マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の32件の記事

2015年12月31日 (木)

2015年最後の日

なんだか、「地球最後の日」みたいなタイトル。

たとえ惑星といえども形あるものはいずれは壊れるという大原則があるので、いずれは地球最後の日もやってくるでしょう。ただ、それは数年とかう範囲じゃないですね、断言はできないけど。

ただ、種としての人類の寿命は地球という惑星の寿命よりはるかに短いはずです。地球にとっては人類なんてのは、単に惑星表面に寄生している生物の一種にしかすぎないので、人類が戦争とか環境破壊で滅亡しようがどうしようが地球そのものからすればどーでも良い話です、ただ他の種を道連れにすべきではないとは思いますが。

まあ、そーゆー話はいいとして、とにかく2015年も終わりです。

今年もいろいろありました。

仕事では10月にようやく田舎勤務から都心勤務になり通勤時間が半減。

モバイルでは、タブレット類を次々更新し、iPad mini 4、iPad Air 2、Xperia Z4 Tabletのラインナップに。ちなみにZ3 Tablet Compactは手放しました。そしてAndroidスマホをSoftBank AQUOS Xx 304SHからauのXperia Z5にMNP。

一体、いくら使った?(古いのは適宜処分していますし、Apple製品はそれなりに落札価格が高いので、もろにこれらを新品で買ったほどの支出はありません)

来年、2016年はモバイル更新の予定はありません。だって、一通り更新しましたからね。

とにかく、2016年も良い年でありますように。大地震がきませんように!

2015年12月30日 (水)

Diamondcrysta RDT231WM

長らく愛用してきた表題の液晶モニターですが、表示は大丈夫なのですが大分前からスイッチ部分がいかれてきました。

Google先生に聞いてみると、このタイプのモニターの持病のようです。画面の下側のエッジに直径3mm程度の小さなスイッチが並んでいて、設定やら入力切替やら電源スイッチとなっています。

このスイッチが接触不良を起こしまして、何度押しても電源が入らないとか切れないとか入力が変わらないとか。さすがに長らくこの状態なのはよろしくなくて、イラついてきますのでついに買い換えました。

モニターって本来は店頭で選ぶべきものだとは思いますが、こうした場所をとるわりに価格がやすいものってのは、利益になりにくいので量販店の店頭でも大した種類がならんでいません。店頭に並んでいるのに限って、ネットの評判がいまいちだったりしますので、油断がなりません。

結局、Amazonや価格.comのレビューを参考に、スペックチェックをしながら買うことになります。私の場合はHDMI入力2系統がMUSTで、スペースの関係で23 〜24インチ(横幅にすると55cm程度)になり、その範囲でスペックが要件を満たすもので、レビュー評価の高いものを選んだらこれになりました。

モニターなんで一回買うと、数年は少なくとも使うはずなので、ケチるべきじゃないですが、さりとて高いものをかってもプロのフォトグラファーで色のキャリブレーションもしないとかでない限りは普通の価格のもので十分です。

また、TVチューナーなんざ不要です。必要ならネットワーク接続タイプのPixelaの地デジチューナーとか使えば良いです。むしろこのほうが録画もできるしネットでタブレットでも見ることができるのでずっと良いです。またスピーカーも不要。所詮モニター内蔵のスピーカーなんて音が出る程度なので、ONKYOのPC用スピーカーとか使う方がずっと良いです。

あと、使うのをお勧めしたいのがモニターアーム。机の上が格段に広く使えますし、地震対策としても最強です。私が使っているのはエルゴトロンのものですが、作りが頑丈で自由度が非常に高いのでオススメです。

想像する以上に便利で机の上が広くなるのでオススメです。モニターの台(足)って結構場所をとりますからね。

2015年12月29日 (火)

一足速い福袋

一足速い福袋が先日届きました。

知る人ぞ知る「Eddie Bauer」の福袋です。

会員向けの先行予約で予約しそこなったので、一般のネット予約で予約をしまして、先日届きました。

201512260013

これですね、これ。

201512260023

肝心の中身は....まだ内緒です。

だって、店頭販売は年明けからなのに、買っていない方のワクワク感がなくなりますからね。

福袋というと、使えるものが1点くらいであとは「うーん」ってのが入っていることが多いのですが、Eddie Bauerのものはイイです。調べてみると、例年、ダウンジャケット1着(Eddie Bauerのダウンなので品質が良い)、セーターかカーディガンが1着、カジュアルシャツが1着、Tシャツが1着です。

まあ、今年もそうなんでしょうね。今年はどんなダウンかしら?

店頭販売されたころに中身記事をアップします。

2015年12月28日 (月)

au 共通ACアダプタ05

今使っているAndroidはXperia Z4 TabletとXperia Z5です(Z3 Tablet Compactは使用頻度も低いので手放しました)が、これらはいずれもQuick Charge 2.0に対応しています。

USBからの充電は通常は5Vでの充電になりますが、Quick Charge 2.0に対応したスマホやタブレットと、Quick Charge 2.0の充電器を使うと従来以上の高速充電が可能になります。汎用品ですといくつか出ていますが、個人的に信頼度が高いと思うのはANKER製のものです。au純正品ですと、Z4 TabletやZ5用として共通ACアダプタ05というのがあります。auのWebサイトには書かれていないようですが、Quick Charge 2.0対応のACアダプタです。

20151226001

auショップやヨドバシ、アマゾンなどで購入できます。何を今更純正のACアダプタ...って思うかもしれませんが、Quick Charge 2.0対応のケーブルや充電器を買うよりは、ケーブル一体型のこれを買う方が安いですし、Quick Charge 2.0非対応の機器には普通の5VのUSB充電器として機能しますので結構便利だと思います。

20151226002

比較対象がないのでこれだと大きさがわかりにくいですが、ちょっと大きめです。共通ACアダプタ03 (5V 1.0A)と比べるとこんな感じです。

201512260012

201512260022

大きさもさることながら、厚みが倍くらいあります。

20151226003

ちょっとわかりにくいですが、出力はDC5.0V 1.8A / DC9.0V 1.8A / DC12.0V 1.35AとQuick Charge 2.0のスペックそのものです。

実際にZ5で使ってみました。面倒なので時間とか計っていませんが、普通の2.4Aの充電器より速いですね。Quick Charge 2.0対応のXperiaをお持ちなら一つ買って損はないです。

大容量の充電器を使っているのに充電が遅い!と感じる方は多いと思いますが、ケーブルをケチって百均のものとか使っていませんか?ケーブルは重要で繋がっていれば良いというものではありませんので、Quick Charge 2.0対応でなくても、大容量の充電器と高速充電対応の充電専用ケーブル(やすいところでも700円前後はします)を使うと見違えるように速くなる「かも」しれません。

続きを読む "au 共通ACアダプタ05" »

2015年12月27日 (日)

7〜8インチ Androidタブレット遍歴

今更何を、って感じですが、タブレットといえば、7〜8インチの携帯に便利なタイプと、10インチクラスの見易さを武器にしたものがあります。

7〜8インチタブレットは結構いろいろ使ってきましたので、2015年の締めもかねてこのあたりで振り返ってみましょう。

■Google Nexus 7 Wifi (2012年10月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/nexus_7/index.html

初めてののAndroid 7インチクラスタブレットです。Googleから買ったWifiモデルです。CPUはNVIDIA Tegra 3 Quad-core 1.3GHzということで当時としては結構速いほうで、Android 4.1がインストールされて結構スイスイでしたね。ただ、当時のiPadと比べてみるとiPadのほうがスムーズに動いたように記憶しています。ただ、いかんせん作りがチープです。

■Google Nexus 7 Wifi+3G (2013年5月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/google-nexus-7-.html

