マロン

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ひよ子 | トップページ | おじさん金沢一人旅(1日目、後編) »

2015年8月28日 (金)

おじさん金沢一人旅(1日目、前編)

旅行記を書こうと思いつつサボっているうちに三ヶ月がたってしまいましたが、今回は今年(2015年)5月6日〜8日の恒例「おじさん金沢一人旅」のお話です。
最初の金沢訪問が出張の1回を加えると今回で11回目になります。
  1. 2008/9
  2. 2009/9
  3. 2011/9
  4. 2012/9
  5. 2012/11<仕事>
  6. 2012/11
  7. 2013/5
  8. 2013/11
  9. 2014/5
  10. 2014/11
  11. 2015/5
2012年までは夏の金沢を楽しんでいましたが、金沢の9月はまだまだ結構暑くて、東京に負けず劣らず蒸し暑いですし、歩きまわるのが好きなので、暑い盛りはさすがにきついので、2012年からは気候の良い紅葉の秋と新緑の春にすることにしました。
9月の金沢は日を選べば金沢ジャズストリートとかあって楽しいですけど、キンキンに暑い屋外でジャズを聞くのも限界ってものです。一方11月になると、紅葉の時期に兼六園のライトアップがあります。これを初めて見た時はその幻想的な景色に息を呑みました。それ以来、秋の金沢に取り憑かれてしまいました。
さて、今年は5月6日から8日の二泊三日で、北陸新幹線ではなくJALの特典航空券利用です。
いつもの通り、朝5時半の電車にのり羽田空港第1ビルへ。所要時間は自宅最寄り駅から空港までおよそ1時間20分ほどです。羽田についたのは6時50分頃で、フライトは7時55分のJL183便で、予定では8時55分に小松空港到着となります。これに乗るために朝4時半に起きて、前日に用意しておいたシュガーロールとカレーパンで軽く朝食を済ませて予定通り5時半の電車に乗りました。さすがに連休中の早朝ですから、電車はガラガラです。通勤のときもこれくらいガラガラだといいのですが。
今更羽田空港の中を見るものもないですから、自動チェックイン機へ一目散。タッチ&ゴーが使えるのでチェックイン不要ですが、目的はクラスJへのアップグレードです。以前までは小松線は空席率が低いのですが、北陸新幹線に競合負けしているようで、今回は無事クラスJアップグレードをゲットできました。ゲットできれば話は簡単、そのまま保安検査を通過です。保安検査場Fはやや混んでいましたが何事も無く通過。
それでも出発までは50分ほど、ゲートへ15分前に行くにせよ30分以上はありますので、これまたいつものとおりカード会社のゴールドカードなら無料で使えるゲートラウンジへ。
羽田空港は数少ない手荷物検査後に使えるカード会社ラウンジがある空港です。調べた所、関西国際空港、神戸空港、大分空港にも手荷物検査後に使えるカードラウンジがあるようです。とにかく、ここは便利。早朝だとパンも頂けます。

20150506007_2

もちろん無料です。私はいつものとおりクロワッサンとデニッシュとトマトジュースです。ここでiPhoneとAQUOS Phoneを充電して休憩したのちゲートへ。機内サービスでは、人気のコンソメスープを頂きました。以前からあったのだとは思いますが気づきませんでした。

20150506008

JL183便は定刻に出発してほぼ定刻に小松空港に到着。まっすぐバスのりばに行って市内へ向かう特急バスへ。多くの客は券売機でバス券を買いますが、この特急バスも北鉄バスの運営なので北鉄バスのICカードICa(アイカ)が使えます。金沢リピーターである私はICaを持っていますので、そのままタッチして乗車。40分かからずに金沢駅に到着しました。今回の宿は、前回に続いて武蔵ヶ辻近くのホテル・パシフィック金沢です。なので、武蔵ヶ辻へ向かうバスに乗ったのは9時38分。
さて、まずはホテルパシフィック金沢へ行って、荷物を預けます。小さなホテルで調理スペースもないので食事はないのですが、フロント兼カフェ兼バーになっている小さなスペースがありまして、ここがこのホテルの顔でありコミュニケーションスペースです。前回、夜にこちらの「バー」でカシスソーダとか頂きながらGMのI氏といろいろなお話をさせていただいたのです。大きなホテルではありえないようなコミュニケーションを取ることができるのが、このホテルパシフィック金沢の最大のウリでしょう。
今朝、フロントを守っていたのはお髭と帽子がよくお似合いのGMのI氏で、まだ二度目ですけどちゃんと私のことを覚えてくださいました。こういうのはとても嬉しくてリピーターになる条件の一つですね。そんなわけで宿帳に住所と名前を書いて荷物を預けます。部屋の準備ができたら荷物は入れておいてくれるとのこと。
このホテルは、武蔵ヶ辻交差点の近くにあり、近江町市場、兼六園、浅野川大橋(主計町茶屋街やひがし茶屋街)にも徒歩圏内です。兼六園の入口でもっともポピュラーなのは、金沢城の石川門に近い桂坂口ですが、近江町市場からは裏の方に出ると黒門口から石川城公園の新丸広場から河北門に抜けると石川門に出ることができます。あまり知られていないルートですが、天気がよければ散策を兼ねて広々した新丸広場の緑を味わいながら兼六園を目指すのは心地よいものです。

20150506011

この先が金沢城公園の黒門口で、近江町市場から兼六園に抜けるショートカットでもあります。

20150506012

この広々とした新丸広場、なんだか気持ちがスッキリします。

20150506017

ひろびろとしたこの風景が大好きです。

20150506018

三の丸広場から橋爪門を望む。

20150506019

鶴の丸休憩所付近から橋爪門続櫓を望む。

(1日目、前編終了)

« ひよ子 | トップページ | おじさん金沢一人旅(1日目、後編) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おじさん金沢一人旅(1日目、前編):

« ひよ子 | トップページ | おじさん金沢一人旅(1日目、後編) »