マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 白身魚のパーカーサンド | トップページ | 旅の充電風景 »

2015年11月24日 (火)

LUMIX DMC-LX100は旅のお供に最高!

この連休を使って、恒例の「おじさん金沢一人旅」をしてきました。その話はまた後日するとして、今回は旅カメラの話。

これまでは、「OLYMPUX E-M1と12-40mm」をメインカメラに、TZ-2をサブカメラに持って行っていました。E-M1と12-40mmの組み合わせは防塵防滴だしF2.8通しなで結構寄れるので真っ黒的な使い方もできて結構良いのですが、できるだけ旅先持ち歩きは軽くしたいのが人情です。目的は撮影ではなくて旅を楽しむことなので、カメラメインになっては本末転倒です。

そこで登場するのが、Panasonic LUMIX DMC-LX100です。

20151123001

「OLYMPUX E-M1と12-40mm」で879gと、愛用のEOS 7Dとレンズの組み合わせ二比べたら激軽ですが、それでもかさばるのは事実です。旅先にでかい一眼レフを持っていく方は多いですが、撮影メインならともかく、まあ、邪魔にはなりますわな。

その点、LX100だとバッテリー・メモリカード込みで393gと半分以下ですし、電源オフ状態ではポケットにこそ入れるのは無理ですが、バッグの中でかなり邪魔になり度が小さいです。

大きさだけならもっと小型のコンデジでいいのですが、最大のメリットはこれがフォーサイズに準じたサイズの大型センサーを搭載していること。さらにレンズは35mm 判換算で24-75mm、F1.7-2.8とワイド端ではF1.7という明るさで、さらに光学手振れ補正(Power O.I.S.)なので、オリンパスの5軸補正ほどの効きはないですが、かなりいい感じで補正してくれるで大いに助かります。

このクラスではCANON PowerShot G7 XとSONY Cyber-Shot RX100M4があります。どちらもセンサーは1型で、LX100よりは小さめです。しかし、自分で触ってみて一番違うのはAF速度。LX100ではほとんどの場合で非常に迅速に瞬時にフォーカスが、それもほぼほぼ狙ったところにいい感じで決まります。が、店頭で比べた範囲ですが、LX100を触った後でG7 XやRX100M4を触ると明らかに遅い。単体でこれらを触っている分には感じませんが、比べたらかなり違います。

しかし、LX100、いいことばかりではありません。RX100M4はポケットに入りますが、LX100はポケットには入りません。G7 XとRX100M4はチルト液晶ですが、LX100はそうではありません。これはかなり痛い。また、ボディ上部右端の露出補正ダイヤルの位置・大きさ・簡単に回ってしまうこと。iAモード時にも補正が聞くのはいいのですが、手で持っているうちにいつの間にかまわってしまって、気づかずに+3とかになってびっくりすることは数知れず。これはダイヤルがデカすぎること、ロックがないことに原因があります。右側にリストストラップをつけて持ち運ぶのですが、いつの間にかずれています。露出補正ダイヤルを物理的に修正するのは無理ですが、シャッターを押すときに露出補正がかかっていたら画面に大きく警告するとかいったことはファームで可能なので是非対応をいただきたい

しかし、レンズ部のダイヤルで絞り、本体上部のダイヤルでシャッター速度、それらにオート(A)位置があって、両方ともオートにすればプログラムオート、シャッター速度をオートにすれば絞り優先、絞りをオートにすればシャッター速度優先、どちらもオートを外せばマニュアル、と非常にわかりやすいです。メニューからごちゃごちゃやるのはごめんです。フォーカスのオート・マニュアルもレンズ横のスイッチですぐに切り替えられ、あとはレンズ周りのダイヤルでスイスイ。メカニカルではないですが、非常にスムーズでフォーカスダイヤルの動きに対してレンズの動きの追従がいいです。

これ、はっきり言って、旅カメラとしてE-M1の位置を蹴落としています。画質的には1/1.7クラスのコンデジとは段違い。センサーが大きいのでダイナミックレンジも広くなります。またレンズも明るく大きいし、フォーサイズに近いセンサーサイズで解放端でF1.7なので被写界深度も結構浅く取れるのは豆粒センサーコンデジとは全く違います。感覚的には限りなくミラーレスのマイクロフォーサーズに近いです。

フラッシュは内蔵されていませんが、はっきり言ってフラッシュなんざ使いません。それよりは、LX100のようにファインダー内蔵のほうがはるかにいいです。屋外でスナップを撮ったり、旅先の風景を撮ったりするのに、明るくて画面が見にくいなんてことは数れずあるのではないでしょうか。やはり一眼に慣れている自分にはファインダーは必須です。

現状の機種では、旅カメラとしてはトップレベルでしょう。下手に安物レンズと安物ボディのミラーレスを買うよりはLX100を買ったほうが間違いなく幸せ度が高いです。

« 白身魚のパーカーサンド | トップページ | 旅の充電風景 »

コンパクトデジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LUMIX DMC-LX100は旅のお供に最高!:

« 白身魚のパーカーサンド | トップページ | 旅の充電風景 »