マロン

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 猫と袋 | トップページ | Z5の指紋認証とおサイフケータイロック »

2015年12月25日 (金)

エリア連動Wi-Fiもどき

XperiaでAndroid 4.Xまで搭載されていた便利な機能「エリア連動Wi-Fi」は、Android 5.Xで亡くなってしまいました。これについては先日書いた通りです。確かに経験的にもLollipopになってから、Wi-Fiの消費電力は改善されているようで、ONのまま1日過ごしても極端にバッテリーの持ちが悪いということはなくなりました。

一方、世の中には野放しのWi-Fiアクセスポイントがあります。まちがってこういうのに接続しないためには、「エリア連動Wi-Fi」が欲しいところ。

探してみたら「エリア連動Wi-Fi」と同様の機能を実現するアプリがありました。その名は「Wi-Fi Matic」です。この手のものでよくあるのはGPS連動です。しかし、バッテリーを考えると無用にGPSはつかたくないのも事実です。「Wi-Fi Matic」はGPSではなく、携帯電話網の基地局のセルIDを使います。

201512200013

最初はダイアログが出てくるので、それにそってぽちぽちとやれば簡単に設定終了です。

どうなるかというと、自宅のWi-Fiアクセスポイントを設定した場合、自宅から離れて携帯電話網でセルIDが違うところになると、Wi-Fiはオフになります。自宅の玄関を出たから直ぐにオフになるわけではありません。感覚的には朝自宅を出て出勤して、駅に着く頃にはオフになっていて、ゴミAPを拾うことはありません。オフィスで使えるWi-Fiがあればそれも登録しておけば、オフィスに近づくとオンになります。GPSで常時監視するわけではないので、バッテリー消費にも優しいです。

おすすめのアプリです。

 

« 猫と袋 | トップページ | Z5の指紋認証とおサイフケータイロック »

Android スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリア連動Wi-Fiもどき:

« 猫と袋 | トップページ | Z5の指紋認証とおサイフケータイロック »