WifiモデルのNexus 7を使って思ったのが、やはりモバイルデバイスは持ち出したときにどこでも通信できないと意味がないということ。モバイルアクセスは可能になりましたが、作りは同じくチープです。

■Google Nexus 7 (2013) LTE (2013年9月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/nexus_7/index.html

2012モデルのNexus 7は1280x800ピクセルのWXGAディスプレイでしたが、2013年モデルになって1920×1200ピクセルのFHDになりました。さらに3GからLTEになりましたが、チープさはNexusシリーズの伝統。結局この年のうちに手放しました。Google Nexusシリーズは自分にはあっていないってのがよくわかりました。

■HP Slate 7 Extreme (2014年3月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/hp-slate7-extre.html

Googleは2013年版のNexus 7を最後に7インチクラスのタブレットから手を引いてしまったようです。私もNexus 7(2013)を2013年末に手放してしばらくはiPad系ONLYでした。しかし、あるひ量販店で、HP Slate 7 Extremeを何気なく触って驚いたのがこのスタイラス(Direct Stylus)。非常にフィーリングがよく滑らかでお絵描きもバッチリ。microSDカードも使えます。ただ、回線のないWifiモデルしかなく、画面は1280x800とスペック交代。気に入ってはいましたが、いかんせん、回線がないからWifiルーターを使わないと自宅外ではつかえませんが、いちいちめんどくさいってことで、ほどなくベッドサイド専用タブレットになりました。ベッドサイドタブレットとしては、ランドスケープ(横長)に持った時にスピーカー開口部が左右にあり、自宅の録画チューナーで撮った映画などを見るには実に調子良いのです。

■ASUS MeMO Pad 7 (ME572CL) (2015年3月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/asus-memo-pad-7.html

やはりモバイルデバイスには回線必須でしょっていうのと、Slate 7の解像度が1280x800なのがイマイチでして、SIMフリーのASUS MeMO Pad 7を購入。これが気に入ったのはそのデザイン。シャンパンゴールドのボディが上品ですごくいい。このボディカラーに惚れたといっても過言ではありません。

■NVIDIA SHIELD TABLET (2015年4月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/nvidia-shield-t.html

ボディカラーに惚れたといいつつ、ちょっと浮気してみたのがNVIDIA SHIELD TABLETです。グラフィックコントローラーでは有名なNVIDIA社初のタブレット。ゲーミングタブレットという位でSoCはNVIDIA Tegra K1で3Dゲームがバリバリ動きます。さすがといわざるをえないグラフィックパワーです。が、しかし、届いた翌日には電源が入らなくなり充電も終わらなくなり、Amazonのカスタマサポートに連絡をとって交換してもらいました。パワーがありますのでバッテリー駆動時間は短いですしLTE対応でもないWifiモデルなのですが、その圧倒的なグラフィックパワーで唯一無二の存在感がありました。それが1ヶ月半くらいして、最初に届いたものと同じく電源が入らなくなり、さすがに我慢できずAmazonのカスタマーサポートに相談して返品となりました。日本の販売店と違って、カスタマサポートにはかなりの権限が与えられているようで、初期不良交換タイミングはすぎてますが、さすがに同じ故障が連続するということで快くAmazonの側から返品の申し出ていただけました。残念な機種です。この間、もちろんME572CLは継続利用していました。

■SONY Xperia Z3 Tablet Compact (Wifi)SGP612(2015年6月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/sony-xperia-z3.html

SHIELD TABLETが散々でしたが、やはりSoCはパワーがあってスイスイ。こいつのあとにME572CLをさわるとのっそりしているように感じて仕方ない。またぞろ悪い虫が湧いてきて、いろいろ調べ始めて手を出したのが初めてのXperiaです。8インチタブレットでSnapdragon 801使用ですーいすい。これが実にいい。買ってから知ったのですが、FMチューナー内蔵ですし、SONYの対応イヤホンを使えばノイズキャンセリング機能もWALKMAN同様に使えます。さすがSONY。なによりCMもなったあの防水性能です。実際に水がかかるシチューエーションではつかっていませんが安心感があります。ただ、残念なのはWifiモデルしかないことでした。

■SONY Xperia Z3 Tablet Compact (GLOBAL LTE+Wifi)SGP621(2015年7月)

http://aichanworld.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/xperia-z3-table.html

SGP612があまりに具合がよいので、なんとかLTEも欲しいと思っていて見つけたのが海外版のLTE対応SGP621です。調べてみるとLTEのバンド対応も日本のキャリアに対応しています。しかし、海外版=技適認証がない=国内で使うと違法端末、になるよなぁと半ばあきらめ。ところが、どっこい、調べてみると、海外モデルのくせに技適認証を取得しています。国内で販売する計画でもあったのかもしれません。Amazonマーケットプレイスで扱っている業者を見つけて購入。もちろん輸入品なので日本のソニーの修理サービスや保証は受けらえません。結局、このグローバル版Z3 Tablet Compactが今まで使った7〜8インチのAndroid Tabletでは一番気に入ったものでした。

かくして今に至る...です。

2015年12月26日 (土)

Z5の指紋認証とおサイフケータイロック

Z5の指紋認証はセンサーが細長いので登録にはコツがあり、それをクリアして登録すれば、湿った汚れた指やセンサーの汚れ、風呂上がりのふにゃ指でない限り、認証はワンタッチでOKになります。

Xperia Z5で導入されたせっかくの指紋認証なのに、現時点では使えるのはロック解除だけです。

それだけでもいいじゃん、ってのはありますが、愛機iPhone 6s Plusのほうは、ロック解除だけではなくて、アプリのほうも対応してきています。EvernoteやAmazonアプリがその筆頭です。

iOSの場合は、Androidのように機種ごとに異なる仕様ではないため、アプリケーションベンダーにすれば、iOS対応という一種類の対応だけで済むわけです。しかし、ハードウェアやOSのバリエーションが一機種ずつことなるAndroidではこうした対応は不可能で、機種ごとに対応を迫られます。Android OS自身がネイティブ対応した機能でない限り機種共通機能になる見込みはありません。これはAndroidの特徴でもあり大きな欠点でもあります。

そこでタイトルの話題。せっかく指紋認証がついているのに、他に使われていない。現実的にGoogleに頼らず、SONYで解決できそうなのが、指紋認証の自前アプリや自前機能への応用です。それが、おサイフケータイロック機能。

現在でもArrowsの一部機種で搭載されている指紋認証を、おサイフケータイロックのPINの代わりに使うことができます。おサイフケータイはロックしたいと思うけれど、そのためにいちいちPINとか入れるのも面倒、というのが多くの方の感想でしょう。私もそう思います。

せっかく、指紋認証があるのですから、せめておサイフケータイロックとかには使えるようにして欲しいですね。これはファームアップデートで解決出来る話なので、SONYには是非対応を望みたいです。Android 6.0が出ても、おサイフケータイはAndoridのネイティブ機能ではないですから。

2015年12月25日 (金)

エリア連動Wi-Fiもどき

XperiaでAndroid 4.Xまで搭載されていた便利な機能「エリア連動Wi-Fi」は、Android 5.Xで亡くなってしまいました。これについては先日書いた通りです。確かに経験的にもLollipopになってから、Wi-Fiの消費電力は改善されているようで、ONのまま1日過ごしても極端にバッテリーの持ちが悪いということはなくなりました。

一方、世の中には野放しのWi-Fiアクセスポイントがあります。まちがってこういうのに接続しないためには、「エリア連動Wi-Fi」が欲しいところ。

探してみたら「エリア連動Wi-Fi」と同様の機能を実現するアプリがありました。その名は「Wi-Fi Matic」です。この手のものでよくあるのはGPS連動です。しかし、バッテリーを考えると無用にGPSはつかたくないのも事実です。「Wi-Fi Matic」はGPSではなく、携帯電話網の基地局のセルIDを使います。

