マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Partner | トップページ | 旅のお供はLUMIX DMC-LX100 »

2015年10月26日 (月)

mineo D(docomo)

先週入手したSIMフリーのiPad Air 2ですが、SIMなのでとりあえずはau契約のiPad mini Retinaのau SIMを入れて使っていました。それでもいいのですが、折角のSIMフリーなので何か無いかと思って、手頃なところで見つけたのがこれ。

20151024001

mineo (マイネオ) です。関西電力グループ会社のケイ・オプティコムが提供しています。まだ、新顔ということで比較的ユーザーも少なく快適っぽい。

mineoは他のMVNOに無い特徴としてau系MVNOとdocomo系MVNOの両方を提供しているということ。さらに2,000円の手数料を払えば、au系からdocomo系へ、あるいはその逆ができること、これは他にはないです。

ただ、MVNOはユーザーの増加にしたがってキャリアとの接続点をどこまで強化できるかです。ある程度の金額を取っている大手3キャリアだと、そこそこバシバシ投資できますが、安さを売りにするMVNOだと、そうそう投資ばかりできないですね。iijmioなんかも、天下のIIJをもってしても、当初にくらべるとずいぶん遅くなりました。MVNOの速度は時間帯でのばらつきが非常に大きいのですが、NifMoは比較的安定して速い(体感)です。

mineo (D)も、まだ2〜3日試しただけで体感ですが、私の使い方(動画とか見ません)では問題なし。

ちなみに、8/18〜10/31までの申し込みで6ヶ月間800円割引になります。これだけ書くと何ということ無いですが、タブレットだとSMSや音声通話は不要ですから、このプランだと高速通信1GB/月(超えたら200kbpsに減速)で、税別800円なので無料になります。正確にはユニバーサルの2円なので、半年間は毎月2円で1GBが高速通信として使えます。

mineoにはiijmioと同じく、高速通信を使わないモードを設定できるmineoスイッチアプリが提供されています。ちなみに高速はあまり期待できませんが、低速時に安定して速いのがiijmioで200kbps以上は出ていますし、radikoやメールでは全然問題ありません。ただしiijmioは最大200kbpsで3日間に366MBを超える通信をおこなうとさらに規制がかかります。低速とはいえ366MBって結構簡単に超えますので要注意。

その点mineoは、mineoスイッチで低速だけをつかっていれば、radikoやメール、SNSでは不自由はありませんし、なおかつ、iijmioと違って低速時は容量制限がありません。少額だけれど家族割がありますが、通話料は20円/30秒です。

思うに、通話が多い人にはMVNOは向きません。かけ放題プランを提供しているキャリアのほうがお得ではないかしらん。一方でSMS不要、音声通話不要でデータ通信のみでいけるSIMフリータブレット(あるいはdocomoのタブレット)であれば、かなりMVNOのほうがお得感があります。

mineoは初回だけ1GBを追加してくれますが、さすがに1GBは少ないでしょ、いくら繰越があるといっても、繰り越せないし、多分。税抜きで1GBだと800円/月、+100円すれば3GBまで増えます。容量無制限の低速モードを併用すれば、結構いけるんじゃ?

そんなわけでしばらく使ってみます。

« Partner | トップページ | 旅のお供はLUMIX DMC-LX100 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mineo D(docomo):

« Partner | トップページ | 旅のお供はLUMIX DMC-LX100 »