マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Antutuベンチで比べっこ | トップページ | mineo D(docomo) »

2015年10月25日 (日)

Partner

"partner"という単語は中学生でも知っている単語だと思いますが、使われ方は実に広い。恋人同士や戸籍上の夫婦、同棲夫婦、などで相手方を指す言葉として一般的に使われます。

一方で、異性同士ではなく、一緒に組んで仕事をする相手もパートナーです。二人組みで仕事をしていて、誰かに相手を紹介するときに、"He is my partner, Mike."とか言いますが、近年は同性愛の相手を指すときもpartnerとか言うようなので、ちょっと面倒かも。

最近気づいたのが、今は知りませんが、昔のアメリカのドラマを英語で見ていると、相手に呼びかけるのに、"Hey, parner."とかいうシーンがあること。

たとえば、邦題「白バイ野郎 ジョン&パンチ」(原題"CHiPs")です。ドラマでは、ジョンとパンチの会話では、日本語吹き替えだと...

「おい、パンチ、見てみろよ、あれ。」

「何だい、ジョン。」

といった風になっていますね。これが、英語だと例えば...

「Hey, Punch. Take a look.」

「What the matter, partner.」

とか言っています。

ジョンがパンチに呼びかけるときは、パンチと名前で呼び、パンチがジョンに呼びかけるときはpartnerと呼んでいました。タイトルは忘れましたが、他のアメリカのドラマでも似たような、シーンでpartnerと呼びかけるのを聞いたことがあります。

あえて日本語で言うと「Hey, Parnter.」って、「おい、相棒!」って感じになるのでしょうが、違和感ありあり。うまく日本語にならない英語の一つかもしれません。

私が「Hey, Parnter」って誰かに呼びかける機会ってほとんど無いでしょうけど。

« Antutuベンチで比べっこ | トップページ | mineo D(docomo) »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Partner:

« Antutuベンチで比べっこ | トップページ | mineo D(docomo) »