201512200013

最初はダイアログが出てくるので、それにそってぽちぽちとやれば簡単に設定終了です。

どうなるかというと、自宅のWi-Fiアクセスポイントを設定した場合、自宅から離れて携帯電話網でセルIDが違うところになると、Wi-Fiはオフになります。自宅の玄関を出たから直ぐにオフになるわけではありません。感覚的には朝自宅を出て出勤して、駅に着く頃にはオフになっていて、ゴミAPを拾うことはありません。オフィスで使えるWi-Fiがあればそれも登録しておけば、オフィスに近づくとオンになります。GPSで常時監視するわけではないので、バッテリー消費にも優しいです。

おすすめのアプリです。

続きを読む "エリア連動Wi-Fiもどき" »

2015年12月24日 (木)

猫と袋

ダンボール箱は猫の大好きお道具の一つですが、もう一つ、猫の習性から入らずにはいられないのが袋です。

20151215001_2

この袋、妻が何かを入れようとしてリビングに置いておいたら、いつのまにやらマロンが入って、当初の予定通りに袋を使えなくなってしまったそうです。

こういうケース、猫飼いさん家ではありがちだと思います。

捨てようとおもってちょっと置いた段ボールに猫が入ってお気に入りになってしまい捨てられなくなったとか。

この袋、今しばらくはリビングにあることになりますね。邪魔なんですが(笑)、仕方ない。

2015年12月23日 (水)

猫と段ボール

室内猫飼いさん家には、ほぼ間違いなくあるのが猫お気に入りの段ボールの箱。そして端っこは猫が噛みちぎってガジガジになっています。どんな高級な猫で、無名のMIXでも、これは同じ。

201512200012

ちなみに、この箱、Yodobashi箱です。何を買った箱だろう?注文履歴をみてもいまいちピンときません。

マロンの場合、箱の面積も重要ですが、それ以上に箱の高さが重要なようで、箱の中に丸まって寝たときに、顎が箱の縁に乗せられる高さがお好みのようです。なので、あまり深い箱は一度は入っても、その後のお気に入りにはなりません。

かなりボロくなってきたので次に適当な箱がきたら、と思いますが、これがなかなか適当な大きさが来ないんですね。

もう少しお待ちなさい、マロンちゃん。

2015年12月22日 (火)

デジタルノイズキャンセリングヘッドセット MDR-NC31EM

Xperia Z5, Z4 Tablet, Z3 Tablet Compactが私の手にあるXperiaファミリのスマートフォンとタブレット2種ですが、これらにはいずれもハイレゾ、デジタルノイズキャンセリング機能が内蔵されており、専用のヘッドホンを使うことでそれらを利用することができます。このあたりは流石WALKMANのソニーです。

一方で私の愛用するWALKMANで今は製造終了しているNW-M505というのがあり、これはハイレゾ非対応ですが、デジタルノイズキャンセリング対応であり、特筆すべきはスマートフォンのBluetoothハンドセット機能も内蔵していて、単体でのFMチューナーも内蔵というてんこ盛り仕様であること。後にも先にもこの多機能さはこのモデルだけです。

それはともかくXperia Z5, Z4 Tablet, Z3 Tablet Compactでデジタルノイズキャンセリグを使う為には、MDR-NC31EMが必要とされています。ハイレゾ&デジタルノイズキャンセリング対応ならMDR-NC750が必要です。

ハイレゾはとりあえずパスするので、MDR-NC31EMを購入しました。量販店ではみかけないのでソニーストアでクーポン利用です。

20151219001

20151219002

見た目は、NW-M505付属ヘッドホンと同じですので、比べてみます。

20151219003

左がM505付属、右がNC31EM。どちらがどちらかわからないですね、というか、少なくとも外観は全く同じです。

20151219004

ユニット背面のプリントもSONYロゴでWALKMANロゴではありません。プラグはどちらも5極です。

20151219005

これ以外ではWALKMAN用としてMDR-NWNC33というのがあります。これも5極プラグのデジタルノイズキャンセリグ対応で、違いはケーブル長です。

WALKMAN用のMDR-NWNC33は60cmケーブルに50cmの延長ケーブルがついており、Xperia用のMDR-NC33EMのほうは1mの長さです。ケーブル長以外は同じ(はず)なので相互に使える(はず)でしょう。

ただ、実際のシーンを考えると、WALKMANはほとんどポケットかバッグの中に入っており胸ポケットなら60cmで必要十分、バッグなら50cmの延長。しかし、スマートフォンを60cmのケーブルで使うのは厳しい。Xperiaのイヤホンは上側にあるので、スマートフォンとして使いながら音楽を聴くには、下側にイヤホンジャックがあるWALKMANに比べてさらに余分に長さが必要です。

価格的にはMDR-NWNC33のほうがお安い(なぜなら量販店やアマゾンで売っているので)ので、ケーブルの長さ云々を言わなければMDR-NWC33のほうが1,000円ほど安く買えます。逆にMDR-NWNC33が対応しているWALKMANで、延長無しで1mケーブルが欲しければ、MDR-NC31EMをソニーストアで買えばよろしい。

また、MDR-NC31EMは白と黒しかありませんが、MDR-NWNC33ならそれに加えてブルー、ビビッドピンク、ライトピンクがありますので、特に女性にはうれしいかもしれません。

ちなみに、Xperia Z5ではデジタルノイズキャンセリング対応のMDR-NC31EMやMDR-NWNC33といったイヤホンを有線で接続するより、MDR-MDR-ZX770BN(Bluetooth+ヘッドホン単体でのデジタルノイズキャンセリング)やMDR-EX31BN(Bluetoothヘッドホン+単体でのデジタルノイズキャンセリング機能、ヘッドセット機能)を使ったほうが、バッテリー消費はやや少ないです。しかし、Bluetoothヘッドホンでは、アンテナ代わりのケーブルがないので、Xperia Z5の内蔵テレビやFMラジオを使うことはできません。そういうわけでどちらも痛し痒し。

ちなみにキャリア版のZ4 TabletにはTVチューナーが内蔵されています(Wi-Fi版にはありません)が、こちらのほうは本体がでかいので内蔵アンテナだけでいけるようで、何もささなくても本体だけでTVを見ることができます。しかし、内蔵FMラジオのほうはアプリ側でイヤホンジャックにケーブルがささっているかどうかチェックされていて、イヤホンが刺さっていないとFMラジオは使えません。

余談ですが、Z4のキャリア版では通話機能がついていますので、ヘッドセットを使えばZ4で通話もできます。さすがに10インチタブレットを耳にあてて通話するのは無理だと思いますが(笑)。

2015年12月21日 (月)

日の出

日曜日朝の写真ですが、時刻は7時前です。この時期だと日の出が遅いので、7時前くらいでちょうどいい感じのグラデーション。

20151220001

太陽は丁度ビルの向こう側ですね。

ビルに後光が差している感じ(笑)。

2016年もあと10日です。今年もいろいろありましたが、家族が健康に過ごせたことが一番嬉しいことです。

2015年12月20日 (日)

Xperia Z5 1週間経過

11日の夕方にMNPで入手したXperia Z5 (au)、1週間経過しての感想など。そこいらのレビューにある、あるいはろくに使いもしないのにレビューみたいなものを書いているメディアとは違う感想をば。

■爆熱ではない(使い方次第でしょうが)

巷ではZ4よりマシだが爆熱であることにかわりない、といった風評が流れているようですが、実際に使ってみると私の使い方ではAQUOS Xx 304SHと大差ありません。ちなみに、動画(4KもHDも)の撮影はしません、動画を見ることもほとんどありません。ゲーム?スマホでゲームはしません。4K動画バリバリ、ぐりぐりゲームバリバリとか使うと知りません、ってか、自分には関係ない、そういう使い方。

