マロン

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 本土寺 | トップページ | 老後 »

2015年12月11日 (金)

@niftyのIMAPをOutlook for iOSで使う

今まであまり見向きもしなかったのですが、 Outlook for iOSがいつのまにかかなりバージョンアップしていて、IMAPサーバーも使えるようになりました。

GmailやYahooメールはデフォで簡単設定が可能ですが、IMAPのほうも設定できるようになっていたので、@niftyのメールを設定してみました。しかし、これが一筋縄ではいきませんでした。

ここではセカンドメールを例にとってうまくいった設定を記載します。

<@niftyセカンドメール>

  • アカウント メールアドレス(例:user名@mb*.nifty.com)
  • パスワード 設定したパスワード(パスワードを忘れたら?)
  • IMAPサーバー imap.nifty.com
  • ポート番号 SSL→993 SSLなし→143
  • SMTPサーバー mb*.nifty.com
  • ポート番号  587
これが@nifty側の仕様です。

一方Outlook for iOS側は、受信サーバーと送信サーバーの各々に対して、アドレス、ユーザー名、パスワードはありますが、ポートを設定することができません。ヘルプを見るとサーバーアドレスとポートを設定しろとあります。つまりimap.nifty.com:993のように指定するわけですね。

いろいろトライアンドエラーをやってみて使えたのが、SSLなしの設定です。

  • 受信サーバー:imap.nifty.com:143
  • 送信サーバー:smtp.nifty.com:587

これで進めると、セキュリティが必要なのでログインするかどうかと聞かれます。Outlook for iOSのIMAPはSSLが必要らしいのですが、993番ポートを imap.nifty.com:993 のように指定したのでは受け付けてくれません。

結果的には上記のようにSSLなしの143番ポートを指定して、ログインしますか?というのでログインすると、使えるようになりました。

なんだかよく分からない仕様です。iOSのメールのようにSSLを明示的に指定したほうが良いと思うのですがね。

ちなみに、Outlookの名を冠するだけあって、スケジュール(iPhone上の予定表で表示されているスケジュール、Googleスケジュールも可能)やOneDriveも使えます。ただし、OneDriveはフリーのものだけで、OneDrive for Businessには対応していません。

まあ、しばらく使ってみましょう。

k

« 本土寺 | トップページ | 老後 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

imapを143番ポートにしたら開通しました!!!!

imapは993のままで、smtpを465ポートにしたり、smtpサーバをv6サーバにしたりパスワードを見直したり悩んだのですが、まさかimap:143とは・・・
PC用メータでも他のスマホ用メーラでも、imapサーバに対してはSSLありの993ポート経由接続しかしていなかったので全くの盲点でした。
思い込みって怖いですね。

androidのOutlookでも同じように悩んでいましたがこれでバッチリです。
非常に役立つ情報をありがとうございました。

試行錯誤した結果、このページに辿り着きました。
親切な説明ありがとうございました。

しかしながら、OUTLOOKアプリでは下書きトレイがIMAPに対応していないので
残念ながら標準メールアプリまたはSparkを使用することとなりました。

役立つ情報をありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591413/62819135

この記事へのトラックバック一覧です: @niftyのIMAPをOutlook for iOSで使う:

« 本土寺 | トップページ | 老後 »