マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おじさん金沢一人旅(2日目、前編) | トップページ | おじさん金沢一人旅(3日目、前編) »

2015年8月31日 (月)

おじさん金沢一人旅(2日目、後編)

おそばを堪能したので、さらに歩いて富山港展望台に行ってみます。観光客は誰もいません。

20150507062

20150507061

20150507021

富山港展望台(無料)に上ります。たかだか20メートルですが、階段なので結構大変。周りに高い建物が何もないので20メートルでも見晴らしがよいのですが、富山港には船の姿はありませんでした。

これ以上見るものもないので、展望台を後にして岩瀬浜電停へ向かいます。13時31分が出たところでしたので、次は13時46分ですね。周りは特に何もなくぼーっと待ちます。

13時46分、岩瀬浜から冨山駅北行きのポートラムが定刻に発車して、14時10分ポートラムの富山駅北に到着しました。次の富山行きは14時13分。さすがに無理でしたね、北口から1番ホームまでは結構な距離がありました。ここでもまた30分ほど電車待ちです。

14時48分、元・北陸本線、今はあいの風とやま鉄道で高岡へ向かいます。15時05分、高岡到着。改札をで出てしばし考えます。さて見てみたいのは高岡大仏と瑞龍寺。どうしようかと思いましたが、北陸新幹線で金沢まで戻りたいので、それを考えると、高岡大仏は反対方向、瑞龍寺は新高岡駅の途中です。というわけで瑞龍寺へ。

ちなみに高岡と新高岡の間は電車はなく「シャトル6」というバスがあり10分おきに運行され運賃は160円なので、高岡駅と新高岡駅間の移動はこれが一番早くて快適です。私は瑞龍寺に寄るのでバスには乗らずぶらぶらと歩きます。

時刻は15時半、瑞龍寺に到着です。拝観料は500円。とても美しくて広いのはびっくり。これは一度はみる価値があります。

20150507064

20150507065

20150507066

実に広くてきれいなお寺でした。ここから新高岡駅まで歩きましたが、結構距離がありますねぇ。16時22分新高岡駅にようやく到着。のどが乾いて仕方なかったので、売店でオランジーナを買って一気飲み!

20150507067

20150507068

モバイルSuicaで金沢までの特急券を買いまして、16時34分発のはくたか565号に乗車。あっというまに金沢到着。時刻は16時48分。沢山あるいてちょっとコーヒーでも、ということで、新しくはなっていますが、いつも使うRintoのジャーマンベーカリーでベーコンエピとアイスコーヒーで530円を払いしばし休憩です。

20150507071

金沢百番街の中でファッション・雑貨系のお店があつまったRintoの中にジャーマンベーカリーがあります。金沢ジャーマンベーカリーは山崎製パンの子会社で、Vie De Franceと同系列ということになります。店の雰囲気や品揃えもなんとなく似ているような気がします。このRintoの改札側入口に石川県観光PRキャラクターのひゃくまんさんの人形が飾ってあります。

20150507069

なんとも派手派手ですが、モチーフは「加賀八幡起上り」です。ひげは輪島塗、全身に金沢箔をまとい、加賀友禅の柄である菊やぼたんをあしらい、その色彩には赤・黄・緑・紺青・紫の九谷五彩で彩られています。石川県の伝統工芸技術の凝縮みたいなひゃくまんさんですが、まあ、でも派手!正面の姿はネットを初め随所で写真を見ることができますが、Rintoへ行くとひゃくまんさんの後ろ姿を見ることができます。

20150507070

私も後ろは初めてみましたが、石川県って書いてあるのですね。

さて、二日目の晩御飯です。いつもなら金沢フォーラスの6Fの回らないほうのもりもり寿しで、寿司と日本酒(福光屋の黒帯悠々)でゆったりと過ごすのですが、福光屋のお酒は昨日10本入りを買って送って少々出費が続いているので、今夜は金沢のラーメンチェーンの8番ラーメンにすることにします。いただいたのは、8番セット842円、野菜ラーメンの塩と餃子です。ここは手軽で駅員なども食べに来ます。

20150507025

20150507026

野菜ラーメンは本当に野菜たっぷりで結構好きだったりします。

お腹も膨れて8番ラーメンを出たのは18時47分。このあと金沢百番街の100MARTに行きましていつものとおりお買い物。

20150507027

20150507028

自宅用意に棒茶、あとはホテルで飲むために棒茶のペットボトル、夜食用に白とろろおにぎりと唐揚げ3個入り(20%オフ)です。

では、ホテルに戻りましょう。19時12分の金沢大学区行きで武蔵ヶ辻へ。ホテルについたら19時25分でした。荷物を整理して、デジカメやらスマホの充電をセットして、一階のバーへ。ここのフィリップ・ド・グルゴーニュのカシスソーダがおいしいのです。今日はGMのI氏がいらしたのでいろいろ話をできました。

朝食のお薦めは二日前までに予約が必要だが、「安心院(あじむ)」というところ。そんな話をしていると、宿泊している外国人が飲むところを探していたので、I氏が二件ほど教えておられた。そのうちの一件は、竹乃屋の先のほうにある「穆然(ぼくねん)」というところだそうです。近江町市場の地下にもジャズバーがありますが、実際にはイマイチだそうで、穆然が格段にいいらしいのです。さらにここはランチでカレーもやっているので、金沢カレーとか食べるなら、穆然でカレーを食べたほうが良いらしいです。ちょっと英語で困っておられたので、助け舟を出して話を続けました。

なんだかんだで二時間くらいバーにいたでしょうか。一杯500円のいカシスソーダを二杯いただき、部屋に戻りまして、シャワーを浴びておやすみなさい。

早いもので二日目終了でした。

« おじさん金沢一人旅(2日目、前編) | トップページ | おじさん金沢一人旅(3日目、前編) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさん金沢一人旅(2日目、後編):

« おじさん金沢一人旅(2日目、前編) | トップページ | おじさん金沢一人旅(3日目、前編) »