■指紋認証は登録にコツが必要

メーカー情報でもあまり有用な情報がなくて、登録や認証がなかなかうまくいかなくて苦労している人は多いのではないでしょうか。iPhone 6s Plus、iPad mini 4ユーザーでもある私は、ついiPhone/iPadの指紋認証と比べてしまい、こりゃつかえねぇ、とか思ってしまいました。

しかし、それは間違い。認識が悪いケースというのは、良くあるのは手洗い直後や汗をかいた湿った指、風呂上がりでふにゃふにゃの指。これらはiPhone/iPadでもまずアウトです。こうした状況でなくても認識できない。それは登録の問題です。

こちらのサイトで紹介されている注意点に気をつけて登録したら、以降ほとんど毎回一発認証でミスなしです。うまくいかなーい、から使っていない!という方、ぜひお試しを。Z5はiPhone/iPadと違ってセンサーが円形ではなく細長いので、少しずつずれて認識させ、指紋パターンを形成させる必要があります。登録時単に同じ箇所をタッチして離して、の繰り返しでは登録はすぐにできたとしても、認識は非常に悪いです。

http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-6388.html?pc

しかし、上記サイトに紹介されている方法で登録すると、認識ミスはほとんどありません。

もっともらしく指紋認証のコツなどを書いているサイトやメディアはたくさんありますが、はっきりいってどれも取説の域を脱していません。そのとおりやってもなかなかうまくいかないという事実を認識していません。使わずに記事を書いている証拠でもあります。ヘルプ通りにやってもかなり認識率が悪いのがZ5の指紋認証。上記サイトを読んでそれに従うと、段違いに認識率アップ。

■FMラジオとテレビの感度は良い

イヤホン・ヘッドホンのコードがアンテナの役割をしますので、それらをつなぐことは必須ですが、感度は良好です。もちろんワイドFM対応で、テレビはフルHD対応です。2年半前にHTC J butterfly HTL21を使っていたことがありますが、FMラジオの感度はイマイチ、テレビ(ワンセグ)に至っては全く使い物になりませんでした。比べちゃいけませんが、そこは元・東京通信工業株式会社、ラジオのソニーです。今でも、ポケットラジオで感度の良いのは間違いなくソニーで、ラジオを買うならソニー一択。その何に恥じない受信感度です。

FMラジオはradikoとちがってパケットを食いません。災害発生時にはスマホの機能に頼らない情報収集手段が必要です。

■おサイフケータイロック

おサイフケータイには初期パスワード(少なくともau版には)がかかっているのは良いとしても、ロック設定の時にもパスワードを聞かれる仕様。他人に勝手に見知らぬパスワードでロックされないような配慮だと思いますので、それはそれで正解。というか、用途を考えるとそうあるべきです。とはいえ、最初は初期パスワードがわからなくて面食らったのも事実。キャリアごとに仕様が違う可能性がありますので、詳細はキャリアのホームページを参照ください。

■バッテリーの持ち時間

スマートフォンのバッテリー持ちは、新機種を購入してすぐに評価しても意味がありません。使わないアプリやウィジットは全て無効化するのは当然です。さらにLollipop以降で新登場となった、Wi-Fi詳細設定の「スキャンを常に実行する」というのがデフォでアクティブになっていますので、これをオフにします。さらに「スリープ時のWi-Fi接続」は充電時は接続維持もしくは接続を維持しない、に設定します。Kitkat以前は使わないときはWi-Fiは切るというのが定説で、実際そうしないとバッテリーの持ちが悪いのは事実です。XperiaではKitkat版にはエリア連動Wi-Fiがありましたのでこれが手間なしで結構よかったですが、Lollipopではなくなった!理由はXperiaのオフィシャルフォーラムに答えがあります。

http://talk.sonymobile.com/t5/Xperia-Z2/Bugs-or-Errated-Choice-about-Lollipop-BALTIC-GENERAL/m-p/959295/highlight/true#M24464

We have made improvements in the Wi-Fi scanning, which made the power saving in Location-based Wi-Fi nearly negligible. Therefore we removed the Location-based Wi-Fi.

こうしたことをいくつか試行錯誤しながら、適宜再起動しておけばだんだん落ち着いてきます。

最初は、なんじゃこの減り方は!という感じでしたが、二日ほど前からは、朝5時過ぎにACから切り離して、昼過ぎになるまでほとんど使わない状態とはいえ、97%くらいでした。これは電波状態に大きく依存しますが、Wi-FiとBluetoothは入りっぱなしです。この状態で会社でフル充電して帰り道に1時間ほどメールやブラウザ、Bluetooth経由でpodcast addictにてNHKニュースを聞いてという状態で4%ほど減りました。同じことをやって買ってすぐのときは10%とか15%減ったので愕然としました。

まだまだ、バッテリー消費は安定しているとはいえませんが、しかし、かなり落ち着いてきました。

バッテリー消費の評価をするなら、Android的には当たり前の対策をした上で、1週間は寝かせないといけませんね(笑)。

■auだとスクリーンショットシェアがある

Androidでスクリーンショットをとるのは、電源(スリープボタン)と音量マイナスボタンの長押しが定番です。他にもアプリがありますが、auだとスクリーンショットシェアというアプリが内蔵されています。これは自分で設定した画面のエッジから中心に向かってなぞると、スクリーンキャプチャができてその場で編集したりコメント入れたり保存したりSNSにシェアしたりできます。

電車の中でスクリーンショットを撮りたいけど、シャッター音がするので盗撮と間違えられても困るので遠慮してできないというケースは多い筈。そういうときの強い見方がスクリーンショットシェアです。

Xperiaなら他にミニアプリでスクリーンショットを取れますが、これはシャッターオンがしちゃいます。

そもそも、スクリーンショットをとるのにシャッター音がするというAndroidの仕様が間違っています。カメラじゃないんだから、音は不要です。

とりあえず、今日のところはこれくらいで。

2015年12月19日 (土)

ダメダメのウィンドウ付きカバー SCR42

SoftBank SHARP AQUOS Xx 304SHから、au SONY Xperia Z5にMNPしてちょうど一週間たちました。

1週間経った感想は別の記事にするとして、今回はソニーストアで販売されている純正のウィンドウ付きカバーSCR42を買ったのでそのレビューです。

Main point firstでいくと、「ダメダメなケース」の筆頭です。

■ダメ理由1:値段の割に安っぽい

税込で5,400円もするのに、軽量を目指したせいでしょうか、材質はポリウレタンとポリカーボネート(窓部分はアクリル)で、ペロンペロン。TPUと比べると確かに肉薄ですが、保護性能はほとんど期待できません。ただ、純正だけあって、ボディカラーと非常によく合います。見てくれ重視な人には好適。

■ダメ理由2:側面保護はできない

X5用は本体の四隅をポリカーポネートの爪で抑え込むタイプで、四隅と上面以外は全て空いています。フラップのある側が空いているのはいいとしても、閉じた時に外部に出る右側とした側はスカスカで、この部分に硬いものがあたって傷を防ぐことは不可能です。

■ダメ理由3:フラップがバッグの中などで空いてしまいスリープから覚める

タブレットのブック型ケース、代表的なのはiPadの純正スマートケースですが、フラップが本体にマグネットでピタリと張り付き、フラップを閉じると画面オフ、開くと画面オンになります。タブレットでは当たり前の機能ですが、これがX5にSCR42を使うと可能になります。つまり、フラップを開くと無条件で画面がオンになります。タブレットと違うのは、フラップが自分で画面に張り付くほどの磁力がないこと。つまりフラップは閉じても画面にぴたりと張り付かず、微妙に浮いている状態になり、フラップを下側にしただけで簡単にフラップが自重で開いてしまい画面オン!これがバッグの中だと、特に女性だと、何か小物などにフラップの縁があたったりしていつのまにやら画面がオンになり、それを繰り返してバッテリー浪費。だめだ、こりゃ。

