マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 台風進路予報 | トップページ | 上野・浅草界隈 »

2015年9月 6日 (日)

サーモスのタンブラー

前から気になっていましたが、ようやく(ってそんな大した物じゃないですが)購入したのが、サーモスの真空断熱タンブラー320mlタイプのJDA-320です。

20150831001

2個セットをLOHACO(ASKULの個人通販)で2,200円(税・送料込み)にて購入しました。

ググると暖かいものは暖かく、冷たいものは冷たいままに、っていいことばかりが眼につきます。結構評判も良いようです。でも、そんなにうまい話ってあるかぁ?

半信半疑で、普通のガラスのコップとサーモスのタンブラーにキンキンに冷やしたビールを注ぎ夫婦でちびちびと。十分もすると舌ではっきとわかるほどに保冷の差ができました。最初に注いた一杯は最後までつめたーく頂けたのがサーモスです。

ただし、これはサーモスのせいではないですが、キンキンに冷えたビールはキンキンのままにサーモスに注ぎきる必要があります。当然のことながら缶に入れた飲料が残っている状態だと、サーモスの中身は保冷できても、缶のほうは温まってしまいます。320mlですがこれはすりきりに入れた状態での話なので、350ml缶はそそぎきれません。注いで、まずは半分くらい飲んで冷たい状態の缶の残りを注ぐか何かしたほうがいいようです。継ぎ足しが嫌なら最初に半分だけ注いで一気に飲み切り、残りが冷たいうちにサーモスに注ぐのいいですね。

オフィスなどだと、仕事しながら飲むことが多いので、熱いお茶やコーヒーがぬるくならないで一時間くらいは楽しめそうです。

« 台風進路予報 | トップページ | 上野・浅草界隈 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーモスのタンブラー:

« 台風進路予報 | トップページ | 上野・浅草界隈 »