マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の31件の記事

2015年10月31日 (土)

恩賜箱根公園

箱根ベーカリー&テーブルでコーヒーを楽しんだあと、芦ノ湖沿いを散策します。するとまもなく右手下にコンクリート2F建てのたてものがあり箱根町役場箱根出張所だそうです。面白いことに道路からここの屋上に普通に入れます。特に制約はないようですが、ここから見ると芦ノ湖が一望できます。

201510240014

こんな感じで少し視点が高くなります。

201510240024

さすがに紅葉にはまだ早いです、微妙に色づきかけというところ。

しばらく歩くと右手に恩賜箱根公園の入り口があります。

201510240043

高低差があるので歩き回ると以外に大変かも。入ってすぐ右手の200段の石段をあがりますが、最初は軽々ですけど、最後のほうは息が切れてきました。

201510240053

息も絶え絶えに(笑)上まで上がると気持ちのよい場所でした。

201510240063

201510240073

箱根離宮があった当時はこの洋館の左隣に日本建築もあったそうです。この洋館は入場無料で見学できまして、二階のテラスからの眺めは格別です。

201510240083

最初は晴れていたのですが、歩いているうちに雲ができてきていつの間にか青空がなくなっていました。雨雲レーダーやX Bandレーダー画像を見ても雨雲はないので、雨は降らないでしょう。

実は、この日、元箱根から芦ノ湖沿いを歩くまで恩賜箱根公園のことは知りませんでした。

この後、箱根町へ行って食事をとり湯本まで戻って、塔ノ沢から前回同様箱根湯寮で温泉を楽しみます。

2015年10月30日 (金)

元箱根から箱根町へ

元箱根から箱根町への移動は、自家用車やレンタカーを別にすれば、遊覧船利用、路線バス利用があります。

しかし、大した距離でもないので、春や秋の気候のよい晴れの日であれば是非芦ノ湖沿いを歩くことをお勧めします。

201510240082

芦ノ湖の海賊船、有名ですよね。この船と箱根神社の鳥居が箱根らしいです。箱根神社から箱根町まではほぼ芦ノ湖沿いに遊歩道があり、自然を楽しみながら歩くことができます。

途中、箱根神社の船庫があり毎年8月の湖水祭で使われる船が格納されています。

201510240023

201510240032

201510240013

窓から覗き込むとこんな感じです。

さらに芦ノ湖沿いを歩きます。

201510240042

20151024009

元箱根から箱根町に向かう途中、元箱根を出てすぐ近くで、ちょっとおしゃれなカフェを発見しましたのでコーヒーブレイク。

201510240072

お店の名前は「Bakery&Table」です。1Fがベーカリーショップ、2Fがカフェ、3Fがレストランです。今回は1Fでテイクアウトのコーヒーを買いお店の外のテーブルで頂きました。

201510240062

湖面沿いにも芦ノ湖に向いた屋外のオープンカウンター席があります。

しかーし、寒かったです。長袖シャツにダウンベストでしたが、正直なところベストじゃなくてウルトラライトでよいのでライトダウンにすればよかったと思いました。でも、こういう自然が多くオープンな場所でのカフェっていいですね。

コーヒーを楽しんだあと、といか、寒さに負けて歩き出したわけですが、箱根町に向かう途中に芦ノ湖に突き出るポリープのような地形のところがありますが、これが恩賜箱根公園、元箱根離宮です。これはまた明日。

2015年10月29日 (木)

箱根神社

この間の土曜日に、とある理由があって二度目の箱根日帰り温泉に行ってきました。

今回はあまり足を伸ばさない元箱根のほうに行ってきました。芦ノ湖遊覧船で桃源台から元箱根のほうにいくと進路に向かって左手に水面から出ている鳥居がありますよね、あれ、箱根神社の鳥居です。

箱根といえば小田急系の箱根フリーパスが有名ですが、実は他にも何種類かあります。今回利用したのは箱根登山バスが発行している「箱根旧街道・1号線きっぷ」というものです。

201510240012

写真にも写っていますが、箱根登山鉄道の小田原〜箱根湯本〜小涌谷が乗降フリー区間、箱根登山バスのほうは、小田原駅〜箱根湯本〜元箱根港〜箱根町でルートは箱根町線・箱根旧街道線・箱根新道線です。伊豆箱根鉄道のバスは当然使えません。

まずは小田原まで行って、小田原駅東口にある箱根登山バス案内所でこの切符を買います。ここから箱根登山鉄道電車線で箱根湯本までいくのもいいですが、私はちょうど小田原駅東口9時45分発の箱根町行きがありましたのでそれに乗車。

このバスは国道1号線をひた走りますが、箱根湯本まではご存知の通りまっすぐでスムーズ。しかし箱根湯本でたくさんの乗客を乗せてから、1号線は山道となり勾配は6〜8‰という急勾配でヘアピンカーブの続くつづら折りです。

小田原駅から元箱根までほぼ一時間かかりました。箱根湯本でいっぱいになった乗客のほとんどはユネッサンでおりましてかなり空きます。そうして到着した元箱根。ここから芦ノ湖沿いに戻りますと箱根神社へと行けます。

201510240022

20151024003

朱色がとても美しいですね、この先に石段があります。

20151024004

木々がまっすぐにそびえてマイナスイオンシャワーですね。水辺にも近くてとても気持ちよいです。

20151024005

箱根神社本殿です。お賽銭を納めて二礼二拍手一礼でお祈り。ちなみに日本で唯一出雲大社だけは二礼四拍手一礼です、ご参考までに。

20151024006

お祈りのあと、この石段を芦ノ湖のほうまでどんどん降りていきましょう。振り返ると上の写真のような風景です。まっすぐ天に向かって伸びる木と真っ赤な鳥居がいいですね。

20151024007

そして水際まで降りると、遊覧船から見えるあの鳥居です。広島の宮島の鳥居よりずっと岸辺近くにあります。

20151024008

ちょうど遊覧船が通りかかりましたのであわせてパチリ。この船に乗船して左舷をみると鳥居が見えるわけです。

このあと元箱根から箱根町を芦ノ湖沿いに歩きますが、バスや車で移動していては味わえない自然を感じることができました。

2015年10月28日 (水)

旅のお供はAnker PowerCore 20100

旅行というか普段の通勤でもそうですが、持ち歩くモバイルデバイスは、iPhone 6s Plus、AQUOS Xx 304SHとiOS&Androidのスマホ。iPhoneで自分的に唯一かつ最大の欠点はモバイルSuica非対応ということ。

首都圏在住の方はおわかりかと思いますが、その気になれば日常生活のほどんどをSuicaかPASMOでの支払いで済ませることも不可能ではないですし、首都圏の公共交通機関はほとんどSuicaやPASMOが使えますし、使わないと極めて不便です。

閑話休題。そしてもう一つタブレットがあります。これはその時によってiPad mini Retinaのこともあれば、iPad Air (今はiPad Air 2)のこともありますし、AndroidタブレットのXperia Z3 tablet compact (GLOBAL LTE)でもあれば、Xperia Z4 (LTE)のこともあります。つまりは三種のモバイルデバイスですね。

昨今の旅は、現地でいろいろ調べるのにスマホやタブレットは不可欠です。その一方で気になるのはバッテリー。iPhone 6s Plusはかなりバッテリーが持ちますし、タブレットはそれ以上に持ちます。しかし、イザってときに残量30%では不安なので、モバイルバッテリーは不可欠。

過去にいろいろモバイルバッテリーを買いましたが、現在は二つのパターンで使い分けます。スマホやタブレットを多用する旅行や終日お出かけで日中充電できない場合には、Anker PowerCore 20100というPowerIQ対応の20,100mAhの大容量モバイルバッテリーを使います。

20151025002

大容量ですがこのクラスとしては軽量の359gです。しかし、何よりこの細長い形状が実は秀逸で、バッグの中に立てて入れておけば全然邪魔になりません。やたら正方形にちかいものだと始末に困りますが、ペットボトルのためのスペースが付いているバッグだと、その部分にほうりこめます。マジでチョー便利。PowerIQのおかげでiPadでもiPhone 6s Plusでも充電はAC充電同様に高速です。

ただし大容量なのでモバイルバッテリー自身の充電に時間がかかりますから、宿に戻ったらまずしなくてはいけないのがこのPowerCore自身の充電です。

さて、普段の通勤ではオフィスでも充電できますからここまでのものは必要なくて、普段バッグに入れているのはCheeroのPowerPlus 3 miniという6000mAhです。PowerCore 20100ほどの充電性能はありませんが、まあ、不自由ない程度に充電できますし何より小さくて軽い。

モバイルバッテリーの二強はAnkerとCheeroだと思いますが、10000mAhを超える大容量ならAnkerでPowerIQ対応のものがいいですし、5000〜10000mAといった小型ならCheeroのほうが選択肢が多いです。