■ダメ理由4:本体を咥え込む力が緩い

四隅のポリカーポネートの爪で本体をカバーに装着しますが、これが結構緩い。簡単にはずれちゃいます。なので、落としたりしたらほぼ間違いなくカバーと本体が分離して、何のためのカバーだからわからなくなります。さらいダメ理由3で書いたように、フラップが本体に密着しないので、フラップなしのカバー装着と同じで液晶面保護機能は絶望的。

■ダメ理由5;ウィンドウでできることで実用的なものはない

NFCでリンクすると、フラップを閉じた時にウィンドウ対応ウィジットが起動するようですが、これで役に立ちそうなものはほとんどないです。狭っちいウィンドウでちまちまやるより、とっととフラップをあけてメイン画面でやったほうがずっと使いやすいです。無駄!ウォジットもリソースとバッテリーの無駄。

というわけで、無駄遣いでした。

悩んでいる人、買わないほうが無難。5,400円の無駄使いを喜べる人は別です。

Webの記事には褒めている紹介記事が多すぎるのは、一体それらのメディアはソニーからいくらもらっているのかしら?って感じです。

以上、ネガティブレビューでした。

本当はいいところも書きたかったのですが、なかったのですよ、いいところが。

2015年12月18日 (金)

Outlook for Android

先日はOutlook for iOSのことを書きましたが、Androidが304SHからau Z5になったので、Outlook for Androidを試してみました。

設定のわけわからなさ、融通の利かなさはiOSと同じ。まったくひどい出来映えです。さすがモバイル経験が少ないMicrosoft謹製です。この調子だと実用性がかなり疑問な予感。

そしてインストールして主なアカウントを設定。相変わらず項目数が少ないわりには必要な項目まで存在しない(SSL/TLSの選択など)がないのでわけわかめのトライアンドエラー。使用感はiOS版と同じです。

しかし、Android版のほうはさすがMicrosoft謹製、電力資源節約が重要なモバイルのことを考えてもいないのはFacebookアプリと同じ。二日ほど使ってみましたが、結局アンインストールしました。理由はバッテリー消費。スリープ中は余計なものが動かないようにチューニングしてきました。そして一晩放置後にバッテリー消費アプリを見ると、ダントツでOutlookが消費!うわ!

一方で、Android 5.1.1になって標準メールもかなり使いやすくなっています。なので、標準メールにアカウントをセットしてこちらを使うことにしました。Android 4.Xの標準メールは304SHではゴミ箱のメールをまとめて削除できない(ゴミ箱を空にする機能がない、まとめて選択する機能がない)のでダメダメでしたが、5.1.1では使えます。

それにしてもOutlook for iOS/Androidの作り・使い勝手はなぜあんなにひどいのか?Google Playのレビューも散々ですね、こりゃひどいソフトのトップクラス。さすがMicrosoftのモバイルソフト、経験無さすぎ、ユーザーのこと考え無さすぎ。iOS版のほうもApp Storeでの評価は散々です。PC版のOffice 365のOutlookだってかなり酷い作りで使いにくいことったら!ただPC版のほうは会社の環境でExchangeだからこれじゃないとどうにもならないので、仕方なく使っていますが、選べるなら使いたくないソフトの筆頭です。

嫌いです、Microsoft。

2015年12月17日 (木)

モネ展

先週で東京都美術館でのモネ展が終了しました。

無料チケットをいただいていたのをすっかり忘れていて、先週8日に午後半休をとって行ってきました。最終週だからということでしょうか、午後でしたがかなりの人でした。

チケットを持っている人では入場10分待ち、チケットを買う列は長蛇の列でした。

恥ずかしながらここで初めて知ったのですが、モネといえば有名なのは睡蓮。私は倉敷の大原美術館で見ていますが、モネ展も睡蓮が出ている!?と思ったのですが、それは私の無知でして、実はモネは睡蓮をテーマにかなり多くの作品を書いているのですね。睡蓮は睡蓮でも多数あるうちの一枚が大原美術館にあるというわけ。

私の好みとしては、人物より風景とか自然を描いた作品のほうが、モネに限らず好きなんですね。人物画にはあまり興味がない。そんなけで、モネ展でも人物画はさらりと人の頭越しに眺めただけ。ちなみに、自身の好みでいえば、一番好きなのは写実主義の画ですけどね。

驚いたのは、白内障を患っていた晩年のモネの作品。ピーク時の繊細な描写とは全く異なり、太い筆で絵の具を塗りたくった抽象画みたいで、これが家を描いていますと言われても、どこが家なのかわからないくらいです。まあ、正直なところちょっと....でした。

いずれにせよ、かなりの人でゆっくりじっくり鑑賞するのは無理でした。じっくりみたければ、パリ郊外のマルモッタン・モネ美術館に行くしかないですね。モネを見に行って人の頭を見てきましたというのが感想です。残念。

2015年12月16日 (水)

Z5のスモールアプリは削除してはいけません

Xperiaにはスモールアプリという便利なものが存在しています。何かしながら別のことを画面きりかえすることなく行う、もちろん限定された範囲ですが、これが結構便利。

たとえば、地図とかみていて、ちょっとGoogle検索したいときにアプリを切り替えることなく、ミニブラウザーがウィンドウのようにポップアップするので、そこでちょいちょい。きめられたアプリだけではなくウィジットをスモールアプリとして登録することもできます。

そんな便利ものですが、使わないからストレージ節約に削除!とかしてしまう人がいるかもしれませんが、ちょっと待った。これはファームウェア内蔵アプリではないので、無効化ではなく削除しかできなくて、削除するとオリジナルはGoogle Playからダウンロードできません。オフィシャルにはどこでも提供されていません。なので、Xperiaのスモールアプリは使わないからといって削除するのは早計です。万一削除してしまったら、ぐぐってみてください。情報がみつかります。私はブラウザ(スモールアプリ)をこれで復活させました。

内蔵アプリ無効化はいいですが、アンインストールはよく調べてからやりましょう。同じものがダウンロードできることを確認してから、ですね。本当に絶対使わないのならアンイストールして永遠に決別もありでしょうけど....。

2015年12月15日 (火)

au Xperia Z5にMNPしました

私のスマートフォンのメインは言うまでもなくiPhone 6s plus(128MB, SoftBank)です。もう一つAndroid端末がありまして、これも取っ替え引っ替えいろいろ使っていますが、SoftBankとauをMNPで行ったり来たりです。

直近では、SoftBank SHARP AQUOS Xx 304SHを使っていました(SoftBank的には302SHですが、白ロムの新品同様304SHを入手したのでそれを使っていました)が、来春3月が2年縛りの更新月。次の機種変更ではXperia Z5と決めていまして、キャリアはまずdocomoを除外。自分の使い方と環境では高いだけでメリットなし。それになんといってもdocomoモデルは、超ダサいdocomoロゴが必ず入っているので、これまた論外。

機種変更よりMNPのほうがいろいろ安くなるのが今現時点での常識なので、自動的に次はauのZ5となります。あとはタイミングだけ。

最初は3月だとZ6とか出るんじゃないかと思っていましたが、どうも発表が3月で販売は6月とかそのあたりという噂。それでは3月を外していまい解約料がかかります。

au Z5へのMNPは今年中がお得

一方、auの乗り換え特典をみてましょう。自分の場合機種代分割という選択肢は全く頭にありません。一括で買えないなら買いません。それはともかく、機種変更や新規契約の機種代は89,640円。これがMNPだと73,440円と16,200円割引になります。これも安倍首相のケータイ高すぎの一声でこの先どうなるかわかりません。また1月12日までの申し込みに限りデータ定額5VへのMNPだと1年間毎月800円割引で、都合9,600円の実質割引。また12月31日までであれば、MNPでは他社Androidスマホを10,800円で下取りしてくれます。aucfanで検索すると個人・中古の落札相場平均が12,711円ですから、ヤフオクの手数料や手間を考えると10,800円は悪くないです。(結果的にはこの10,800円上限での下取りでした)。

