マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 季節の変わり目 | トップページ | 夜明けが撮れる季節 »

2015年11月 7日 (土)

スマートフォンは大手キャリア、タブレットはSIMフリーでMVNO

最初にスマートフォンを使い始めたのは2005年1月にVodafone 702NK を使い始めてからです。ずいぶん昔のようですが、実はまだ10年しかたっていません。たった10年の間に劇的な進化を遂げて、画面は5インチクラスでHDは当たり前、通信も2桁MBは当たり前のLTEが標準ですが、昔は文字通りの3G通信、画面も208x176とガラケーに毛の生えた程度。

そして3大キャリアの他にMVNOなるものが生まれて、ある条件のもとでは3大キャリアより安くなるサービスも当たり前になりました。

スマートフォンやタブレットを買う場合、私は絶対分割は使いません。分割でないと買えないようなら手は出しません。したがって、月々の支払いには機種代は含まれませんので、分割よりは二千数百円以上は月額負担がなくなります。しかし月々割引は受けますので、差し引き4000円前後となります。(au, SoftBankの場合)。ただし、月々割引がなくなり3年目からはいきなり高くなります。しかし、3.11の経験から、スマートフォンは必ず大手キャリアでないといざって時にダメダメだと思っています。

一方音声通話がなくて(GLOBAL版SONY Xperia Z3 tablet compactは音声対応SIMを入れると音声通話ができますが)、スマートフォンほどいざという時に緊急性が求められないタブレットはMVNOでもOKです。そしてSIMフリー機を使うのが経験的にはベターのように思います。タブレットの場合、機種代一括であれば、auやSoftBankなら2千円代の月額ですみますが、24ヶ月の割引終了後は一気に5000円代を超えます。それをさけるには2年以内の機種変繰り返しですね。しかしそれはもったいなすぎるという場合には、MVNOです。月額は7GBでも千数百円の所が大きいMVNOのLTEがタブレットにぴったりです。通話が多いときは通話し放題プランのあるキャリアがいいですし、家族同士の無料通話とかは元値が安い分MVNOには普通はありません。

ただ、最新モデルのハイエンドタブレットのSIMフリーモデルで売れているのはiPadが主で、他にはMeMO Pad 7とかいくつかがある程度で、XperiaのタブレットはGLOBALモデルの中で技適認証を通ったものがあるにもかかわらず国内販売されていないので個人輸入とかで買うしかありません。でも、iPadでSIMフリーでMVNOというのは結構いい選択だと思います。24ヶ月のしばりもありません。ただし、MVNOの業者をよく選ばないと速度が全然でないということになります。

最近はこの考え方に似たものすが、通話はガラケーで、それ以外の情報アクセスは安いスマホで安いMVNOで済ませるというのも流行っているそうです。

大手キャリアばかりで揃えるのも賢い選択とは言えない時代です。

« 季節の変わり目 | トップページ | 夜明けが撮れる季節 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンは大手キャリア、タブレットはSIMフリーでMVNO:

« 季節の変わり目 | トップページ | 夜明けが撮れる季節 »