。

しかし、それは間違い。認識が悪いケースというのは、良くあるのは手洗い直後や汗をかいた湿った指、風呂上がりでふにゃふにゃの指。これらはiPhone/iPadでもまずアウトです。こうした状況でなくても認識できない。それは登録の問題です。

こちらのサイトで紹介されている注意点に気をつけて登録したら、以降ほとんど毎回一発認証でミスなしです。うまくいかなーい、から使っていない!という方、ぜひお試しを。Z5はiPhone/iPadと違ってセンサーが円形ではなく細長いので、少しずつずれて認識させ、指紋パターンを形成させる必要があります。登録時単に同じ箇所をタッチして離して、の繰り返しでは登録はすぐにできたとしても、認識は非常に悪いです。

http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-6388.html?pc

しかし、上記サイトに紹介されている方法で登録すると、認識ミスはほとんどありません。

もっともらしく指紋認証のコツなどを書いているサイトやメディアはたくさんありますが、はっきりいってどれも取説の域を脱していません。そのとおりやってもなかなかうまくいかないという事実を認識していません。使わずに記事を書いている証拠でもあります。ヘルプ通りにやってもかなり認識率が悪いのがZ5の指紋認証。上記サイトを読んでそれに従うと、段違いに認識率アップ。

■FMラジオとテレビの感度は良い

イヤホン・ヘッドホンのコードがアンテナの役割をしますので、それらをつなぐことは必須ですが、感度は良好です。もちろんワイドFM対応で、テレビはフルHD対応です。2年半前にHTC J butterfly HTL21を使っていたことがありますが、FMラジオの感度はイマイチ、テレビ(ワンセグ)に至っては全く使い物になりませんでした。比べちゃいけませんが、そこは元・東京通信工業株式会社、ラジオのソニーです。今でも、ポケットラジオで感度の良いのは間違いなくソニーで、ラジオを買うならソニー一択。その何に恥じない受信感度です。

FMラジオはradikoとちがってパケットを食いません。災害発生時にはスマホの機能に頼らない情報収集手段が必要です。

■おサイフケータイロック

おサイフケータイには初期パスワード(少なくともau版には)がかかっているのは良いとしても、ロック設定の時にもパスワードを聞かれる仕様。他人に勝手に見知らぬパスワードでロックされないような配慮だと思いますので、それはそれで正解。というか、用途を考えるとそうあるべきです。とはいえ、最初は初期パスワードがわからなくて面食らったのも事実。キャリアごとに仕様が違う可能性がありますので、詳細はキャリアのホームページを参照ください。

■バッテリーの持ち時間

スマートフォンのバッテリー持ちは、新機種を購入してすぐに評価しても意味がありません。使わないアプリやウィジットは全て無効化するのは当然です。さらにLollipop以降で新登場となった、Wi-Fi詳細設定の「スキャンを常に実行する」というのがデフォでアクティブになっていますので、これをオフにします。さらに「スリープ時のWi-Fi接続」は充電時は接続維持もしくは接続を維持しない、に設定します。Kitkat以前は使わないときはWi-Fiは切るというのが定説で、実際そうしないとバッテリーの持ちが悪いのは事実です。XperiaではKitkat版にはエリア連動Wi-Fiがありましたのでこれが手間なしで結構よかったですが、Lollipopではなくなった!理由はXperiaのオフィシャルフォーラムに答えがあります。

http://talk.sonymobile.com/t5/Xperia-Z2/Bugs-or-Errated-Choice-about-Lollipop-BALTIC-GENERAL/m-p/959295/highlight/true#M24464

We have made improvements in the Wi-Fi scanning, which made the power saving in Location-based Wi-Fi nearly negligible. Therefore we removed the Location-based Wi-Fi.

こうしたことをいくつか試行錯誤しながら、適宜再起動しておけばだんだん落ち着いてきます。

最初は、なんじゃこの減り方は!という感じでしたが、二日ほど前からは、朝5時過ぎにACから切り離して、昼過ぎになるまでほとんど使わない状態とはいえ、97%くらいでした。これは電波状態に大きく依存しますが、Wi-FiとBluetoothは入りっぱなしです。この状態で会社でフル充電して帰り道に1時間ほどメールやブラウザ、Bluetooth経由でpodcast addictにてNHKニュースを聞いてという状態で4%ほど減りました。同じことをやって買ってすぐのときは10%とか15%減ったので愕然としました。

まだまだ、バッテリー消費は安定しているとはいえませんが、しかし、かなり落ち着いてきました。

バッテリー消費の評価をするなら、Android的には当たり前の対策をした上で、1週間は寝かせないといけませんね(笑)。

■auだとスクリーンショットシェアがある

Androidでスクリーンショットをとるのは、電源(スリープボタン)と音量マイナスボタンの長押しが定番です。他にもアプリがありますが、auだとスクリーンショットシェアというアプリが内蔵されています。これは自分で設定した画面のエッジから中心に向かってなぞると、スクリーンキャプチャができてその場で編集したりコメント入れたり保存したりSNSにシェアしたりできます。

電車の中でスクリーンショットを撮りたいけど、シャッター音がするので盗撮と間違えられても困るので遠慮してできないというケースは多い筈。そういうときの強い見方がスクリーンショットシェアです。

Xperiaなら他にミニアプリでスクリーンショットを取れますが、これはシャッターオンがしちゃいます。

そもそも、スクリーンショットをとるのにシャッター音がするというAndroidの仕様が間違っています。カメラじゃないんだから、音は不要です。

とりあえず、今日のところはこれくらいで。

« ダメダメのウィンドウ付きカバー SCR42 | トップページ | 日の出 »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Xperia Z5 1週間経過:

« ダメダメのウィンドウ付きカバー SCR42 | トップページ | 日の出 »