すなわち、12月末までにMNPすれば、16,200円+9,600円+10,800円で合計36,600円の実質値引き。すなわち実質本体価格は53,040円。毎月800円の値引きを除外しても、62,640円とSoftBankの解約料を差し引いても約16,000円ほどお得です。

というわけで、金曜日の昼休みのTELでSoftBankのMNP予約番号を発行してもらい、仕事を定時で引き上げて勤務先すぐ近くのauショップに直行しZ5をゲットしました。

Xperiaのスマホは初めてですが、タブレットはZ3 tablet compact (GLOBAL LTEのSGP621)、au Z4 tabletを使っていますのでホームアプリや各種設定には慣れています。

ファーストインプレッション

Z5はSnapdragon-810を使っており、Z4では発熱が問題になりましたが、Z5はそのあたり改善されているようで、確かに304SH以上に暖かくなりますが、問題にするほどではありません。ただ、タブレット(Z3 tablet compactやZ4 tablet)ほどバッテリーは持ちません。当たり前ですが。まだ少しずつチューニングが必要です。

304SHに比べて、当然ですけど、スイスイのヌルヌル。気持ちいいです。内蔵フルセグのTVやFMラジオを使うにはアンテナ代わりにイヤホンかヘッドホンをつながないといけませんが、さすが日本製、感度良好です。さらに他社にない特徴として、WALKMANのSONYらしく、対応ヘッドホン・イヤホンの使用でノイズキャンセリングが使えます。さらにハイレゾ対応なので、同じく対応ヘッドホン・イヤホンでハイレゾも聞くことができます。もちろん、ふつーのイヤホンだとノイズキャンセリングやハイレゾは使えません、これでWALKMAN不要です(持っていませんけど)。音に関しては同じイヤホンあるいはヘッドホンを使っても、iPhone 6s plusよりダイナミックレンジが広く、低音に厚みがでて高音が綺麗です。同じ聞くならiPhoneじゃなくて、Z5でしょう。

さらに面白いのがXperia Link。Z5の画面をZ4 tabletに飛ばして、Z4 tabletで操作が可能になります。だからどーしたってのはありますが、面白いのは面白い。私の場合はZ4 tabletもLTE対応なのであまりメリットがないのかもしれません。ちなみにauだとLTEフラットでのテザリングは500円/月がかかりますが、データ定額プランだと無料になります。

ともあれ、まだ、手にしたばかりです。これから使い込んでネタにしていきたいと思います。

2015年12月14日 (月)

軽減税率は不公平です

外食の税率は8%か10%か?

事業者の手間や、外食かそうでないかの判断のややこしさ、特に昨今は持ち帰り形式で、店舗の片隅や店舗の外側敷地内に置かれたテーブルで勝手に食べたり、スーパーで買ったお弁当を、フードコートで買った飲み物と一緒に食べたりといった区別がつきにくいものが増えています。

一体全体、 8%と10%とではどれくらいインパクトがあるのか?

総務省統計局の「家計調査通信459号(平成24年5月15日発行)」によれば、二人以上世帯の1か月当たり平均外食費は12,229円だそうです。これが税を含まないものとすれば、税率8%では978円です。10%だと1223円。その差は245円。

いかにも庶民に多大な影響がありそうな雰囲気で議論や報道がされていますが、外食を例にとれば上記のように統計的には一世帯あたり微々たるものです。大きいのは心理的なインパクトです。

同じく総務省統計局の「家計調査報告 (平成27年(2015年)10月分速報)」によれば、二人以上世帯は食料費は72,573円になっています。これにかかる消費税は8%で5,805円、10%なら7,257円。その差は1,452円です。便乗値上げを含まないとしての数字です。つまり平均的には一月1,452円。この額で軽減税率議論で恩を着せられても困ります。

ここから先は統計がなかなか見当たらないのですが、単純に考えて軽減税率で消費税支出の絶対額でお得なのは高額所得者層なのは明らかです。例えば2,000万円の年収(給与所得者でも確定申告が必要なレベル)で、エンゲル係数20%として(総務省統計局で第IV分類(およそ1,200万円以上)で20%ほど)みると、年間400万円の食費。一月平均で33万円。え?年収2,000万円で食費が月33万円?いくらなんでも多いわな。年収は税込でしょうから、実質6割として18万円/月程度。これで2%の3,600円。年間で43,000円程度。

どう考えても高額所得者に有利なのが軽減税率です。高額所得者ほど絶対額で特になる制度と言っても過言ではないです。当たり前の話なので、一定率での税の軽減はこのような結果になります。

それよりは、むしろ一律10%にして、年末調整や確定申告で年収に応じて還元するほうがはるかに合理的ではありませんか。先の例でいれば平均的な二人以上世帯では年間で17,000円ほどバックすれば良いです。一括で還元されることで、まとまった消費にも結びつきます。毎月1,000円安くなってもまとまった消費にはなりませんが、12月に一万数千円ほど還元されれば、欲しかったあれを買う足しにとか、家族でちょっと豪華に外食とかに結びつきます。これ、人間の心理です。毎日100円得をしてもあまり得した気分にはなりませんが、月末に3,000円もらえれば、ちょっと良い食事しようとか思いますよね。

政府に影響を与えるのは、庶民ではなくお金持ちの声、お金持ちの理論です。もう少し、庶民的感覚、人間心理で物を考えれば、10%にして年末で調整してあげたほうがはるかに合理的であることがわかります。さらに、この方法では高額所得者にさらに課税することも不可能ではありませんから...。

2015年12月13日 (日)

キャットタワーのマロン

冬場のマロンの定位置の一つがキャットタワー。

201512060012

ここから人間を見下ろして何を考えているのかしら?

ちなみに、猫は登るのは上手ですが降りるのは下手くそです。マロンのキャットタワーはすぐ目の前にソファがあるので、ソファの座面めがけて一気にドサッと飛び降ります。

野良ちゃんや屋外飼い猫ちゃんは木の上に登って、降りられなくなりナゴナゴ鳴くことが稀にあるそうです。なんだかなぁ....。降りられないなら登るなよって。

この写真のあと、ソファの座面にめがけてドスン!そして餌へ直行でした。(笑)

2015年12月12日 (土)

老後

ふと、気付いたら老後を考える年齢になっていました。ということは、正社員での会社生活も残り少ないということでもあります。

今現在60代後半とか70代の皆さんは、年金生活で楽勝とまではいわなくても心配するほどでもない生活が送れるそうです(もちろん個人差があります)。しかし、今の20代の若者は絶望的ですね。多分、年金とかないに等しい。

世界的に先進諸国では高齢化が進んでおり、従来のような社会保障の仕組みは根本的になりたたなくなってきています。これは日本だけの問題ではありません。

勤務先でも定年再雇用の満了で退職を迎える・迎えた方が多数いらっしゃいます。皆さん、退職後のプランは多くを語らないですが、つつましく暮らせばなんとかなる、贅沢はできないけど、お金をかけずに余生を積極的に楽しむということのようです。郊外というか田舎のほうだと、趣味でやっていた畑を本格的にやるという人も多数いました。

さて、自分の場合はどうしましょうか。

再雇用を含めるとまだしばらく時間がありますが、仕事に明け暮れているとふと気づいたら仕事以外に残っていない、仕事を離れたらすることがないってのは最悪です。

  • 体を鍛えて鈍らせない→細マッチョの体はアルツハイマーのリスクを大きく下げるそうであります。
  • 趣味を持つ→いろいろあります。筋トレもそうですが、下手くそですが写真を撮るのが好きですね。旅行とかも好きですが、こちらはお金がかかります(笑)。
  • 自分の得なことを生かす→実はこれが一番難しい。何が得意なんだ?

