マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 回転レストラン | トップページ | プーさんミネラルウォーター »

2015年8月24日 (月)

SONY Xperia Z4 tablet (au SOT31)

先週の木曜日のことですが、SONY Xperia Z4 tablet (au SOT31)がやって来ました。このCMがとても印象的なタブレットです。

見ていて、なんか都合がいいところだけ強調したCMじゃん、とか思っていました。でも格好よくてスマートじゃないですか、気にならないといえばこれは嘘になる。

手持ちの10インチ級タブレットは、iPad Air (SoftBank)ですが、これが11月に年期明けを迎えるのでそのときに、次をどうするかってのは考えていましたが、そこへもってきてこのCMじゃないですか。

XperiaはZ3 tablet compact (SIM freeのグローバル版、技適認証有りのSGP712)を使うまでは食わず嫌いでしたが、このZ3 tablet compactを使って、軽い・薄い・速い・バッテリーが持つ・使いやすいってことで自分の中でイメージは完全に一新。ならば、次はZ4 tabletか、Androidスマホは来春年季明けでauのZ4かと思っていました。

そんな矢先に、某auショップで、キーボードBKB50を台数と期間限定でオマケにつけますってのを知って、急遽電話したらあと3台というので週末には多分なくなってしまいそうな感じなのでお取り置きをしてもらい、会社は午後から休みをとってスタこらさっさ。あらかじめ電話をしてお取り置きしていただいたので、非常にスムーズな対応でした。

ちなみに、auははじめてではなくて、以前SHARPのスマホであるAQUOS PHONE SHL22を契約していた時期がありましたが、SoftBankにMNPしちゃいました。その後、iPad mini 2(当初の呼び名はiPad mini Retina)を新規契約していますので、これが2回線目になります。

ちなみにセルラー版とWifi版のZ4 tabletの最大の違いは、モバイル通信に対応しているか否かという当たり前のことを別にすれば、フルセグ・ワンセグを搭載しているか否かです。セルラー版にはdocomo、auともにフルセグ・ワンセグ内蔵で、電波さえ来ていればテレビを見ることができます。テレビなんざぁどうでもいいという方はそれで結構ですが、この違いは知っておいて損はありません。でも、ネットに頼らずテレビを見ることができる、FMラジオを聞くことができるというのは、イザってときには大変重要なことだと思います。3.11のときはたまたまポケットラジオを持っていたので非常に助かりました、この経験からですね。

そういうわけでXperia Z4 tablet (au SOT31)です。

20150820010

最近のタブレットやスマホはAppleみたいに白箱が多いですねぇ。

20150820011

20150820012

初期のOSバージョンはLollipop 5.0.1でした。5.0.Xはバッテリーの問題があるので、できるだけ早く5.1.Xにしてほしいですが、キャリア版なのでキャリア次第なんですね、これが…。

20150820006

こちらはとてもお得な数量限定無料サービスのBKB50です。ヨドバシだと16,320円になっていました。キャリア版タブレットは、ほとんど値引きがないので、これはもうめちゃお得。92,880円(税込み)なので、ヨドバシ価格は16,320円、au価格だと19,440円。仮に19,440円だとすると、92,880円+19,440円→92,880円で、さらにQuoカード500円がおまけでしたので、92,880円+19,440円+500円→92,880円、つまり18%引きでした。スマートフォンはMNP一括とかで結構安くなりますが、タブレットにはMNPはありませんしスマートフォンほど販売店間競争が激しくないのでどこで買っても安くなりませんので、やはりお得だといえます。

20150820007_3

パッケージをみるとキーボードのほかになにかありますね。

20150820008

ソフトケースが入っていました。Z4 tablet単体でも、キーボード装着状態でも使えます。大した額でないと思います(NOT FOR SALEでした)が、都合2割引きくらいのい感覚になりましたね。

201508220012

201508220022

CMそのままでして、手軽さ・軽さについては冒頭のCMは決して大げさや誇大広告ではありません。

タブレットで使うBluetoothキーボードはいくつか持っています。中でもZAGGkeys Flex FOLZKFLEXはとても使いやすいとは思いますが、BKB50とZ4 tabletの組み合わせはこれの敵ではありません。なんせ、本体+キーボードを前提に双方を設計して作りこんでいるので、相性の良さは抜群。普通に小型のノートパソコンを使う感覚です。ただOSがMacOSやWindowsじゃないってだけ。どちらかといえばChromebookの感覚に近くなりますね。Bluetoothキーボードから入力すると、文字入力が追いつかないケースも多々あるのですが、BKB50+Z4 tabletではそんなことはありません。私自身はタイプが速い方なのですが、全く落としません、立派立派。この記事の前半部分はZ4 tablet+BKB50で入力しましたが、ポインタも含めて普通にPC感覚で使えます。当たり前といえば当たり前の、PC的に普通に使えるというのはWindowsタブレット以外ではとてもハードルが高いです。天下のiPadといえども、キーボードをつけて使うとのはAppleの発想にはありませんので、やはり無理やりとって付けた感が否めません。キーボードにも戻る・ホーム・タスクボタンやスリープボタン、通知領域を表示するボタンなどがあるのは専用設計ならでは。

あとは、早くLollipop 5.1.2にしてくれませんか、ってのが要望です。

タブレットをキャリア版にするかWifi版にするか悩む人は多いと思います。私の場合、auだとスマートバリューが使えるので当初24ヶ月は7GBのフラットのプランで2,393円/付きです。(安心云々のプランは含まれていません)。もちろん本体は一括です。スマホやタブレットで分割ってのはお手軽ですが、これ、立派に借金でして、不払いや延滞がひどくなるとブラックリストに登録されて、住宅ローンや車ローンの審査でひっかかることがありますので、要注意です。スマホやタブレットは絶対に一括です、一括で買えないなら買うべきじゃない、これが持論です。

ともあれ、Z4 tablet、これは活躍しそうです。

« 回転レストラン | トップページ | プーさんミネラルウォーター »

Androidタブレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY Xperia Z4 tablet (au SOT31):

« 回転レストラン | トップページ | プーさんミネラルウォーター »