ただAnkerはモデルにもよるかもしれませんがスイッチレス、Cheeroは充電のためにスイッチを押す必要があります。ちょっとね。AnkerのPowerIQ 20100は負荷がかかれば自動的に充電が始まるスイッチレス。どちらかといえばスイッチレスのほうが便利です。

モバイルバッテリー、大容量と中容量では用途も違いますね、うまく使い分けましょう。

2015年10月27日 (火)

旅のお供はLUMIX DMC-LX100

10月に入ってから、三連休の中の1日、そして先週末の土曜日と、おじさん箱根日帰り一人旅をしてきました。というと、大げさですが、要するにプチ観光と日帰り温泉ですね。

旅行といえばいつもはOLYMPUS E-M1に12-40mmをつけて持っていくのですが、APS-Cサイズのデジタル一眼よりは軽いミラーレスとはいえ、それなりにかさばります。しかし、いくら良くてもコンデジは所詮コンデジで最大でも1/1.7インチサイズのセンサーでは不満もでますし、レンズが暗いことが多いですね。

20151025001

今年の8月初めに何気なく買ったLUMIX DMC-LX100、これが殊の外良いのです。

  • 4/3型センサー(イメージサークルがフォーサイズより小さいのでフォーサーズコンデジではありませんが、それに近いと言えます)
  • 42-75mm(換算)でF1.7-F2.8と明るいレンズ
  • 早くて正確なAF
  • 滅多に使わないフラッシュではなく、自分にとって不可欠な電子ビューファインダー装備(実際、フラッシュなんてほとんど使わないでしょ?)
  • iAがかなり賢くなった

このクラスだとCANON PowerShot G7X mark2がありますが、電子ビューファインダー内蔵ではなくレンズがLX100より暗いですし、AFは無印よりmark2のほうが速いということのようですが、触ってみると大差なく、LX100の敵ではありません。

もうひとつ、SONYのDSC-RX100M4があります。こちらはセンサーはLX100より小さいけどコンデジよりは大きな1.0型。レンズは70mmのテレ端でF2.8とLX100とほぼ同等。ただし致命的なのはファインダーが内蔵ではない。しかし、液晶はLX100にはない可変アングルでこれは羨ましい。小型ですが、それが故に手の大きな自分には非常にフィット感が薄く、グリップがないので手が滑りそうになります。スペック上はRX100M4のAFが高速なようですが、店頭で比べるとどう控えめに言ってもLX100のほうがかなり早く感じます。

こうしたライバルとの比較は置いておくとしても、実際使ってみて1日持ち出してみて、やはりこいつはいい!

ただ、欠点もあります。
  • 露出補正ダイヤルが大きめでロックがないので持っているうちにいつのまにかずれてしまい、うっかりすると撮影時に気づかないことがある。本当はE-M1のモードダイヤルのようなロックが欲しいですが、ファームでできる対応としては補正がかかっているときは警告が目立つように点滅表示されるとかして欲しい。
  • 本体側での手振れ補正はパナはあまり得意じゃないので、天下一品の効き方を誇るE-M1の5軸補正を搭載してほしいですねぇ。まあ、ないよりはかなりマシな補正ですが。
来月、またまたおじさん金沢一人旅の予定ですが、iPhone 6s PlusのカメラがこれまでのiPhone 6とは完全に別物に変身しており、下手なコンデジよりはるかにいいので、これをサブカメラにしてメインはLX100でもいいんじゃないかと思っています。

2015年10月26日 (月)

mineo D(docomo)

先週入手したSIMフリーのiPad Air 2ですが、SIMなのでとりあえずはau契約のiPad mini Retinaのau SIMを入れて使っていました。それでもいいのですが、折角のSIMフリーなので何か無いかと思って、手頃なところで見つけたのがこれ。

20151024001

mineo (マイネオ) です。関西電力グループ会社のケイ・オプティコムが提供しています。まだ、新顔ということで比較的ユーザーも少なく快適っぽい。

mineoは他のMVNOに無い特徴としてau系MVNOとdocomo系MVNOの両方を提供しているということ。さらに2,000円の手数料を払えば、au系からdocomo系へ、あるいはその逆ができること、これは他にはないです。

ただ、MVNOはユーザーの増加にしたがってキャリアとの接続点をどこまで強化できるかです。ある程度の金額を取っている大手3キャリアだと、そこそこバシバシ投資できますが、安さを売りにするMVNOだと、そうそう投資ばかりできないですね。iijmioなんかも、天下のIIJをもってしても、当初にくらべるとずいぶん遅くなりました。MVNOの速度は時間帯でのばらつきが非常に大きいのですが、NifMoは比較的安定して速い(体感)です。

mineo (D)も、まだ2〜3日試しただけで体感ですが、私の使い方(動画とか見ません)では問題なし。

ちなみに、8/18〜10/31までの申し込みで6ヶ月間800円割引になります。これだけ書くと何ということ無いですが、タブレットだとSMSや音声通話は不要ですから、このプランだと高速通信1GB/月(超えたら200kbpsに減速)で、税別800円なので無料になります。正確にはユニバーサルの2円なので、半年間は毎月2円で1GBが高速通信として使えます。

mineoにはiijmioと同じく、高速通信を使わないモードを設定できるmineoスイッチアプリが提供されています。ちなみに高速はあまり期待できませんが、低速時に安定して速いのがiijmioで200kbps以上は出ていますし、radikoやメールでは全然問題ありません。ただしiijmioは最大200kbpsで3日間に366MBを超える通信をおこなうとさらに規制がかかります。低速とはいえ366MBって結構簡単に超えますので要注意。

その点mineoは、mineoスイッチで低速だけをつかっていれば、radikoやメール、SNSでは不自由はありませんし、なおかつ、iijmioと違って低速時は容量制限がありません。少額だけれど家族割がありますが、通話料は20円/30秒です。

思うに、通話が多い人にはMVNOは向きません。かけ放題プランを提供しているキャリアのほうがお得ではないかしらん。一方でSMS不要、音声通話不要でデータ通信のみでいけるSIMフリータブレット(あるいはdocomoのタブレット)であれば、かなりMVNOのほうがお得感があります。

mineoは初回だけ1GBを追加してくれますが、さすがに1GBは少ないでしょ、いくら繰越があるといっても、繰り越せないし、多分。税抜きで1GBだと800円/月、+100円すれば3GBまで増えます。容量無制限の低速モードを併用すれば、結構いけるんじゃ?

そんなわけでしばらく使ってみます。

2015年10月25日 (日)

Partner

"partner"という単語は中学生でも知っている単語だと思いますが、使われ方は実に広い。恋人同士や戸籍上の夫婦、同棲夫婦、などで相手方を指す言葉として一般的に使われます。

一方で、異性同士ではなく、一緒に組んで仕事をする相手もパートナーです。二人組みで仕事をしていて、誰かに相手を紹介するときに、"He is my partner, Mike."とか言いますが、近年は同性愛の相手を指すときもpartnerとか言うようなので、ちょっと面倒かも。

最近気づいたのが、今は知りませんが、昔のアメリカのドラマを英語で見ていると、相手に呼びかけるのに、"Hey, parner."とかいうシーンがあること。

たとえば、邦題「白バイ野郎 ジョン&パンチ」(原題"CHiPs")です。ドラマでは、ジョンとパンチの会話では、日本語吹き替えだと...

「おい、パンチ、見てみろよ、あれ。」

「何だい、ジョン。」

といった風になっていますね。これが、英語だと例えば...

「Hey, Punch. Take a look.」

「What the matter, partner.」

とか言っています。

ジョンがパンチに呼びかけるときは、パンチと名前で呼び、パンチがジョンに呼びかけるときはpartnerと呼んでいました。タイトルは忘れましたが、他のアメリカのドラマでも似たような、シーンでpartnerと呼びかけるのを聞いたことがあります。

あえて日本語で言うと「Hey, Parnter.」って、「おい、相棒!」って感じになるのでしょうが、違和感ありあり。うまく日本語にならない英語の一つかもしれません。

私が「Hey, Parnter」って誰かに呼びかける機会ってほとんど無いでしょうけど。

2015年10月24日 (土)

Antutuベンチで比べっこ

私自身はベンチマークヲタクではないですし、ベンチの数字で購入を決めるようなタイプでもありません。

とはいえ、iPhone 6s Plus/iPad mini Retina/iPad Air/iPad Air2と並ぶと比べてみたいという好奇心がありますので、Antutuベンチで比べてみました。

iPhone 6s Plus

20151018001

iPad Air 2

20151018002

iPad mini Retina

20151018003

iPad Air

20151018004

Antutuのトータルスコアの数字と体感の速さはほぼ一致している気がします。びっくりしたのはiPhone 6s Plus。また、iPad Air 3も3コアの実力でしょうか、タブレット族トップです。

