マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Z5のスモールアプリは削除してはいけません | トップページ | Outlook for Android »

2015年12月17日 (木)

モネ展

先週で東京都美術館でのモネ展が終了しました。

無料チケットをいただいていたのをすっかり忘れていて、先週8日に午後半休をとって行ってきました。最終週だからということでしょうか、午後でしたがかなりの人でした。

チケットを持っている人では入場10分待ち、チケットを買う列は長蛇の列でした。

恥ずかしながらここで初めて知ったのですが、モネといえば有名なのは睡蓮。私は倉敷の大原美術館で見ていますが、モネ展も睡蓮が出ている!?と思ったのですが、それは私の無知でして、実はモネは睡蓮をテーマにかなり多くの作品を書いているのですね。睡蓮は睡蓮でも多数あるうちの一枚が大原美術館にあるというわけ。

私の好みとしては、人物より風景とか自然を描いた作品のほうが、モネに限らず好きなんですね。人物画にはあまり興味がない。そんなけで、モネ展でも人物画はさらりと人の頭越しに眺めただけ。ちなみに、自身の好みでいえば、一番好きなのは写実主義の画ですけどね。

驚いたのは、白内障を患っていた晩年のモネの作品。ピーク時の繊細な描写とは全く異なり、太い筆で絵の具を塗りたくった抽象画みたいで、これが家を描いていますと言われても、どこが家なのかわからないくらいです。まあ、正直なところちょっと....でした。

いずれにせよ、かなりの人でゆっくりじっくり鑑賞するのは無理でした。じっくりみたければ、パリ郊外のマルモッタン・モネ美術館に行くしかないですね。モネを見に行って人の頭を見てきましたというのが感想です。残念。

« Z5のスモールアプリは削除してはいけません | トップページ | Outlook for Android »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モネ展:

« Z5のスモールアプリは削除してはいけません | トップページ | Outlook for Android »