まだ、まだ、なんて思っているうちにイイ歳になってしまいました。

うーん...

2015年12月11日 (金)

@niftyのIMAPをOutlook for iOSで使う

今まであまり見向きもしなかったのですが、 Outlook for iOSがいつのまにかかなりバージョンアップしていて、IMAPサーバーも使えるようになりました。

GmailやYahooメールはデフォで簡単設定が可能ですが、IMAPのほうも設定できるようになっていたので、@niftyのメールを設定してみました。しかし、これが一筋縄ではいきませんでした。

ここではセカンドメールを例にとってうまくいった設定を記載します。

<@niftyセカンドメール>

  • アカウント メールアドレス(例:user名@mb*.nifty.com)
  • パスワード 設定したパスワード(パスワードを忘れたら?)
  • IMAPサーバー imap.nifty.com
  • ポート番号 SSL→993 SSLなし→143
  • SMTPサーバー mb*.nifty.com
  • ポート番号  587
これが@nifty側の仕様です。

一方Outlook for iOS側は、受信サーバーと送信サーバーの各々に対して、アドレス、ユーザー名、パスワードはありますが、ポートを設定することができません。ヘルプを見るとサーバーアドレスとポートを設定しろとあります。つまりimap.nifty.com:993のように指定するわけですね。

いろいろトライアンドエラーをやってみて使えたのが、SSLなしの設定です。

  • 受信サーバー:imap.nifty.com:143
  • 送信サーバー:smtp.nifty.com:587

これで進めると、セキュリティが必要なのでログインするかどうかと聞かれます。Outlook for iOSのIMAPはSSLが必要らしいのですが、993番ポートを imap.nifty.com:993 のように指定したのでは受け付けてくれません。

結果的には上記のようにSSLなしの143番ポートを指定して、ログインしますか?というのでログインすると、使えるようになりました。

なんだかよく分からない仕様です。iOSのメールのようにSSLを明示的に指定したほうが良いと思うのですがね。

ちなみに、Outlookの名を冠するだけあって、スケジュール(iPhone上の予定表で表示されているスケジュール、Googleスケジュールも可能)やOneDriveも使えます。ただし、OneDriveはフリーのものだけで、OneDrive for Businessには対応していません。

まあ、しばらく使ってみましょう。

続きを読む "@niftyのIMAPをOutlook for iOSで使う" »

2015年12月10日 (木)

本土寺

東京近郊の紅葉の名所の一つが、千葉県松戸市の本土寺。聞くところですと、1,000本を超える紅葉があるそうです。

先週の土日がおそらく紅葉ピークだと思われるので、日曜日にジムをパスして行ってきました。

20151206001

20151206002

20151206003

201512060042

201512060052

201512060062

今年はどこも紅葉があまり綺麗ではないと言われますが、本土寺はそこそこ綺麗でした。

写真は下手くそな構図を別にしてポイントを狙っているのであまり感じませんが、実際に現地を見ると、なんといいますか、バラバラでテキトーに紅葉がうわっているようにしか見えないのは気のせいでしょうか。

確かに、一つ一つの紅葉は美しいですし、鮮やかなのものがたくさんあります。なので、見応えはあるのは間違いないです。

しかし、人工的な庭園としての美しさではなく、どちらかといえば自然のままに、という感じで作られています。小石川後楽園や六義園、金沢の兼六園などとは対極にあるような気がします。どちらが良いという話ではなくて、どちらもいいです。ただ、個人的にはこうした限られた広さの場所だと、自然というよりは美しい庭園のほうを好みます。

ともあれ、今年最後の紅葉かしら。

2015年12月 9日 (水)

キャネットチップ こく旨リッチ

先日、我が家のTVインターフォンがぴんぽーん♪

家族皆で互いに「何買った?」(笑)

全員「何も買っていない」(不思議)

出てみたらこれでした。

20151206006

20151206007

一足早い、マロンへのクリスマスプレゼントでした。

応募したのすっかり忘れていました。

ちなみに、届いた箱が可愛いです。

20151206008

猫飼いさん家に結構あるのが宅急便のトラックダンボールですが、これはないでしょう!レア品です(笑)。

2015年12月 8日 (火)

グラデーションは難しい

日曜日の記事よりはマシだとは思いますが、全然ダメダメですね。

20151205001_2

うーん、時刻、天候、東の空の雲の具合、全てが絡んできます。あまりにも雲がなくてもだめなんですね、オレンジ色が映えない。

20151205002_2

「確かにダメにゃんね」

20151205003_2

「つまらにゃいから寝ますにゃ」」

2015年12月 7日 (月)

ドトールのモーニングAセット(ハムタマゴサラダ)

普通は朝食を家で食べますので、外で朝食を食べるのは泊りがけで仕事や遊びで出かけたときだけです。

先日、金沢へ行った時に宿の近くのドトールで食べたのがこれ。モーニングAセット(ハムタマゴサラダ)です。

201511220013

軽く焼いた一枚を半分に切って、間にレタス、トマト、ハム、卵(加熱してマヨネーズであえたやつ)を挟んだだけで自宅でも簡単にできてしまうというもの。飲み物は、ブレンドコーヒー(S)・アメリカンコーヒー(S)・カフェラテ(S)・ティー(M)・エスプレッソコーヒー(S)・アイスコーヒー(S)・アイスカフェラテ(S)・アイスティー(S)から選べて390円と非常にお得なメニュー。

これが美味しいのです。簡単すぎるくらいのもので、関西圏の喫茶店で食べるモーニングセットの趣向を変えたものといえますが、いいですよ、これ。お持ち帰りもできます。Sドリンクは50円追加でMに、または100円追加でLになります。

普段は食べないだけに新鮮な味わいでした(笑)。

2015年12月 6日 (日)

今日の夜明け

夜明けというと太陽が昇る風景ですが、個人的には太陽が昇る前のグラデーションが好きです。綺麗なグラデーションというのはなかなか出会えない。

20151206004

その時の気象条件、時刻の両方がポイントですが、この写真はオレンジが足りないです。

なかなか難しい。

夏は日の出の位置がかなり北よりになり、建物の位置関係と時刻があまりに早いので夜明けのグラデーションを撮るのは不可能なので冬場限定なのでした。

オランジーナ カシス&オレンジ

セブン&アイ限定の「オランジーナ カシス&オレンジ」です。

普通のオランジーナはイトーヨーカドーでは90円前後ですが、こちらは150円+税と高い。まだ飲んでいないのですが、まずはお写真をば。

20151206005

オランジーナはそのままでもいいですが、リキュールの一種であるカシスとあわせるとカシスオレンジならぬ、カシスオランジーナになります。これは、カシスオレンジほどの甘みとくどさがなく非常にさっぱりとしているので我が家の定番です。

まだ、試したことはないのですが、カシスと「オランジーナ カシス&オレンジ」をあわせるとどうなるのかな?名付けて、カシス・カシスオランジーナ、カシス^2オランジーナ?