確かに、iPad Air 2をいじった後に、iPad Airを触ると明らかに動きの機敏さに欠けるのを感じます。これはiPad mini Retinaでも同様。iPad Airを触ってからiPad Air 2を触っても極端な差は感じないのですが、逆はウェ!ってなります。

興味本位なので、これで何を論じようなどとは思いません。

でも、よく見るとiPad Airのスコア、何か変です。サイト上の数字と自分のそれはえらく違いますね。iPad Airの図(4つ目)の一番上の赤がiPad Airで、My device:33965ってのが自分のiPad Air。あまりといえばあまりのさ。今一度再起動して測っても36656でした。

ファクチリーリセット状態で計ると多分余計なものが乗らないので、もっと早くなるのかもしれません。しかし、実使用環境でのベンチなので逆に実態に近いかもしれません。一方で似たような条件のiPad mini Retina (iPad mini 2)はサイト上のスコアとほとんど同じです。

いずれにせよ、iPad Air 2とiPhone 6s Plusはスコア通りの快適さは一世代前の機種と比べて別物であることは間違いありません。

2015年10月23日 (金)

東京タワーとスカイツリー

東京タワーとスカイツリー、どちらが好きかと聞かれたら、私は東京タワーです。

20120729001

写真は、妻と ザ・プリンスパークタワーに宿泊した時の写真です。

何と言ってもイルミネーションは東京タワーのほうが私は綺麗だと思います。スカイツリーは上品ではありますが、なんと言いますか、ウォーって感動に薄い。

スカイツリーは浅草から遠くないですし見所たくさんですが、東京タワーも負けてはいません。増上寺、浜離宮がありますし、ちょっとおしゃれなランチやディナーのお店はやはり港区のほうが格段に多くてデートスポットも多いですね。また、地味なのであまり知られていませんが、NHK放送博物館なんてのもあります。

3年前に行ったザ・プリンスパークタワーはなかなかいいホテルでした。朝食ビュッフェは抜群ですし、ベッドの寝心地も最高。場所柄ややお高いというのはありますが、カップルで一晩ゆっくり過ごすにはもってこいです。

ああ、また泊まってみたいですねぇ。

2015年10月22日 (木)

愛用のJet Stream

私が公私で愛用しているのが、三菱のJet Stream 4&1です。

201510180022

4色ペン+シャープペンシルの多機能ペンです。この多機能さはどうでもよくて、Jet Streamインクの心地よさです。

その名の通り、まさに流れるような書き味。ボールペンってどうしてもある程度筆圧が必要で、その結果として筆圧が紙の裏に出てしまいます。しかし、Jet Streamは大変かるい。一時流行った水性インクやゲルインク並みに軽くて、水性インクやゲルインクのようにインク消費が激しくはありません。分類としては油性ボールペンです。

大変心地よいのですが、シリーズの多くが安さ丸出しの安物軸。なので、社外の方との打ち合わせといったビジネスシーンにはイマイチフィットしないのですが、それがまあなんとか許せる限界がこの4&1。

実際には緑とシャープペンはほとんど使わないので、赤・青・黒の三色で多少見栄えがする外観があればいいのですけど...。と思って今一度オフィシャルサイトを見たら、定価3000円のプライムシリーズが三色なんですね。もう少し安くていいんですが(笑)。

2015年10月21日 (水)

キャットタワーの季節

朝晩はめっきり涼しくなり、時には寒ささえ感じるくらいになってきました。

マロンは夏の間には見向きもしなかったキャットタワーに登るようになりました。

201510180012

ラグドールとしては5kg切るくらいの小さめですが、フツーの猫に比べれば十分でかいので、いつも手とか足とか頭とかがはみ出しています。

「パパニャン、増床してほしいにゃん」
「うーん、無理!」
「ケチ!」

いや、ケチじゃんじゃなくて、こーゆーのは普通には増床できませんって。

我慢しにゃさい。

2015年10月20日 (火)

iPad Air 2

自分が使っているiPad AirはSoftBank契約の物ですが、来月、つまり11月に2年縛りが解ける更新付きとなります。

スマートフォンやタブレットは一括で買うのがポリシーで、分割でないと買えないようなら買わないことにしています。したがって、このiPad Airも2年縛りが解けると同時に、毎月の割引がなくなって月額負担額が跳ね上がります。docomoは知りませんが、SoftBankやauの場合タブレットの料金プランだと、機種代一括の場合、月々の割引後では負担額は2千数百円から二千円代後半になります。ですから、ここから月々の割引がなくなると倍近くになるのです。

こういう場合、スマートフォンなら機種変更かMNPでキャリア乗り換えでしょうが、今回のiPad Airの場合は、スマートフォンではないのでMNPも効きませんから解約して、本体は手放すことに決めています。月が変わったら速攻で職場近くのソフトバンクショップで解約です。

それはいいのですが、先日、iPad Air 2 SIMフリーモデルの64GBが、お買い得で手に入れられそうだったので、先行して入手。

今更iPad Air 2の写真なんぞは無意味なので省略しますが、結構お買い得でした。SIMフリーなので、どうにでもなります。ただ、WEBでのオフィシャル情報を見ると、ソフトバンクは他社機種を使うときは契約変更が必要と断言しており、まさかとは思いますが、定額から外れて青天井になっても困ります。

もう一つau回線のiPad mini Retinaがあり、こちらの年季明けはまだ先です。auのサイトには他社機種について、SIM変更が必要な場合は手数料を払っての変更となることや、接続できないなどは一切責任持ちません、とは書かれていますが、他社機種を使うときにいちいち契約変更なんぞは書かれていません。青天井を避けるためにLTEフラット必須ですよ、といった注意があるだけ。

そこで、iPad mini RetinaからauのSIMを外して、iPad Air 2 SIMフリーへ。当然のことながらこの世代のiPadはSIM差し替えだけで3キャリアOKですから、auもすんなりと画面左上のauの文字。

auのSIMカードを使ってアクティベーションをしてから、iPad Airのバックアップからの復元。これが一番時間がかかる作業です。一通り使えるようにしていじってみますが、チョー快適。

iPhone 6(s無し)からiPhone 6s Plusに乗り換えた時は、その速度はtouch IDの速さ。カメラの劇的な進化に驚いたものです。今回のiPad AirからiPad Air 2については、最初はあまり感じませんでしたが、しばらくiPad Air 2を触ってからiPad Airを触ると、なんかもっさりしています。操作に対して一瞬間が空く感じ。何よりtouch IDが便利です。touch IDは断然iPhone 6s Plusの方が速くて、iPad Air 2のtouch IDはiPhone 6と同程度。でも、今までに比べたら格段に便利になります。

そんなわけで10インチクラスのiPadはAir 2 SIMフリーで行くことにします。ただ、回線はどうするか。このまま年季明けまでauのSIMを使い続けるかmineoといったaとdの切り替え可能なMVNOにするかどうか、迷うところです。

2015年10月19日 (月)

夏の札幌夫婦旅行 〜3日目〜

さて、札幌夫婦旅行も最終日になりました。旅行の最終日ってせつないですね。海外旅行で現地滞在一週間とかあると、到着初日は、さあ、一週間も滞在できるぞ!と思うのですが、あっという間に時は流れて、ああ、明日は帰国ダァ、と現実に引き戻されます。せつない。ホテルの窓からの眺めも最後です。

 

20150731001

 

20150731002

感傷に浸っていても何も起こらない・何も進まない・進むのは時間だけなので、何はともあれ腹ごしらえです。

 

20150731003

 

20150731004

 

20150731005

席によってはグリーンも見えてちょっといい感じのレストランですね。

 

20150731006

コーヒーをいただいて一息。

 

20150731007

 

20150731008

 

20150731009

このホテルのロビーは大して広くないのですが、そこに恐竜の骨がどでんと座っているものですから、まあ、狭い、狭い。

帰りは荷物が増えるので、着替えなどを入れたキャリーケースは宅配便で送ります。札幌から関東なので送料はやや高いですが、まあ、他にお土産を入れたバッグは当然ハンドキャリー。

このセンチュリーロイヤルホテルの朝食、確かに種類はまあまあ多いのですが、味の方は結構微妙なものも多いです。今まで泊まったホテルで朝食バイキングで種類が多くておいしいのは、広島のリーガロイヤルホテル、東京タワーの近くに有るザ・プリンスパークタワー東京でしょうか。

ともあれ荷物をまとめてキャリケースはホテルから宅配便で発送したので、特にすることもなくなり10時半前にチェックアウト。

荷物は土産のバッグくらいなので身軽です。昔、昔、札幌に来た頃と違って、駅隣接で大丸、ステラプレイス、エスタと大きなショッピングゾーンが3箇所もあります。便利な首都圏に住んでいても、やはりこういうところは楽しいです。大丸を挟んで西にヨドバシカメラ、東のエスタの中にビックカメラと対峙しているところも東京並み。エスタ6階にロフトがあるのでなんとなく見て回りました。特に何か買うわけじゃないですけれど。

今回、もう一つ食べたいのが初代のラーメン。本当は南小樽の本店に行きたかったのですが、時間の関係で今回は札幌ラーメン共和国にある店舗でいただきました。

 

20150731011

 

20150731012

朝食バイキングをたっぷりいただきましたので、妻はあまりお腹が空いていないというので醤油ラーメンハーフ550円、私はばっちり頂けるので普通の醤油ラーメン780円。 食べ始めてから写真を撮っていないことに気づいて、慌てて形を整えてパチリ(笑)。ま、よくある話です。

 

20150731013

昔はありませんでしたが、今は函館五稜郭のあじさいも、新千歳空港、ここ札幌ラーメン共和国にもあります。

 

20150731014

 

20150731015

昭和の雰囲気を演出しています。ノスラルジック。

 

20150731016

 

20150731017

 

20150731018

 

20150731019

初代のラーメンも、池袋東武の北海道展で何度かいただいています。函館のあじさいもそうですが、首都圏の物産展の場合は若干味を変えていることが多いそうです。だから、物産展で食べたら、機会があれば是非本場でも食べてみたほうがいいです。

ラーメン初代もいただいたので空港に向かいましょう。新千歳空港は大きな空港でショッピングゾーンが大きくゆっくり見ていたいのです。

 

20150731020

乗ったのは、札幌駅12時40分発の快速エアポート124号。

 

20150731021

到着した時にここにはROYCE’BAKERYがあると書きましたが、パンでも買って帰りましょう。

 

20150731022

テッドもここで札幌とはお別れです。

 

20150731023

今回は真夏機に来ましたが、今度は秋(来年)とかに来てみたいですね。札幌とはいえ夏は暑いですから。

では、また来る日まで、さよなら、札幌!

2015年10月18日 (日)

夏の札幌夫婦旅行 〜2日目〜

今回、滞在中細かなプランを立てていただけではなくて、それどころか何も考えていないというのが正直なところでした。でも、事前に二人で話をしていたのは、小樽へ行こうかということです。

前夜からタブレットで地図を眺めていて気付いたのが、「余市」の2文字。北海道の地名にはまるで無縁なのでマッサンを見ながら余市ってどこかなぁ、とか思っていただけでした(調べろって〜の)。

でも見たら距離は近そう。早速時刻表を調べて計画を立てました。実はここまでが前夜でした。

そして翌朝というか2日目。

まずは腹ごしらえ。リッチモンドホテル札幌大通自慢のビュッフェ朝食をいただくとしましょう。

 

20150730001

 

20150730002

 

20150730003

 

20150730004

 

20150730005

20150730006_3

確かに種類は多いです。が、しかし、特筆するほどのものでもありません。朝食でよかったのは広島のリーガロイヤル広島ですね。あそこのビュッフェ朝食は美味しいし種類も多くて満足度が高いです。

予定では10時44分の小樽行き快速エアポート101号に乗りますが、まだ時間が結構ありますので、赤れんが庁舎を見学しましょう。

 

20150730007

 

20150730008

 

20150730010

 

20150730011

北海道庁の旧庁舎です。1888年に建てられた問いう歴史のある建物で、非常に美しいもので、古き良きアメリカを想起させますね。欧州の雰囲気ではないです。紅葉の季節だといいでしょうね。さらに雪の時には真っ白の雪に赤いレンガがひときわ美しいに違いありません。

 

20150730012

テッドも記念写真。

 

20150730013

さて、赤れんが庁舎を後にして駅まで歩きましょう。大した距離ではありません。

 

20150730014

 

20150730015

やってきました小樽行き快速エアポート101号。列車は札幌を出ると琴似、手稲、小樽築港、南小樽を経て小樽には11時16分に到着。この列車は小樽どまりなので、ここで乗り換えます。乗るのは小樽発の倶知安行き普通列車。ここから先は非電化になりますので気動車です、それも2両編成。

11時21分発の倶知安行きはすでにホームに止まっていて、中に入ると満席でした。余市までは約30分。まあ、仕方ないですね、景色でも楽しみましょう。

しかし気動車なんて何年ぶりかしら。各車両に運転席とかあるのでじっくりと拝見しました。

 

20150730016

 

20150730017

 

20150730018

 

20150730019

途中、カーブが多くてなんとなんと時速30kmにもとどかないノロノロ運転です。その箇所を過ぎると80kmくらいまでは出していましたが、まあ、のんびり旅です。

 

20150730020

11時21分、列車は余市に到着。跨線橋を渡って出口に向かう途中で外を見ると丁度列車交換でした。もちろん単線です、単線。

 

20150730021

はい、余市駅。

 

20150730022

 

20150730023

 

20150730024

この余市駅を背にすると、ニッカウヰスキー余市蒸留所は少し先ですが真正面にあります。迷いようがないくらい。

 

20150730025

見学は無料です。中に入るとマッサンの最終話近くで出てきた風景そのものが目の前に広がり、プチ感動。

 

20150730026

 

20150730027

こちらはLITA HOUSE。

 

20150730028

もちろん竹鶴翁の像もあります。

一通り見て回る最後がウィスキー博物館です。

 

20150730029

 

20150730030

このヒゲのおじさん、ニッカウヰスキーのトレードマークのKING OF BLEDERSです。

 

20150730031

 

20150730032

 

20150730033

 

20150730034

上の写真は驚いたことに皆ウイスキーのボトルです。芸術的ですよね。

 

20150730035

国産第1号ウイスキーだそうです。

このウイスキー博物館を出ると最後はテイスティングです。ニッカ会館に行きましょう。敷地の一番奥の方になります。

テイスティングは二階です。

 

20150730036

 

20150730037

 

20150730038

 

20150730039

テイスティングは一種類につき一杯まで。必要であればおつまみは有料で売っています。

 

20150730040

ちなみに一回は売店とレストラン。私はここでKING OF BLENDERSがプリントされたTシャツを購入。レストランはイマイチなので、とりあえず小樽まで戻ることにしました。

 

20150730041

 

20150730042

列車は時刻が合わないので、バスです。実際問題小樽からはバスの方が本数が多くて便利です。

蒸留所の前からバスに乗って小樽に着いたのが14時半頃。さすがにお腹が空いたのでどこかで食事なんですが、土地勘なさすぎ。こういう時に強い味方がスマホ用の食べログです。あまり重いものを食べると夕食に支障をきたしますので、軽く蕎麦でもと探したのが、「藪半」という小樽駅から遠くない、メインストリートを一本入ったところにあるお店です。

 

20150730043

 

20150730044

私はおろしせいろ700円(税別)、妻はやまかけ800円(税別)です。さすがに食べログで3.55のお店です。蕎麦はしっかりと腰があり蕎麦の香りが豊か、汁も蕎麦の旨味を引き立てる出しの香り豊かなものです。食べログは3.0以上だと外さない、3.5以上だと当たりのお店というのが一般的な判断のようで、まさに当たり。

次にもし小樽へ行くことがあったら是非このお店へ来たいですね。

お腹も満足したので、13時41分発の区間快速いしかりライナーで札幌に戻ります。しばらく駅付近を札幌到着は14時21分と40分の列車旅です。

札幌について次に目指すは大丸地下のきのとやカフェです。東京にはチーズタルトだけのお店はありますが、ケーキとか食べられるカフェはありません。しばらく駅付近のたくさんあるお店をウィンドウショッピングしてから向かいました。

 

20150730045

 

20150730046

妻は、ストロベリータルト、ソフトクリーム&リーフパイ、チーズスフレ、チョコレートスフレの乗ったデザートセット(コーヒーまたは紅茶付きで税別1,200円)。私はクリームぜんざい(700円税別)。美味しゅうございました。

デザートもそこそこに、混雑前の18時前に早めの夕飯。これまた食べログで見つけたお店はPASEOウェスト地下1階の「四季 花まる」です。昨日の「回転寿司 根室花まる」の同系列店です。

またまた、ここからお寿司の写真。

 

20150730047

 

20150730048

20150730049_2

 

20150730049

 

20150730050

 

20150730051

 

20150730052

 

20150730053

 

20150730054

 

20150730055

20150730056

途中に寿司じゃないものがありますね。マグロカマですが、あまり期待はしていませんでしたが、意外にも可食部がたくさんありまして、カマ特有の味わいのある身が多くて美味しかったですね。

回転寿司根室花まるの方が、ネタの種類は多いです。こちらは回らないでゆったりしたテーブル席なので、回転の方より高めになりますが、シャリは四季花まるの方が美味しいですし、ネタの厚みも四季花まるの方が厚めでした。ゆったりとお酒をいただきながら妻と差し向かいで、美味しいお寿司を堪能できました。

この後セブンイレブンに立ち寄り少々お買い物。

 

20150730057_2

首都圏では見かけない大正金時甘納豆の赤飯おむすび。これ、結構美味しかった。首都圏でも売ってくれないかな。

 

20150730058_2

こちらはニッカの余市醸造所で買ったKING OF BLENDERSのTシャツ。

 

20150730059

 

20150730060

 

20150730061

というわけで、二日目終了。

2015年10月17日 (土)

夏の札幌夫婦旅行 〜1日目〜

いつも妻と二人で旅行に行くのは箱根とか鬼怒川とか、関東で近場の温泉が多かったのですが、今年の夏は妻の希望で札幌まで足を伸ばしました。最後に札幌に来たのは16年前!とんでもなく昔です。
出かけたのは7月29日(水)から、31日(金)の平日三日間です。JALのマイルを使いましたので、交通費は自宅から羽田までと、現地の交通費だけです。
いつも金沢に行く時はJALの小松線利用ですが、その際は7時台のフライトで早めに空港についてカードラウンジで無料のジュースとサービスのパンを頂いています。今回は、ラウンジについたのが9時半。出発は10時30分のJAL511便ですから、一時間ほどあります。今更空港売店とか見るものもないので、とっととセキュリティチェックを通って、ウェイティングゾーンへ。
羽田のいいところは、航空会社の上級会員でなくても主なクレジットカードのゴールドカード会員なら無料で使えるラウンジが保安検査通過後にあるのです。ほとんどの空港では保安検査前なので早めにラウンジをでないといけないので、あまり意味がありません。
さすがに9時半になると、ラウンジの無料サービスのパンは終わってしまっています。しかし、小腹が空いたので、まい泉ヒレカツサンド442円をオーダー。まい泉のヒレカツサンドは美味しいんですよね。

20150729001

今回、WEBチェックイン済みですが、空港到着時に一応クラスJの空きがないかと思ってチェックしましたが、満席でしたので予定通りエコノミークラスへ搭乗。
羽田から札幌までは約1時間半。小松だと50分弱なので約2倍の搭乗時間です。一人だと長いですが、夫婦二人だと割と時間が経つのが早いですね。
JL511便は何事もなく12時すぎに新千歳に到着。そのまま札幌...ではなくて、今回の最初の目的である空港内にある函館のラーメン屋さんの「あじさい」に足を運びます。狙うはもちろん塩ラーメン。
 

20150729002

 

20150729003

 

20150729005

これですよ、これ。首都圏だと東武池袋百貨店の北海道展に時々出店してくるので、その時には欠かさず足を運んで頂いています。本当は函館五稜郭の近くの本店がいいのですが、今回は札幌空港店でいただきます。さっぱりしているけれど、コクがあって味わい深いです。

20150729007

ラーメンをいただいた後は16年前と比べて大幅に拡張された空港内をぶらぶら。ここの国際線ターミナルへ行く途中にもたくさんお店があって、Royceのチョコレートワールドがあるのです。
 

20150729009

 

20150729010

世界各地のチョコレートの包装紙が展示されていますが、これはテレビ番組のなんでも鑑定団で売りに出していたのを、Royceの社長が買い取られたそうであります。と言ってもなかなか立派なコレクション。ほとんど知らないものばかりですが...
 

20150729013

さらにここのRoyceにはベーカリーがあります。先ほどラーメンをいただいたばかりですので、パンは帰りにしましょうか。
 

20150729026

この時空港内で、なぜか福島県玉川村のPRに玉川村の高校生たちが地元PR。なぜ札幌??それはともかくありがたくいただいたのがこのさるなしドリンク。さるなしはあまりにも美味しくて猿がすぐに食べてしまいなくなってしまうのでこの名前がついたとか。ホテルでいただきましたが、さっぱりして甘くてとても美味しいドリンクでした。
新千歳のいいところは市内まで電車で出られること。大抵の地方空港はフライトに合わせた空港バスなんですが、ここは電車、JR北海道。
向かうは今夜の宿である、センチュリーロイヤルホテル。なんでも朝食ビュッフェのメニューの豊富なので有名らしいですので、ちょっと期待。まずはお部屋を障害しましょう。
 

20150729014

ベッドはキングサイズです。自宅ではシモンズダブルクッションのシングルを二つくっつけているハリウッドツインですので、サイズ的には同じサイズになります。このサイズがあると二人でもゆっくり寝られます。
 

20150729016

 

20150729017

 

20150729018

 

20150729020

 

20150729021

 

20150729022

シャワーヘッドは固定と自在タイプの二種が付いています。固定ヘッドだけって嫌ですね。
 

20150729028

寝巻きは浴衣ではなく、前ボタンで丈の長いやつです。浴衣ははだけるから嫌いなんです。
 

20150729029

 

20150729030

 

20150729031

無料の飲み物とカップ、冷蔵庫の中(左のさるなしドリンク以外は有料です)。
 

20150729033

なぜかホテルのフロント前には巨大な恐竜の骨が!いつもあるわけではないです、たまたまこの時だけ。
さて、ホテルで荷ほどきをして一休みしてから、第二の目的地へ。それは新しくオープンした六花亭札幌本店と併設のカフェです。ホテルからは歩いてすぐでした。
 

20150729036

 

20150729037

 

20150729039

カフェもありますが、またずにソフトクリームなどをいただけるイートインコーナーもあります。
 

20150729040

 

20150729041

 

20150729042

いただいたのは、私がショートケーキ450円、妻がサックサク苺ミルフィーユ550円、それにコーヒーです。
 

20150729043

カップはロイヤルコペンハーゲンでした。
ここ、70席ほどあるらしいのですが、まだ新しいこともあって長居するご婦人が多くて、なんだかんだで1時間ほど待ってしまいました。いや、もう少し他の客のことを考えてそこそこで席を立ってほしいものです。私たちが待っている間、そして頂き終わって会計の方に行く時もまだ延々喋っていたおばさまたちがいましたから。一体何時間くらい粘っているのかしら。
この時は焼きたてのマドレーヌ(大平原)を無料試食ということだったので、それも目当てでした。ですが、なかなか来ない。おーい!
 

20150729044

ようやく来たのですが、店員が通り過ぎて行ってしまうので、妻が慌てて呼び止めます。おかげで無事焼きたての大平原をいただくことができました。焼きたては表面がパリパリして実に美味しかったです。自宅ではオーブントースターで軽く温めるとやはり美味しいです。最近のオーブントースターはインテリジェントでして、いろいろな温めができたりします。後日、自宅で温めていただきましたが、大平原は温めていただいた方が美味しいのす。
 

20150729045

一階の売店で買った大平原、なんもなんも。
 

20150729046

どらやき、ひろびろ。
 

20150729047

おまけでいただいた六花亭シンボルの花柄のうちわ。ちゃんと木製です、プラじゃない。喫茶室にはこの六花亭柄のクッションが各席にありました。このクッションカバー欲しかったのですが、販売されていないようでした。エプロンはあったのですが、欲しいのはクッションカバー。残念。
 

20150729048

こちらは六花亭じゃなくて空港で買ったじゃがボックル。一人当たりの購入数制限がありました。
 

20150729049

これが素晴らしい。フルーツオムレツ。これで280円ですよ、280円。下手すりゃコンビニスイーツ価格ですが、これだけのボリュームがありました。いや、美味しい、美味しい。
なんだかんだで待ち時間が長かったので、六花亭札幌本店には15時半頃に入店し出たのが17時前でした。六花亭で買ったお菓子やフルーツオムレツがあるので一旦ホテルに戻ります。フルーツオムレツはホテルの冷蔵庫に入れて夜に妻と二人でいただきます。
遅くなると夜ご飯も混んできそうなので、一休みしてからホテルを出ます。一休みしている間に食べログで良さげな寿司屋を探します。北陸でもそうですが、東京と違って回転寿しでもレベルが段違いなので、目指すは地元民にも好評な「根室花まる」です。ここも30分ほど待ったでしょうか。
 

20150729050

 

20150729051

ここからは寿司写真オンパレード。
 

20150729052

 

20150729053

 

20150729054

 

20150729055

 

20150729056

 

20150729057

 

20150729058

 

20150729059

 

20150729060

 

20150729061

 

20150729062

 

20150729063

いやいや予想通りの美味しさでした。回転寿しですがやはりレベルが違います。札幌のJRタワーステラプレイス店は食べログで3.6ですがそれだけのことはあります。東京では丸の内のKITTEにあるそうなので、待ちを覚悟で行ってみるとしましょう。
根室花丸でお寿司でお腹いっぱいになって出たのが19時半。
ホテルに戻る途中でローソンで調達したのがこれ。
 

20150729064

 

20150729065

私の夜食の生たらこおにぎりと麦茶。麦茶はJALの搭乗チケットの裏面で当たったのがこれ。以前はマクドナルドでした。
 

20150729066

ビーだまキャンディ。初めて見ました。
 

20150729067

六花亭で購入したフルーツオムレツ。美味しかったです!
<1日目終了>

2015年10月16日 (金)

Ankerの防弾ケブラー素材使用USBケーブル

Anker PowerCore 20100のことは昨日記事にしましたが、一緒に購入したのがAnker PowerLine USBケーブル

謳い文句によれば、防弾ケブラー素材使用とのこと。日本という安全度の高い国に防弾なんて物騒な。いや、別にチャチなUSBケーブルで防弾処理をしようなんて思わないですよね、誰も。要するにケブラー繊維を使っていることで高耐久を実現したということだそうです。

価格は90cmのもので、microUSBケーブルが初回限定599円。MFI認証のLightningケーブルが999円という価格。microUSBケーブルはやや高め。LightningケーブルはMFI認証付きとしては爆安。私のようにiOS/Android両方使いは両方買っても、普通のLightningケーブルより安いくらい。

201510110013

201510110062

上の写真を見てお分かりかもしれませんが、ANKERロゴ入りのベルクロ素材のケーブルタイが付いています。

201510110042

こんな感じです。世間には数多くのUSBケーブルがありますが、ケーブルタイが付いているmicroUSBケーブル、Lightningケーブルは初めて見ました。大抵は黒のビニタイで止められているので、それを使っていていつの間にかなくなったという人も多いのでは?モバイルバッテリーと一緒にポーチにしまうのに長くてめんどくさいし、絡まったりして鬱陶しいことこの上なし。

これは秀逸なアイデアです。まあ、ベルクロ素材のケーブルタイは普通に売っているのですが、USBケーブルのためにわざわざ買おうとは思いませんね。

これはちょっとしたことですがいい気遣いです。

201510110022

201510110052

ケーブル自身はケブラー素材使用ということでちょっと固めですが、普通に使えます。ってか、使えないと困ります。

ただ、これはケーブルのせいではないですが、Anker PowerCore 20100についているメッシュポーチにバッテリーとケーブル2種をしまうと、ベルクロテープの端やコネクタ部がメッシュの穴に引っかかったりして微妙に使いにくいです。これは、素直に100円ショップで縦長で短編側に出し入れ口のあるクッションケースとか探した方が吉かもしれません。

でも、安いですね、このケーブル。Lightningケーブルは初回限定で999円ですが、その後も1,299円だそうなので、90cmという長さを承知すれば、断然お安いです。特にモバイルバッテリーに使うには曲げることも結構ありますから、高耐久は必要でしょう。Apple純正のLightningケーブルは高い割に弱いので。

2015年10月15日 (木)

Anker PowerCore 20100

普段、通勤バッグに入っているモバイルバッテリーはこれです。

20151011002

Ye!! モバイルバッテリー ENERGY duoです。公称容量は8,400mAhで、最大の特徴は、MFI認証のLightningケーブル、microUSBケーブルが内蔵されていること。ケーブルって結構鬱陶しいんです。

これはイイ!!と思って、持っていましたが、このケーブルというのが普通のやわらかなものではなく、本体外装のTPUと同素材で非常に短いので、スマホに接続できるスタイルに極めて限りがあります。さらにmicroUSBの方はD-とD+がオープンなので、スマホによっては急速充電モードにならずに、エラーーーーーク時間がかかります。

そういう訳で、今回新人の登場です。大抵のモバイルバッテリーはPanasonic製のお高いやつなどを別にすれば、中国製のやすーいセルを使っていますが、今回ご紹介するのは、Panasonic製のセルを使っているというもので、出力も2.4Ax2系統が取れます。Anker PowerCore 20100というもので、Amazonで安く買えます。モバイルバッテリーではChiroかAnkerですが、後者は結構評判が良いようです。

201510110012

本体、USBケーブル、メッシュのポーチがついています。

20151011006

このIQってのはPowerIQ機能ということで、USB接続された機器に最適な電流を推測して充電するというらしいもの。

20151011007

横のボタンを押すとバッテリー残量を25%単位で表示します。充電はケーブルを繋げば自動的に始まります。

20,100mAhと言っても実際には効率があるので、実容量は60〜70%程度と推測できます。

重量は決して軽いとは言えませんが、このクラス最軽量で実測351gです。

20151011004

Ye!!の方は206g。

20151011001

ちなみに、愛用のSONY Xperia Z3 tablet compact (GLOBAL EDITION, LTE対応, 技適認証あり)をTPUシェル込みで測ったのが下。

20151011005

これが329gなのでこれより重いですが...。

20151011008

20151011009

製品添付の説明書記載では出力は2ポート合計で4.8A。充電は2A以上の充電器が必要ですね。残量インジケーターについての説明もありますが、4つ全部ついてフル。二つなら50%です。大容量なのでこれ自信の充電には時間がかかりそうですが、旅行などだと夜のうちに充電すればOKかな。

2015年10月14日 (水)

箱根湯寮

箱根は日帰りでしたので、温泉宿に泊まることもありませんでしたが、せっかくなので温泉に入りたい!と日帰り専門の温泉施設である「箱根湯寮」に行きました。

箱根湯本から送迎バスでもいいですが、登山電車で一駅乗って塔ノ沢から歩いてもすぐです。

20151010017

まずは箱根湯本。

20151010016

現在は3両1編成のみを残すモハ2型が止まっていました。

20151010018

登山電車では箱根湯本の次の駅、塔ノ沢でおります。

20151010019

小さな無人駅ですが、Suica・PASMOの簡易改札機がありますので、ICカード乗車OKです。

20151010020

駅をおりると左手に小さな土産物売店がありますので、それを見ながら沢伝いの細い道を歩きます。塔ノ沢ってその名の通り沢があるんですよね。

20151010021

細い道ですが、気持ち良いですね。

20151010022

道なりに歩くと、道が二つに分かれますが左側の道に「箱根湯寮」の看板があります。ここまではなだらかな下りですが、ここからは少しの間上りになります。

20151010023

上りきったところが、箱根湯寮の駐車場の入り口。目の前に箱根湯寮の第二源泉の塔があります。

20151010024

駐車場を横切ると箱根湯寮の入り口があります。なかなか風情があります。

20151010025

20151010026

20151010027

お風呂の中は写せないので写真はここまで。

予約すれば個室も使えます。一般の入浴は1,400円。バスタオルやフェイスタオルは必要ならばそれぞれ450円、250円での販売です。貸切個室露天風呂を使用するとタオル・各種アメニティが付いてきます。タオルは面倒でなければ持参したほうがいいです。貸切個室露天風呂を使って大浴場も使いたいときは1,000円の追加が必要です。

大浴場の男湯は、室内風呂が一箇所(ジェットバス、気泡風呂もあり)、露天は見晴湯、岩風呂、信楽風呂の三箇所。他にサウナ「熱ノ室」があります。

箱根には日帰り温泉施設は日帰り利用可能な宿も含めるとたくさんありますが、駅からさほど遠くないところというのはあまり多くないですが、選択肢は沢山ありますので、泊まるのはちょっと、でも、温泉は楽しみたいという時にいかがでしょうか。

続きを読む "箱根湯寮" »

2015年10月13日 (火)

神奈川県立 生命の星・地球博物館

土曜日にふらりと箱根に行ってきたわけですが、行きたかったところはここです。

ここは、かなり以前に家族で箱根の温泉に一泊した翌朝が結構な雨で、果てさてそうしようか、と思っていた時に宿のフロントに、ここのパンフレットが置いてありまして、駅からもすぐみたいなので行ってみておおきに気に入ったところです。

東京から小田急ロマンスカーで箱根に行くと通り過ぎちゃうのですが、箱根湯本の一つ手前の駅の入生田の目の前にあります。ちなみに、箱根の駅構内にパンフレットがあり、ここに割引券が付いていますので、ぜひ頂いていきましょう。

20151010001

箱根湯本からは130円の最短区間です。小さな駅ですが、小田原方面からだと降りたホームにSuica・PASMOの簡易改札がありますので、そこを出ましょう。

20151010002

ちなみに、小田原から先は小田急線じゃなくて箱根登山鉄道の電車線です。(早雲山に行くケーブルカーは箱根登山鉄道鋼索線と言います)

この区間は珍しく三線軌条になっています。元々小田急は狭軌、箱根登山鉄道は80‰の急勾配を上る大型電動機を抱えるために(昔の車両)狭軌にはできず標準軌道になっていました。そのため昔は小田原と箱根湯本の間が全部三線軌条だったと聞きます。しかし、その後、この区間を走るのは全部狭軌の小田急車両になったため、本来なら不要なんですよね。しかし、箱根湯本から強羅に行く登山電車の車庫が入生田にあるため、箱根湯本と入生田の区間だけ三線軌条が残されています。営業運転では通常は登山電車の車両の標準軌道の車両が、箱根湯本より小田原よりを走ることは今はありませんので、電車が車庫に入るときだけですね。見ることができた人はラッキーかも。

20151010003

さて、入生田の駅を出て右手に細い道を歩いていくと、線路の反対側に出るガードがありますので、そこをくぐります。

20151010004

すると国道1号線(東海道)が目の前にありますが、そこを渡る歩道橋がありますので、エレベーターもしくは階段を利用してこの歩道橋を上がって渡ります。

20151010005

ちょっと高くなっただけで景色が抜群にいいですね。

20151010006

歩道橋を渡りきると右手におしゃれな建物が見えてきます。これが生命の星・地球博物館。

20151010007

いいですね、このフェイス、好きですよ。おしゃれです。ここの展示の最大の特徴は展示物に触ることができること。剥製などは大抵の博物館では触ってはいけないのですが、ここは通路側にある剥製は優しく触って毛並みを感じることができます。

カンガルーの毛がとても柔らかでシルキーなのに対して、隣に置いてあるハリモグラは毛じゃなくてほとんど鎧じゃないかというくらい硬くてびっくり、何てのも言葉ではなくて触ることで体感し忘れ得ぬ体験になります。

20151010008

入るとすぐに宇宙の中の地球のコーナーがあるのですが、そこを過ぎるとでかい岩があります。特に目につくのが柱状節理です。とても自然の産物とは思えない整然とした美しさがあり、しばしその前で見とれてしまいます。

20151010009

化石コーナーにはよく見かけるアンモナイトがでかでかとありますが、その反対側にひっそりとあるのがこれ。ウインタクリヌス・ソキアリスという中生代白亜紀後期のウミユリの仲間の棘皮動物だそうです。ウィンタクリヌス・ソキアリスでググってもこの博物館がらみしか出てこないのは、ここにしかないから????でも不気味です。宇宙人じゃないですか。

20151010010_2

次に出てくるのが生物コーナー。この辺りになるとさすがに動物園とかで見たことありますね。アカカンガルー(比較的小型のカンガルーです)の剥製がありますので、ぜひ優しく撫でてください。驚くほどにシルキーで柔らかな毛です。コアラの毛の方がゴワゴワしています。

20151010011

こんな風に一かたまりで展示されていますので、ぜひ手前の通路側のものに触れてみてください。これがこの博物館の良いところ。他の展示物も手の届く範囲で、ケースでガードなどされていないものには触ることができます。

20151010012

上から見るとこんな感じの展示ですね。1階から3階まで吹き抜けの広い空間での展示です。

20151010013

柱状節理のある展示場を上から見るとこんな風です。運び込むの大変だったでしょうねぇ。

201510100014

こちらは蝶のコーナーにあるモルフォ蝶。なんていう美しい光沢。金属光沢ですね、自然ってすごい。

201510100022

これ、枯葉じゃなくて蝶です。コノハチョウ。擬態ですがいや芸術的。

201510100032

ヘラジカ。ちょーでかいです。こんなのが目の前に出てきたら腰が抜けます。

201510100042

というわけで、見どころたっぷりの博物館です。箱根観光もいいですが、一駅電車に乗ってここを訪れてはどうでしょうか。

残念ながら警戒レベル2なので大涌谷には行くことができませんので、ぜひポイントに加えてみてください。

2015年10月12日 (月)

箱根といえば

先日の土曜日に、ちょっと訳あって、ふらりと一人で箱根に日帰りをしてきました。入生田の神奈川県立の生命の星・地球博物館を見たり、箱根湯寮で日帰り温泉を堪能してきました。

その話は明日にして、箱根といえばこれでしょう!

201510100013

箱根といえば、仙石原の第3東京市ですわな。そ、エヴァンゲリヲンの世界ですな。そして、箱根湯本駅の下にはえゔぁ屋がありまして、店頭にあるのが、この、綾波レイの等身大人形。

特に何も買いませんでしたが、とりあえず綾波をパチリ。

2015年10月11日 (日)

MB496J

先日、棚の整理をしていたら「iPhone 3G」が出てきました。MB496J、つまりiPhone 3G 16GB ブラックです。

このブログのiPhone 3Gカテゴリを見ていただくと、最初の記事が2009年4月28日ですから、今からおよそ6年半前ですね。

最新のiPhone 6s Plusと並べてみました。

20151004001

iOSバージョンは4.2.1でこれ以上にはアップデートできません。

今のiOS9に比べると機能は雲泥の差。

当時はショッキングなくらいの高機能でした。でも、通信環境はLTEなんて存在せず3Gで頑張っていましたね。しかし、PDAの流れで、スケジュール・アドレス・メモができメール処理ができて、ちょっとしたwebを見ることができるのでそれはそれはすごかったです。

当時の記事を振り返りますが、「HP12C Platinum on iPhone」は今でも愛用しているHP電卓ソフト。

この時のiPhoneは本体自身では着信拒否機能がありませんでした。でも、皆さんご存知の通り今は着信履歴にあるものを拒否設定ができます。

これいつからついたんだろう。

調べてみたらiOS7だそうです。iOS7は2013年にリリース、つまり2年前にリリースですから、それまでは天下のiPhoneでも着信拒否機能がなくて、この点だけはフィーチャーフォンに負けていました。

Document ToGo、今は使っていません。Office 365 for Businessを契約しています。税込み972円/月で、Mac/PC5台まで、タブレット5台まで、スマホ5台まで使えるマルチプラットフォームでのPowerPoint・Word・Excel・OneNote、OneDriveも1TBまで使えます。今は、これ、これっきゃない。使い勝手ではiWorkの方がMacやiOSに最適化されているのですが、 Androidじゃ動かない(笑)。

そんなこんなで、6年前を思い出すものでした。

バッテリーがどれくらい持つのかわかりませんが、一応動きます。

2015年10月10日 (土)

31年前

今日は10月10日。今から31年前の1964年10月10日は何の日でしたか?そう、東京オリンピックの開会式のあった日です。

この時は、戦後19年目ということもあって、発展に向けて日本中が燃えていました。ですから、オリンピックへ込める国民の思いはただならぬもので一体感は相当なものでした。

それから31年たち、2度目の東京オリンピックまで5年を切りました。なのに、エンブレムの盗用騒ぎで一旦決めたエンブレムはリセット、メイン会場の国立競技場は、費用を考えないで案を採用したというアホな状況に陥りこれまたリセット。さらに国民の盛り上がりもイマイチです。

前途多難ですが、一旦決めた以上は全力投球で臨み、参加各国から東京でやってよかった、東京の2度目の大会は1度目以上に素晴らしかったと言って頂ければいいです。

そのためには自分に何ができるか。サラリーマン人生も終わりが近いので、英語でのボランティアとかできて貢献できればいいなとか思っていますが、どうなりますかな。

2015年10月 9日 (金)

iPhone 6s Plusで川沿いの風景

特別な景色ではありませんが、非常に天気が良くて青空が美しいと、ついカメラを出したくなりますが、そういつもカメラを持っているわけじゃない。

でもiPhone 6s Plusなら持っています。

ってことで、ナーーーーンにも考えずにパチリ。

結構いい色してます。かつてのオリンパスブルーとは違いますが、綺麗な青空です。

20150930001

夏空から秋の空になってきましたね。

あとひと月少々で紅葉の声を聞くようになります。

2015年10月 8日 (木)

iPhone 6s Plusでテキトーに撮った電車

あるところで線路沿いを歩いてたら、電車がやってきたのでふと思い立ってiPhone 6s Plusを取り出し、何も考えずにカメラアプリを起動して、画面の中に電車の先頭車両が来たところでパチリ。

20151003001

今までのiPhone 6なら、このタイミングで撮ると、電車の先頭部分は画像に左端かちょっと切れてしまうくらいになったのです。つまり、シャッターボタンをタップしてから、実際にシャッターがおりるまで時間が掛かるしAFも今一歩でした。

しかし、先日紹介したように、AFは大幅進化、タイムラグも非常に短くなりました。

レンズ・撮像素子が小さいので高感度は期待できないのはやむをえないというか理論的に当然だと思いますが、こうしたいい天気の下ではかなりいい感じで撮れそうです。

2015年10月 7日 (水)

ニラレバ?レバニラ?

ニラレバ炒め?レバニラ炒め?改めて聞かれるとどちらが正しいのか?いや、両方正解なのか?

考えても調べてもよーくわからない。

こういう時のGoogle先生。Google Trendsを使って調べてみました。

20151004

ここだけ見れば、ずーっとレバニラの方が上ですね。これが結論ってわけじゃないですが、どうもレバニラの方がより一般的なようです。

ちなみに、私、食べますけど、めっちゃレバー大好きじゃないので、まあ、ほどほどに。

2015年10月 6日 (火)

猫のふみふみ

猫ちゃんって、柔らかいところで前足ふみふみしますね。

マロンも例外ではなくベッドの布団の上でふみふみ、ふみふみ。

手(前足とも言う)が、パーになるところが可愛い〜!

2015年10月 5日 (月)

iPhone 6s Plus使い始めて一週間

iPhone 6s Plus (128GB, SoftBank)を使い始めて一週間が経ちましたので感想などを。

無印からPlusへの大きさ・重さの変化はインパクトが少ない

iPhone 6は129gでしたが、iPhone 6s Plusは192gと、本体で63gも重くなりおよそ50%重量が増加しています。

大きさはといえば、138.1mm(H) x 67.0mm(W) x 6.9mm(D)が、158.2mm(H) x 77.9mm(W) x 7.3mm(D)と高さで2cm、幅で1cm、厚さで0.4mm大きくなっています。

これらの変化が与える影響は人様々だとは思いますが、自分の場合では重さはさほど苦になりません。確かにずしりと重量感がありますが、まあ、許容範囲内。

大きさの方ですが、一番気にしていたのはビジネススラックスのポケットに不自然ではなく入るか?ってことですが、これはOKでした。座る時に多少位置を動かさないと突っ張ることがありますが、一方でちょっとポケットの内側サイズが大きなスラックスだと、iPhone 6サイズでは縦ではなくいつの間にか横になって取り出す時に突っ張ってなかなか取り出せないことがありました。特にケースが滑らない素材だとこれが結構イラつきますし、横になってしまうと鬱陶しいことこの上なし。しかし、さすがにPlusのサイズだと横になってしまうことはないので、かえっていいのではないかという感じです。

カメラのAF高速化とシャッタータイムラグの激減

iPhone 6及びそれ以前だと、まずは黄色のAF枠が表示されピントがあってからシャッターが切れていたので、1秒かからないとはいえかなりのタイムラグがあり、事実上動体撮影は不可能でした。

しかし、iPhone 6s Plusにはこれがないです。AFが非常に早くシャッターボタンをタップしてから実際にシャッターが切れるまでのタイムラグが非常に小さいです。したがって、通り過ぎる電車を撮るのも可能になりました。

これが今までだと、被写体の動きを予測して早めにシャッターをタップするんですが、タイミングはうまくあってもAFがイマイチなんですよね。

結構ストレスだったので、非常に嬉しい進化。

Touch IDの認識が爆速

iPhone 6からの機種変更で真っ先に感じたのが、Touch IDの認識速度の速さ。iPhone 6の時は、スリープ状態からホームボタンを押すと、ロック画面が出て一呼吸あってから、ホームが画面が出ていましたが、これがiPhone 6s Plusだと、一瞬ロック画面が出てすぐにホームになります。時計を見ようと思ってホームボタンを押したらもうホーム画面になっていて、時計を見る余裕はあまりない感じ。まあ、ちょっと大げさかもしれませんが、でも、感覚的にはこれくらい。

3D Touchは、まだこれから

6sモデルでウリの3D Touchはどうでしょうか。Peekで覗いてPopで開く。まだ、iOS9内蔵アプリしか対応していないので、これからでしょうね。ただ、一つ不便なのが、通販の発送通知メールで伝票番号がメールアプリでは電話番号リンクとして認識され、今までのように数字列をコピーすることができないようです。数字列以外をプレスして範囲選択しないといけませんので、微妙にめんどくさい。

しかし、マルチタスクの切り替えに3D Touchは便利です。従来のようにホームボタン2度押しをしなくても良いので結構便利。

iPhone 6s/6s Plusは、見た目は無印の6/6 Plusと変わりませんが、中身は大きく進化していますね。派手な大変化ではないですが、普段使うところが結構良くなっているので、機種変更の価値はありました。

2015年10月 4日 (日)

虫めずる姫

どこからか娘がとらえてきました。小学生じゃないんだから…。虫が好きなんですよね、大人の女になっても。

201509270012

ところで、これ、なんだっけ?思い出せません。

2015年10月 3日 (土)

スズメバチ騒動

先日のことです、妻と一緒に買物から戻ってきたら、洗面所から妻の叫び声。

「ぎゃー、虫!虫!虫!虫!虫!虫!虫!虫!虫!」

バッタ大嫌いの妻が、どうせ服にくっついたバッタでも見て騒いでいるのかと思って、でも、タダ事ではない叫び声に飛んでいって、見てビックリです。

妻のジャケットの袖のところにでかいスズメバチが止まっていました。さすがにこんな間近でスズメバチを見たことはなかったので、こちらも叫びそうになりましたが、そこは冷静に。

「いいか、絶対袖を動かすな!」と厳命し、妻の腕と体を抑えながら静かにベランダの方へ。そして娘に網戸を開けてもらい、止まっている方の腕を静かに外へだしました。このままにして飛び去るのを待つしかありません。

しかし、待てども暮らせども動く気配もない。このままずーっとじっとしているわけにもいかないので、妻の腕をとって軽く軽くゆすりました。すると、どういうわけか、スズメバチがバルコニーの床にポトリと落ちました。どうやら、かなり弱っているようです。これが幸いして逆襲を受けずに済みました。ラッキーとしか言いようがありません。基本的にはじっとして飛び去るのを待つしかないですね。無理に服を脱ぐとハチを刺激してしまいます。

その後も、ハチはよたよたとバルコニーの床を、プラスチックのコンテナの影まで歩いて行きジーっとしています。かなり弱っているようで…。しかし、弱っていても、いつ刺されるかわかりません。刺されたら救急車ですし、万一二度目だったりするとアナフィラキシーショックを起こして命に関わります。

静かに網戸を少しだけあけて手を出して、プラのコンテナの端を持ち上げて足の部分をハチの真上から落としました。ラッキーなことにプラの足がハチを前後に二等分してしまいました。殺生申し訳ないが、こちらだって命が大事。

しかし、驚くのはそれから。数分の間は分断された前半だけが四本の足と触覚と顎が動いていました。恐ろしい生命力です。

何にせよ、ラッキーでした。妻も叫びはしたけど、我を忘れて腕を振りまわせず固まっていたも幸いでした。叫び声を聞きつけて直ぐに妻に絶対動くな!腕を動かすな!ときつく命じたのも良かったようです。

初夏〜初冬まではスズメバチの活動期です。ご注意ください。腕を振り回すとか叫んで逃げ惑うとか最悪です。スズメバチを見つけたら、静かに、スズメバチに後ろを見せず、静かに、静かに、後退りして遠ざかりましょう。白っぽい服のほうが危険は少ないようです。最悪なのは黒尽くめの服装で叫んで手足をばたつかせて走り回ること。これはハチにとっては危険な攻撃者にしか映りません。当然、自己防衛のために攻撃してきます。

ともあれ、ご注意を。

2015年10月 2日 (金)

日曜日の銀座

日曜日にアップルストアにiPhone 6s Plusを買いに行った後、銀座から東京駅まで晴海通りをぶらぶら。

201509270013

5連休のあとの日曜日だからでしょうか、昼近いのに人出はまばらでした。しかし、アップルストア銀座の中だけは人がいっぱいでした。

晴海通りを京橋方面に歩くと、こういうのが右手に見えてきます。

20150927002

存在は知っていましたが中は見たことがありません。

20150927007

後ろにつかれたりするとすげぇ嫌な白バイですが、子供の憧れですね。白バイ警官って理屈抜きに格好いいですもの。

20150927003

中へ入ると古ーい小さなヘリ。

20150927004

操縦席に座ることができます。

20150927005

こちらは珍しい赤バイ。もちろん今はありません。今、赤バイというと消防隊にあるところがありますが、こちらは警察車両です。

20150927006

こちらは黒バイ。見覚えのある人は多いのでは。要人警護などに活躍したそうです。同じ車両ではありませんが、今でも皇宮警察にはあるそうです。ちなみにこれはハーレダビッドソンです。

警察博物館なる地味〜なミニ博物館を出てしばらく歩くと明治屋が。こういう風情ある建物はいいですね。近代的なビルばかりだと銀座って感じがしません。

20150927008

昔は、ここでハワイのパイナップルワインであるマウイブランを売っていたので探してみましたが、もう扱っていないようでした。残念。

いつもなら、さらにぶらぶらするところですが、帰ってiPhone 6s Plusをセットアップしたいから、とっとと銀座を後にしました(笑)。

2015年10月 1日 (木)

心機一転

多くの会社は今日が2015年度下期初日でしょう。自分の勤務先もそうです。

実は、今日から勤務先が変わりまして(同じ部門ですが拠点が変わりました)、片道2時間半ほどの通勤が片道1時間20分ほどになりました。

仕事ではしょっちゅう、週に一度〜三度は行っていた場所なので、別に何も変わった気はしませんが仕事の内容が変わりますので、心機一転です。田舎勤務から都心勤務です。

わーい、東京のリーマンだぁ(笑)。

さて、心機一転、がんばりましょう!

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »