マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おじさん金沢一人旅(1日目、後編) | トップページ | おじさん金沢一人旅(2日目、後編) »

2015年8月30日 (日)

おじさん金沢一人旅(2日目、前編)

ホテル・パシフィック金沢のベッドで目覚めたのは6時25分。しばらくボーっとしていたのですが、頭がはっきりしてくるにつれて空腹を感じてきます。今日はどうしようか、一日のプランはおろか朝ごはんをどうするかも考えていません。とりあえず着替えて、ホテルを出ましょう。なんせレストラン設備がないのでホテルにいても何も食べられません。

そうねぇ、竹乃屋にしよう!

ここはホテルから歩いても数分もかかりませんが、近江町市場で働く人が朝食を食べに来る飯屋でもあるので朝は6時から営業しています。前回の金沢旅行のときに、ホテルのGMのI氏に教えて頂いたお店です。ワンコイン(500円)で朝定食がいただけますが、この朝定食というのが、昔懐かしいおばあちゃんの朝ごはん的なものです。プロの切った糸のように細いキャベツの千切りではなくて、おばあちゃんがざくざくときった粗い千切りキャベツとか、もう懐かしさでいっぱいになっちゃいます。

20150507014_2

なんとも普通の町の食堂って感じで、入っても普通に町の食堂です。教えてもらっていなければ、観光客としてはちょっと入りづらいかもしれません。

20150507013

写真は店頭にあるメニューですが、実際にまもっと沢山のメニューがあります。

20150507001

これがワンコイン朝定食です。多めのご飯、お漬物、お味噌汁、とろろ、冷奴、海苔、キャベツの千切り、目玉焼き、ポテトサラダ、以上。まさにおばあちゃんの朝ごはんじゃないですか。この時間、お店で調理されているのはおじいちゃんで、料理を出してくれるのはおばあちゃん。まさにおばあいちゃんちの朝ごはん。いいですね、好きですよ、こういうの。周りは市場で働く人ばかりなので、馴染みになるのは相当通わないといけないでしょうねぇ。

お腹がいっぱいになり、次はコーヒーが飲みたい!ってことで、ホテルに戻ってコーヒーを頂きます。300円ですが、クレバーコーヒードリッパーで淹れたコーヒーはとてもまろやかで香り高く美味しいです。コーヒーを頂きながら世間話などをしているうちに時間が過ぎていきます。

さて、今日はどうしましょうか。昨日、金沢駅で北陸新幹線を見てから、絶対乗りたくなったので、富山まで行ってみますか。横浜に展示されている日本丸の姉妹船の海王丸を見るつもりです。横浜へは仕事で頻繁に行きまして、気候がいい時には、お昼はお弁当を買って日本丸メモリアルパークで頂くのです、海を見ながら。これが美味しいのですね、同じコンビニ弁当でも景色と海風の味付けが加わります。日本丸はもう海にでることはありませんが、海王丸はまだ海に浮かんでいます。これを見ない手はない。

9時前にホテルを出て、武蔵ヶ辻交差点からバスで金沢駅に向かいます。金沢駅についたのいが9時5分頃。愛用のAQUOS Xx 304SHでモバイルSuica特急券を購入してホームに入ります。

20150507015

乗車するのは9時56分のつるぎ704号なのでちょっと早かったようです。

20150507016

20150507017

テッドにとっては初めての新幹線。定刻になりつるぎ704号は静かに発車します。富山と金沢のシャトル便で通勤時間は過ぎているので空いています。

20150507019

テッドも座席を専有できます。いや、広すぎるだろちょっと。

20150507024

20150507045

20150507046

20150507047

20150507048

20150507049

20150507050

20150507051

10時19分、つるぎ704号は富山駅に到着。

 

20150507052

なにせ初めての富山でさっぱり分からないので、まずは案内所を探します。そしてしばらくパンフレットなどを調べてみます。どうしようかしらと思って目についたのが、「富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ」です。これなら富山地方電鉄(路面電車)、ポートラムに乗り放題といことで820円で購入しました。

20150507053

上の写真は富山駅に停車している環状線(セントラム)の電車ですがかっこいいですねぇ。まずはちょっと市内に出てみます。10時43分の富山地方鉄道の大学前行きで丸の内へ。大学前行きは普通の路面電車車両です。

ここには富山城趾公園があるらしいので行ってみましたが、なんともなんにもない。

20150507054

いや、復元された城はあるのですが、まあ面白く無い。金沢城公園と比べちゃ可哀想ですけどね、でもやはりつまらないので一回りして大手モールの停留所まで歩きます。11時23分、大手モールからセントラムに乗ります。途中の中町で下車して、大手モールという明るい商店街をみる。綺麗な店が多いけど平日昼間ということもあって客が少ないです。地方の商店街ってどこもこんな感じでありますが、明るくて綺麗なアーケード街でした。

11時40分、中町の電停から富山駅への電車に乗り、11時49分富山駅に戻ってきました。駅前にMARIERといいう小さめのショッピングビルがあるのですが、ここで生理的要求に答えた後、今度はポートラムのりばに行きます。当初の目的地だった海王丸パークですが、すでに時計は12時前、海王丸パークへ行くにはここから「あいの風とやま鉄道」に乗って高岡まで行き、そこから万葉線電車で約40分、「海王丸駅」で下車、海王丸駅から徒歩5分と結構かかります。次の電車は12時半で海王丸駅到着は13時47分です。まだお昼も食べていないので、それを考慮すると12時55分にのって海王丸到着は14時17分、これはちょっと時間がかかりすぎますね。そんなわけで、海王丸パークは次の機械にしました。

代わりに思い立ったのが、「富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ」でポートラムに乗って岩瀬にいくこと。岩瀬?うーん、よくわかりませんが、行ってみましょう。

ポートラムは駅北に停留所がありますが、金沢駅と違って富山駅はまだまだ工事中でして、南北自由通路が地下にしかありおません。これで北側に出るのは延々地下を歩く必要があります。そして地上に出るとポートラムののりばがあります。岩瀬の後は高岡まで足を伸ばすことにしたので、ポートラムを待っている間にあいの風とやま鉄道の切符を高岡まで買います。

20150507055

写真は富山駅北という停留所で発車をまつポートラム。これも格好いい電車です。富山駅北からポートラムで岩瀬浜へ向かいます。所要時間は約20分でして、12時36分に東岩瀬到着です。駅から大町新川町通りをぷらぷらします。古い町並みですがとても綺麗です。新しいけど古い、古いけど新しい。

20150507063

20150507059

20150507060

20150507020

流石におかながすいてきました。駅でもらった地図をみていると丹生庵(にうあん)というお蕎麦屋さんがあります。食べログをみると総合評価3.6くらいだったので、これは行ってみる価値があります。

20150507057

丹生庵(にうあん)の店構え。風格があり歴史を感じます。

20150507058

時計を見ると12時47分。頂いたのはもりそばの平打ち十割十割860円(下の写真)。とても美味でした。

20150507056

コシが強くて十割らしいそばの風味がとてもいいかんじです。

(続く)

« おじさん金沢一人旅(1日目、後編) | トップページ | おじさん金沢一人旅(2日目、後編) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさん金沢一人旅(2日目、前編):

« おじさん金沢一人旅(1日目、後編) | トップページ | おじさん金沢一人旅(2日目、後編) »