そのうち試してみます。

2015年12月 5日 (土)

auはLTEフラットでもデータシェアと繰越ができる

私はau契約でXperia Z4 tabletとiPad mini 2(こちらは本体を手放してiPad mini 4 SIMフリーにauのiPad mini 2のSIMを入れています)がありますが、どちらもLTEフラットで7GB制限のあるタイプ。

SoftBank契約のスマホ、iPhone 6s plusとAQUOS Phone Xx 304SHも同じですが、かけ放題プランではなく(電話はほとんど使わないので)、ホワイトプランにパケットし放題フラットfor 4G LTEです。

これまで気づかなかったのですが、auはSoftBankと違って、かけ放題プランではなくても同一契約であれば5回線までデータシェアと繰越ができるのです。

これ、結構すごいことです。docomoなどはスマホはすでにかけ放題プランしかないという凶悪ぶりなので、もともと嫌いなdocomoがますます大嫌いになっていて、絶対個人ではdocomoのケータイは持たないと決めています。auとSoftBankはスマホでもかけ放題ではないプランもありますので今の所GOODなのです。

さらにauでは前述のことがあります。2回線あると両方あわせて毎月14GB、繰越をあわせると2台で最高28GBまで容量があります。家族がバラでもっていると互いに食い合う可能性がありますが、私の場合は全部自分が使っているので、そのあたりは問題無し。むしろ、使い方で調整できるのが助かります。

この先、SoftBankの304SHが春には年季明けになるので、MVNOでauのXperia Z5にするつもりです。

いずれは家族まとめてauにしたいと思いますが、娘のiPhone 6と自分のiPhone 6s plusのタイミングですね。調べてみたら二人とも同じ年月に更新付きなので次回(来年の11月)には、私はiPhone 7 plus、娘はiPhone 7ですかね(苦笑)。妻は未だにガラケーですが、最近いろいろあって出先で調べるのに、娘が一緒だとiPhoneで調べている状況なので、少しスマホの必要性を感じ始めているようです。

どうなりますことやら。

2015年12月 4日 (金)

飼い主と犬をダメにする伸縮リード

この時期になると、早めに帰っても(といっても19時半頃ですが)真っ暗です。駅から自宅までの道で見かけるのが犬のお散歩。

私は今では猫を飼っていますが、昔、昔は二代にわたったワンコ達を飼っていました。そこの経験から思うのですが、絶対使ってはいけなのが、伸縮リード。

細いワイヤー上のものがメジャーのようにくるくると伸縮するもので、8mとか長いものがあります。犬を正しく躾けて散歩させるという視点からいくと絶対使ってはいけない道具です。

犬は飼い主(=主人)と歩くときは主人に歩調を合わせて真横を歩くのが鉄則です。道路を自由にやり放題にするのが正しい散歩ではありません。犬は群れをなす動物であり、主人には服従する習性がありますので、それをきちんと生かして人間と共生するがあるべき姿であり、犬に自由にさせるというのは、この主従関係を崩す、つまり犬のほうは自分は人間より上であると思わせてしまい、結果として躾けのできていない犬になり飼い主家族だけではなく近隣に迷惑をかけることになります。

伸縮ワイヤーは細いため、夜などはまったく見えないため他の歩行者とって非常に危険です。また、他の犬や動物を見かけたときに、伸縮リードのストッパーでは犬の暴走を阻止できません。チワワくらいの超小型犬ならともかく、中型犬になるともう絶対無理です。暴走は普通のリードであっても子供の力では止められません。大人の女性でも厳しいでしょう。

繰り返しますが、犬は群れを作って生き、ボスと認めた相手にはきちんと従う習性がありそれは苦痛でもなんでもありません。犬にとっては飼い主家族は群れの仲間です。犬と人間が幸せに過ごすためには、飼い主家族は絶対的に犬より上でなくてはいけません。家の中でじゃれあうのもいいですが、絶対に犬を自分の頭上に乗せたり、寝転んだ自分の上に乗せてはいけません。じゃれて乗ってきたら、犬を組み伏せて叱り首筋に食いつく真似くらいをして、犬には絶対的にお前より俺の方が上なのだと教えなくてはいけません。

犬を正しく飼うのは結構厳しいものです。

たまに、主人の横にぴったりくっついて歩き、時々主人を見上げて歩く犬をみかけることがありますが、「あ、きちんと躾ができていて、このわんちゃんは幸せに暮らしているな」とわかります。

犬を可愛がるのは甘やかすことではありません。頭の良い動物で人間の感情や顔色も読み取ります。子供を育てるのと同じと思えば間違いありません。

2015年12月 3日 (木)

日向ぼっこ

この時期になると晴れた日のリビングにはサンサンと太陽が差し込んで暑いくらいになります。マロンにはとても心地が良いようで、ほにゃーと日向ぼっこ。

201511290014

「ほにゃ〜、気持ちいいにゃ」

人間でも同じところでごろごろしていると、ほにゃーとなり、人間続けるのがいやになります(おいおい)。

この暖かさに頭がボケて、薄着で外へ出るととんでもなく寒かったりします。

2015年12月 2日 (水)

久々の夜明け

久々の夜明けシーン。このグラデーションが美しいのですよね、

20151129001

ベランダで写真をとる私を見つめる二つの眼。

201511290013

「寒いにょにご苦労しゃま」

2015年12月 1日 (火)

iOSデバイスのバッテリー消費

昨日の話題の続き。

Battery Drain IssueはiPhone 6s Plusだけではなく、私の場合iOSデバイス(iPhone 6s Plus、iPad Air 2 (SIMフリー)、iPad mini 4 (SIMフリー))でも発生することがあります。先日などは寝る前に100%だった両iPadが朝起きたらiPad mini 4は35%、iPad Air 2は45%になっているというありえない事態が発生していました。

購入したばかりのiPad mini 4でもいつの間にか起こるようになったので、これはハードの問題ではなく明らかに入れているアプリの問題です。昨日のとおり、アプリ毎のバッテリー消費状況をみると極端に消費の激しいアプリはありませんが、前述ような状況になったときは「最後のフル充電後の経過時間」をみると、スタンバイ時間と使用時間が非常に近い状況になっています。先日はスタンバイ時間が18時間で、使用時間が15時間とかになっていました。これ、ほとんど夜寝ている間の話で、見た目はスリープしたまま一切触っていません。電波状態もWifiも状態の良い室内の話です。

このiOS9のGUIからは見えていないところで消費されているようです。こういう点ではかなりの部分を見えなくしているiOSでは分析できなくて困ります。

さて、問題のバッテリー消費。昨日書いたとおりすごーっくブラックに近いのがfacebookのiOSアプリ。これ、毎月のようにアップデートがかかりますが、何がかわっているのかの情報がほとんどなくて、そのくせGUIが変わったり設定項目がなくなったりする糞アプリです。昔のバージョンではアプリ自身の動きを設定できる項目がありました。今でもAndorid版にはありますが、iOS版からはそうした設定はごっそりなくなりました。もはや裏で何かやってみてもとれられない。「設定」の「Appのバックグラウンド更新」でfacebookをオフにしてもどこ吹く風のコンチキチン。かなりの長い期間改善がないので、どう考えてもバグじゃなくて意図的に仕込まれた実装によるものではないか、と、元ソフト開発者である自分は推測するわけですが。

対応策はただ一つ、facebookアプリのアンインストールです。実際問題、アプリのかわりに、http://m.facebook.com/ といったfacebookへのモバイルサイトへのショートカットをホーム画面に置いておけばほぼ同じことができます。写真をアップロードする場合は縮小してからアップするのが吉(Webサイト経由のほうが画質が良いです)なので、縮小アプリ(バッチリサイズとか)を使えばOKです。

私は上記対処をした結果、iPad Air 2をみると「最後のフル充電後の経過時間」をみるとスタンバイ8時間26分で使用時間は20分という好成績。バッテリーは100%を示しています。

Messengerもかなり怪しいと言えますが、今の所Messengerを残していても悪さはしないようです。

facebookのiOSアプリを使っていて、あまり使わないのにバッテリーの減りが速いとお嘆きの方、ぜひfacebookアプリを削除することをおすすめします。削除したあとはcold boot(スリープボタンとホームボタンをリンゴが表示されるまで、およそ10秒程度押し続ける)をお忘れなく。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »