マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 箱根湯寮 | トップページ | Ankerの防弾ケブラー素材使用USBケーブル »

2015年10月15日 (木)

Anker PowerCore 20100

普段、通勤バッグに入っているモバイルバッテリーはこれです。

20151011002

Ye!! モバイルバッテリー ENERGY duoです。公称容量は8,400mAhで、最大の特徴は、MFI認証のLightningケーブル、microUSBケーブルが内蔵されていること。ケーブルって結構鬱陶しいんです。

これはイイ!!と思って、持っていましたが、このケーブルというのが普通のやわらかなものではなく、本体外装のTPUと同素材で非常に短いので、スマホに接続できるスタイルに極めて限りがあります。さらにmicroUSBの方はD-とD+がオープンなので、スマホによっては急速充電モードにならずに、エラーーーーーク時間がかかります。

そういう訳で、今回新人の登場です。大抵のモバイルバッテリーはPanasonic製のお高いやつなどを別にすれば、中国製のやすーいセルを使っていますが、今回ご紹介するのは、Panasonic製のセルを使っているというもので、出力も2.4Ax2系統が取れます。Anker PowerCore 20100というもので、Amazonで安く買えます。モバイルバッテリーではChiroかAnkerですが、後者は結構評判が良いようです。

201510110012

本体、USBケーブル、メッシュのポーチがついています。

20151011006

このIQってのはPowerIQ機能ということで、USB接続された機器に最適な電流を推測して充電するというらしいもの。

20151011007

横のボタンを押すとバッテリー残量を25%単位で表示します。充電はケーブルを繋げば自動的に始まります。

20,100mAhと言っても実際には効率があるので、実容量は60〜70%程度と推測できます。

重量は決して軽いとは言えませんが、このクラス最軽量で実測351gです。

20151011004

Ye!!の方は206g。

20151011001

ちなみに、愛用のSONY Xperia Z3 tablet compact (GLOBAL EDITION, LTE対応, 技適認証あり)をTPUシェル込みで測ったのが下。

20151011005

これが329gなのでこれより重いですが...。

20151011008

20151011009

製品添付の説明書記載では出力は2ポート合計で4.8A。充電は2A以上の充電器が必要ですね。残量インジケーターについての説明もありますが、4つ全部ついてフル。二つなら50%です。大容量なのでこれ自信の充電には時間がかかりそうですが、旅行などだと夜のうちに充電すればOKかな。

« 箱根湯寮 | トップページ | Ankerの防弾ケブラー素材使用USBケーブル »

デジタル小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Anker PowerCore 20100:

« 箱根湯寮 | トップページ | Ankerの防弾ケブラー素材使用USBケーブル »